配信元:共同通信PRワイヤー

 
【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202106226593-O1-RE4H5SYL

AsiaNet 89830

【杭州(中国)2021年6月1日PR Newswire】ビデオをコアコンピテンシーとするIoTソリューションプロバイダーのHikvision(ハイクビジョン)は1日、世界市場に向けてウェブカメラの新製品を販売すると発表した。製品ファミリーは現在、4つのシリーズ(Ultra、Pro、Live、Value)で構成されており、さまざまなシナリオやユーザーに向け設計され、多様な機能を備えている。

業界アナリスト企業によると、世界のライブストリーミング市場(https://www.marketresearchfuture.com/reports/live-streaming-market-10134 )は、今後数年間で大幅な成長を続けると予想されている。リポートによると、市場成長の主な原動力となっているのは、市民や各業界の企業におけるビデオストリーミングの増加である。また、コンテンツクリエーターは素材や活動を多様化し、新しい方法で視聴者とつながっている。さらに、新型コロナウイルスにより、在宅時間が増え、ライブストリーミング業界にも影響を与えた。

没入型のビデオ会議とストリーミング体験を提供するには、高解像度の画像と優れた音質を提供するウェブカメラが必要になる。Hikvisionは、このニーズに応じて新しいウェブカメラ製品を設計・開発した。

さまざまなアプリケーションとシナリオに対応するウェブカメラ

*リモート会議用のウェブカメラ Hikvision UltraとPro シリーズ

Hikvision Ultraシリーズのウェブカメラは、リモート会議用に設計されている。このシリーズの特徴は、5倍の光学ズーム機能を実装するPTZコントロール機能である。ユーザーは目に負担をかけることなく、会議のプレゼンテーションやディスカッションすることができる。さらに、PTZコントロールにより、ユーザーは330度にパンできるため、何も見逃すことなく簡単に視野角を調整できる。

Hikvisionの新しいウェブカメラ製品には、リモート会議専用製品も含まれている。これらの製品はビジネスのプロフェッショナルにとって理想的で、洗練されたデザインとエレガントな陽極酸化仕上げで、更に、オートフォーカス機能とデュアルマイクを実装し、プレゼンテーション、会議、グループディスカッション中のオーディオとビデオを常にいい視聴体験をご提供できる。

*生配信用のウェブカメラ Hikvision Liveシリーズ

キューブ型のHikvision Liveシリーズのウェブカメラは、ライブストリーミング、eコマース、ゲームアプリケーション向けに設計されている。たとえば、生配信で製品を紹介する場合、ケースの4面すべてマグネットを取り付けられているため、ウェブカメラの画面は水平方向と垂直方向の両方に変更できる。

これらのウェブカメラは、人や物の画像を常に鮮明でクリアな状態を保つため、Sharp Auto Focus機能も提供する。更に、補助LEDライト付き、ユーザーは周囲の環境に応じて明るさを調整できる。

*オンライン教育用ウェブカメラ Hikvision Valueシリーズ

Valueシリーズは、エントリーレベルのウェブカメラ製品である。コンパクトなデザインで、教師と生徒をつなぐオンライン教育アプリケーションに最適である。

このシリーズには、ノイズを減らし、音質を向上させるため、高度なアルゴリズムを組み込まれたマイクを内蔵されている。また、カメラの広角レンズにより、最大範囲で歪みのない画面を提供できて、特に授業では、教師と黒板または壁取り付けスクリーンの双方を、1つの画面にはっきりと表示させることができる。

*簡単で柔軟な設置

Hikvisionすべてのウェブカメラはプラグアンドプレイで、標準のUSBインターフェースを経由で、ユーザーは数秒で会議または生配信を開始できる。

すべてのウェブカメラは、ユーザーのデバイス、テーブル、ノート型パソコン、モニター、三脚にも柔軟に取り付けることができる。

更に、ウェブカメラにはHIKINと呼ばれる専用のPCソフトウエアが装備され、ユーザーはソフトウエアを使用してビデオプレビューを表示するや、画像と音声のパラメーターを構成しすることもできる。特に、これらのウェブカメラは、ビデオパラメータの設置はシンプルで、主要な会議プラットフォームで使用できる。

詳しい情報は、Hikvisionにお問い合わせください。

すべてのHikvisionウェブカメラには標準で2年保証が付いており、エンドユーザーに信頼と安心を提供する。

Hikvisionウェブカメラの詳細ついては、製品ページ(https://www.hikvision.com/en/products/Turbo-HD-Products/Turbo-HD-Cameras/webcam-series/?category=Turbo+HD+Products&subCategory=Turbo+HD+Cameras&series=WebCam+Series&checkedSubSeries=4K+WebCam+Series%3B2+MP+WebCam+Series )にご覧ください。

▽Hikvisionについて
HikvisionはビデオをコアコンピテンシーとするIoTソリューションプロバイダーである。幅広くかつ高度なスキルを持った研究開発陣を擁するHikvisionは、広範なバーティカル市場に向け、製品およびソリューションを提供できる。セキュリティー業界に加え、スマートホームテクノロジー、産業オートメーション、自動車エレクトロニクス業界にも参入し、長期ビジョンの実現を力に入れている。Hikvision製品は、エンドユーザーに強力なビジネスインテリジェンスも提供し、より効率的なオペレーションとより大きな商業的成功を可能にする。Hikvisionは究極の品質と安全性にコミットし、パートナーにHikvision Cybersecurity Centreを含むサイバーセキュリティーリソースを利用することを推奨する。詳細はwww.hikvision.com を参照してください。

ソース:Hikvision

添付画像リンク:
Link: http://asianetnews.net/view-attachment?attach-id=392677
(写真説明:Hikvisionウェブカメラ)

(日本語リリース:クライアント提供)

徳島新聞WEBの「ニュースリリース(メディア向け発表資料)」は、リリース配信会社が発行する企業や団体が提供する情報を受け、加工せずに掲載しています。このサイトに掲載しているニュースリリースに掲載されている製品、サービスの品質・内容については、徳島新聞社は保証致しません。また掲載されている文言、写真、図表などの著作権はそれぞれの発表者に帰属します。リリースに掲載されている製品に関するお問い合わせは、各企業・団体にご連絡ください。 徳島新聞WEB上のデータの著作権は徳島新聞社に属し、私的に利用する以外の利用は認められません。