配信元:@Press

グループ累計100,000杯を超えるイカの提供実績を持つ、イカに精通している株式会社ツマミナ(本社 福岡市博多区、代表取締役 藤吉 玲)が運営する“博多魚蔵 都ホテル”は、6月19日(土)から7月20日(火)までMakuakeにて『玄界灘産のイカ姿造り』の先行販売を実施いたします。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/262240/LL_img_262240_1.jpg
活き造りに劣らない透明度

■Makuake先行販売サイトはこちら
https://www.makuake.com/project/ikanosugatadukuri/

画像2: https://www.atpress.ne.jp/releases/262240/LL_img_262240_2.jpg
解凍すると透明度が徐々に戻る

鮮度にこだわり抜くことに注力したイカは、生きたまま提供する“活き造り”に匹敵する鮮度を保ち全国へお送りすることが可能となりました。この度のMakuake先行販売にてイカ好きの当社がイカ好きの皆様へひと足先に喜びをお届けいたします。


■Makuake先行販売“玄界灘産イカ姿造り”の6つの特徴
1. 福岡初※!生きたままのイカ×最先端の凍結技術で鮮度を保持(※自社調べ)
-55℃まで一気に下げる急速冷凍プロトン凍結機を使用することで、品質低下につながるドリップを最小限まで抑えることで高鮮度を実現しております。

2. イカを知り尽くす博多の料理人が1杯1杯を手作業で捌く
年間に数千杯のイカを手掛ける料理人が、1杯1杯の状態に合わせ捌いております。

3. 世界から注目される魚貝の宝庫、玄界灘のイカのみを使用
日本でも有数の漁獲量を誇る玄界灘。微生物や日本海側へ進む黒潮の豊富な栄養を含む対馬海流は、九州西方の五島灘を通過して玄界灘へ流れ込み、九州北部の大陸棚で大量の日光と酸素を取り込んでエサとなるプランクトンを爆発的に発生させます。

4. 解凍時間は水を使ってわずか15分。包丁要らずで高鮮度のイカ刺身が食べられる
解凍方法はとても簡単です。冷凍の状態で袋のままボウルに入れ約15分間流水にて解凍したのち、袋から開けお皿に盛り付けたら完成です。

5. 自家用はもちろん、贈り物やお祝いにも最適
賞味期限は冷凍で約6ヶ月と長く、日常のちょっとしたご褒美や大切な方への贈り物、お中元やお歳暮など幅広いシーンでお喜びいただけます。

6. お刺身を食べた後のアレンジ調理レシピ付き
上身のお刺身を食べた後に残るイカの姿はバター焼きやイカゲソと大根の炒め煮などアレンジ調理で余すことなくお召し上がりいただけます。調理レシピも同梱しております。


■リターンの一部内容をご紹介
リターンの種類も豊富にご用意しており、イカ1杯から博多名物の明太子やごま鯖、玄界灘産の鯛茶漬けなどのセットもお得な設定にてご用意しております。

・玄界灘産イカ姿造り×1杯
・玄界灘産イカ姿造り×1杯 + 博多魚蔵の明太子×1P
・玄界灘産イカ姿造り×1杯 + 博多ごま鯖×2食

画像3: https://www.atpress.ne.jp/releases/262240/LL_img_262240_12.jpg
明太子セット
画像4: https://www.atpress.ne.jp/releases/262240/LL_img_262240_13.jpg
ごま鯖セット

■Makuake先行販売サイトQR

画像5: https://www.atpress.ne.jp/releases/262240/LL_img_262240_14.png
Makuake先行販売サイトURL

■店舗詳細
2019年、現・都ホテル博多の2階に移転OPEN。イカの活き造りと対馬産ののどぐろを中心に九州各地の良質な食材のみを厳選し、博多の料理人が調理・ご提供。カウンター8席・テーブル50席・半個室47席。全国から観光や出張で博多にお越しの方をはじめ、会食や接待などのビジネスシーン、冠婚葬祭等まで幅広いシーンでご利用いただけます。

公式ホームページはこちら▼
https://uokura-hakata.com/


■会社概要
商号 : 株式会社ツマミナ
創業 : 2000年
代表者 : 藤吉 玲
所在地 : 〒812-0013
福岡県福岡市博多区博多駅東2-2-11 ビジネスワン筑紫口ビル301号室
事業内容: 飲食業
URL : http://recruit.tumamina.com


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

徳島新聞WEBの「ニュースリリース(メディア向け発表資料)」は、リリース配信会社が発行する企業や団体が提供する情報を受け、加工せずに掲載しています。このサイトに掲載しているニュースリリースに掲載されている製品、サービスの品質・内容については、徳島新聞社は保証致しません。また掲載されている文言、写真、図表などの著作権はそれぞれの発表者に帰属します。リリースに掲載されている製品に関するお問い合わせは、各企業・団体にご連絡ください。 徳島新聞WEB上のデータの著作権は徳島新聞社に属し、私的に利用する以外の利用は認められません。