配信元:@Press

日本プロレス殿堂会は、2021年9月14日、15日の2DAYSにおいて日本プロレス史70周年記念大会『LEGACY』を日本プロレス殿堂会の主催にて行うことをお知らせします。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/263758/LL_img_263758_1.jpg
新日本プロレス/獣神サンダー・ライガー

2020年に立ち上げた、日本プロレスの歴史、選手を後世に残していくための中立後援組織『日本プロレス殿堂会(NPH=Nippon Puroresu Hall of Fame)』は2021年6月17日に都内・ジャイアント馬場バルにて記者会見を行いました。
緊急事態宣言下での会見となりましたので、安全面を考慮いたしまして規模を縮小し少人数での会見とさせていただきました。
実行委員会を代表しまして、緒方公俊氏、LEONA氏、嶋田紋奈の3名で執り行いました。
今後改めて、賛同メンバーである藤波辰爾、長州力、天龍源一郎や各参加団体の皆様とも会見を行う予定ではございますが、今回はこの様な形で実施しました。
6月17日の会見の模様は日本プロレス殿堂会公式YouTubeにて【2021年6月18日正午】より公開されます。

2021年度は日本プロレス界70周年記念の年という事で、日本プロレス殿堂会として意義を発揮する為にも、昨今の情勢についてもプロレス業界として一丸となって大会を開催することでプロレスファンの皆様に希望を与える事が出来ればと思い、開催に至りました。
一般的には、9月30日に両国のメモリアルホールで日本初のプロレス興行が行われ、10月28日に力道山先生がデビューした1951年を日本のプロレスの起点としているので70周年ということになります。


【参加団体】
・新日本プロレス
・全日本プロレス
・みちのくプロレス
・大日本プロレス
・DDTプロレスリング
・DRAGON GATE
・プロレスリング・ノア
・プロレスリングZERO1
・2AW

現時点では以上9団体のご参加が決定。
この他にも、各団体、フリー、レジェンド、地方団体など広くお声がけをし、今までにない盛大なお祭りをプロレス史70周年の節目に行えればと調整しております。


【各参加団体代表者よりコメント】
・新日本プロレス 獣神サンダー・ライガーさんよりコメント
日本プロレス史70周年という記念大会に、新日本プロレスが参戦させて頂けることになり、大変光栄です!
自分自身もこの大会を誰よりも楽しみにしております!
こちらのイベントが大きな反響となり、プロレス界がさらに発展していくことを願っております!

・全日本プロレス 諏訪魔選手よりコメント
全日本プロレスの諏訪魔です。
本日は9/14.15と開催される日本プロレス史70周年記念大会開催、誠におめでとうございます。
日本プロレス史が70周年という節目を迎えることにとても感動しております。
我が全日本プロレスも来年創立50周年という節目の時となりますが日本プロレス史は更に20年も前、日本のプロレス文化をスタートさせていることに大変興味があります。
一体どんなことが起きてたのか?どのようなスタイルで闘われてたのか?考えたら夜も眠れません。
その答えが9/14.15にあるかもしれない。
日本プロレス史を考える有意義な時間を楽しみにしてます。

・みちのくプロレス 新崎人生選手よりコメント
日本プロレス史70周年記念大会開催おめでとうございます。
今や新日本プロレス、全日本プロレスに次ぐ古い団体となったみちのくプロレスですが、現在は第6世代と呼ばれる選手達が活躍の場を広げています。
東北で行われているみちのくプロレスの激闘そのままを是非ご覧になってください。

・大日本プロレス 神谷英慶選手よりコメント
日本プロレス史70周年大会に大日本プロレスが参戦させていただけますことを光栄に存じます。
大日本プロレスから代表して出場する選手はどの選手であっても皆様に恥ずかしくない試合をするかと思いますが、もし私が代表となったのならば思いっきり全力を出さないと選んでいただいた方々にも応援していただいてる方々にもプロレスにも失礼なので、失礼のないように思いっきり全力を尽くします。
大日本プロレス一同、皆様のご期待に応えられますよう、尽力いたしますので応援の程宜しくお願い致します。

・DDTプロレスリング 高木三四郎選手よりコメント
この度日本プロレス史70周年記念大会に参加させていただくことになり、非常に光栄に思います。
保守本流ではないところから始まったDDTプロレスリングが、このような日本プロレス界の大きな節目の大会に参加させていただくことに感慨深さを感じます。
コロナ禍で沈みがちな日本を明るく元気にする起爆剤のような興行になるよう、祈念しております!

・DRAGON GATE YAMATO選手からのコメント
このたびの日本プロレス史70周年大会にDRAGON GATEが参戦させていただけますことを心より光栄に存じます。
多くのプロレスファンの皆様に注目される今大会で、出場する選手はDRAGON GATEのプロレスをアピール出来るよう全力を尽くしてくれると思います。
ぜひご期待をいただきますよう、宜しくお願い申し上げます。

・プロレスリング・ノア 丸藤正道選手よりコメント
「日本プロレスの父」力道山先生が「プロレス」を日本に根付かせてから70年、自分がプロレスに関わったのはその長い歴史のほんの一部でしかありませんが、
直接指導を受けたジャイアント馬場さん、そして少しの間でしたがジャンボ鶴田さん、プロレスリング・ノアを旗揚げした三沢光晴さんなど、多くの偉大な先輩達から受け継いできたものを次の世代へ引き継ぎ、日本のプロレスをさらに盛り上げていきたいと思っています。
だからこそ「日本プロレス史70周年記念大会」には、プロレスリング・ノアとしても、自分自身としても是非協力したいと思います。
プロレスファンの皆さんプロレスリング・ノアファンの皆さんもぜひご期待ください。

・プロレスリングZERO1 大谷晋二郎選手よりコメント
先日も天龍さんとご一緒させて頂き、自分自身、まだまだ勉強が足りないと感じました!
プロレスは、いつの時代も、未来ある子供達の『夢』『憧れ』でいなければならない!
その為には、命を削ってでも、我々プロレスラーが、『何度でも立ち上がる姿』を見せ続けることだと、思います!
参加させていただける事を幸せに思いながら、おもいっきり、プロレスします!

・2AW リッキー・フジ選手よりコメント
日本プロレス史70周年記念!おめでとうございます!
力道山先生が日本に根付かせたプロレスを絶やす事なく!
プロレスをもっと世間に広める努力を惜しまずリングに上がらせて頂きます!

※今回のコメントは出場決定という形ではなく、あくまでも団体が参加する趣旨で頂戴しているものです。
参戦選手に関しましては、随時発表して参ります。


大会の趣旨といたしましては、各団体より提供マッチとして2日間に分けて行います。
その他、混合のマッチメイクなども検討しております。
両日ともに日本プロレス殿堂会の当初の目標でありました日本プロレス界での殿堂入りのセレモニーを行う予定でおります。

対戦カードや参加団体、参加選手、引退された参加者など、随時日本プロレス殿堂会サポーターズクラブや各種SNS、日本プロレス殿堂会公式YouTubeでもお知らせをして参りますのでご期待ください。

6月17日の会見の模様も日本プロレス殿堂会公式YouTubeにて【2021年6月18日正午】より公開されます。


【大会概要】
日本プロレス殿堂会主催
日本プロレス史70周年記念大会『LEGACY』(レガシー)
開催日時:2021年9月14日(火)、15日(水)
会場 :東京・後楽園ホール
開場時間:18:00
開始時間:19:00
※状況によって変更となる場合もございますのでご了承ください。


【チケット料金】
スペシャルシート(特典+大会パンフレット付き)…30,000円
特別リングサイド(特典+大会パンフレット付き)…15,000円
リングサイド(大会パンフレット付き) …10,000円
指定席A …6,000円
指定席B …5,000円


【発売日情報】
・日本プロレス殿堂会サポーターズクラブ有料会員様先行
6月19日(土)12:00~6月22日(火)23:59まで
(有料会員=ロイヤル、ゴールド、サポーター、法人)

・一般先行発売
日本プロレス殿堂会サポーターズクラブ内webショップにて6月25日12:00~

・各種プレイガイド一般発売
7月1日10:00~


【日本プロレス殿堂会各種公式SNS】
・日本プロレス殿堂会公式YouTubeチャンネル
URL : https://www.youtube.com/channel/UCGD52WcVTQg2HZG3m4zQWYQ
アカウント名: 日本プロレス殿堂会

・日本プロレス殿堂会公式Facebookファンページ
URL : https://www.facebook.com/nphsc2020/
アカウント名: 日本プロレス殿堂会

・日本プロレス殿堂会公式Twitter
URL : https://twitter.com/nph_2020
アカウント名: @nph_2020


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

徳島新聞WEBの「ニュースリリース(メディア向け発表資料)」は、リリース配信会社が発行する企業や団体が提供する情報を受け、加工せずに掲載しています。このサイトに掲載しているニュースリリースに掲載されている製品、サービスの品質・内容については、徳島新聞社は保証致しません。また掲載されている文言、写真、図表などの著作権はそれぞれの発表者に帰属します。リリースに掲載されている製品に関するお問い合わせは、各企業・団体にご連絡ください。 徳島新聞WEB上のデータの著作権は徳島新聞社に属し、私的に利用する以外の利用は認められません。