配信元:@Press

株式会社文藝春秋コミック編集部は文春時代コミックス『幕末』(原作・司馬遼太郎、作画・森秀樹)を刊行します。全国書店にて6月24日(木)より発売を開始します。電子版も同時配信し、マンガアプリでも配信を開始します。


画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/263148/img_263148_1.jpg


歴史はときに、血を欲する──幕末動乱期を活写した司馬遼太郎のロングセラー歴史小説を、時代劇画の第一人者である森秀樹がコミカライズしました。司馬作品としては、初の漫画化となります。原作の連作短編集中、「桜田門外の変」と「花屋町の襲撃」の2編を収録しました。
画像2: https://www.atpress.ne.jp/releases/263148/img_263148_2.jpg


「桜田門外の変」は、尊皇攘夷派の薩摩藩士・有村治左衛門が水戸藩の脱藩志士17名と共に、大老・井伊直弼を襲撃するまでを描いた作品。安政の大獄で父と兄が獄死した松子と治左衛門との、淡い恋も綴られます。この暗殺事件から、幕末狂瀾の時代が始まります。
画像3: https://www.atpress.ne.jp/releases/263148/img_263148_3.jpg


「花屋町の襲撃」は、海援隊の陸奥陽之助(宗光)が、暗殺された坂本竜馬の仇を討つまでの物語。同士として頼ったのは京女のお桂と、剣客「後家鞘の彦六」。竜馬との奇妙な恩義で結ばれた3人の復讐劇の直後、王政復古の大号令が下り、幕末は終わりを告げます──。
画像4: https://www.atpress.ne.jp/releases/263148/img_263148_4.jpg


「国のため、民のため、斬る!」──本作は週刊文春において2017年5月から10カ月にわたって連載され、動乱の時代を彩った志士たちの群像描写と緊迫感溢れる殺陣シーンが大きな反響を呼びました。
画像5: https://www.atpress.ne.jp/releases/263148/img_263148_5.jpg


なお、司馬遼太郎・森秀樹コンビによる「文春時代コミックス」シリーズとして、2021年6月刊の今作を皮切りに、7月に『新選組血風録 一』、8月に『新選組血風録 二』、9月に『新選組血風録 三』を連続刊行する予定です。ご期待ください。
画像6: https://www.atpress.ne.jp/releases/263148/img_263148_6.jpg


■書誌情報■
書名:幕末
販売価格:900円(税別)
体裁:B6判 並製カバー装
詳細URL:https://books.bunshun.jp/ud/book/num/9784160901032

■関連情報
◎プロモーション動画公開中
https://www.youtube.com/watch?v=yjvuO79gYBQ
◎「無料試し読み版」配信中
https://www.amazon.co.jp/dp/B095KDZK1F
◎『epub viewer for twitter』で試し読み版を公開中
https://epub-tw.com/51534/
◎文春オンラインで短期集中連載
https://bunshun.jp/category/bakumatsu
◎コミック総合サイト「pixivコミック」で連載中
https://comic.pixiv.net/works/7506
◎マンガアプリ「LINEマンガ」で6/24より配信開始
https://manga.line.me/
◎マンガアプリ「ピッコマ」で6/24より配信開始
https://piccoma.com/web/

■著者プロフィール■

司馬遼太郎(しば・りょうたろう)
1923年大阪府生まれ。産経新聞在職中の60年に『梟の城』で直木賞を受賞。66年の『竜馬がゆく』『国盗り物語』による菊池寛賞はじめ、多くの賞を受賞。主な著書に『坂の上の雲』『翔ぶが如く』『花神』『関ヶ原』『功名が辻』『峠』『菜の花の沖』など多数。幕末時代を扱った作品としては、『燃えよ剣』『新選組血風録』『最後の将軍』『十一番目の志士』などがある。96年、逝去。

森秀樹(もり・ひでき)
1961年鳥取県生まれ。82年、「増刊少年サンデー」に掲載の「チェイサー」でデビュー。95年、『墨攻』(原作・酒見賢一)で小学館漫画賞を受賞。主な著書に『ムカデ戦旗』、『新・子連れ狼』(原作・小池一夫)、『戦国自衛隊』(原作・半村良)など。




詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

徳島新聞WEBの「ニュースリリース(メディア向け発表資料)」は、リリース配信会社が発行する企業や団体が提供する情報を受け、加工せずに掲載しています。このサイトに掲載しているニュースリリースに掲載されている製品、サービスの品質・内容については、徳島新聞社は保証致しません。また掲載されている文言、写真、図表などの著作権はそれぞれの発表者に帰属します。リリースに掲載されている製品に関するお問い合わせは、各企業・団体にご連絡ください。 徳島新聞WEB上のデータの著作権は徳島新聞社に属し、私的に利用する以外の利用は認められません。