配信元:@Press

2021年6月16日、シャーン(リヒテンシュタイン) - ヒルティグループは、国際的な機関であるEcoVadisによって与えられたサステナビリティ評価を、1年以内にシルバーからゴールドステータスに改善しました。これにより、ヒルティグループはEcoVadisが評価した全企業の中で上位5%に入りました。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/264308/LL_img_264308_1.png
EcoVadis Gold 2021

国際的なサステナビリティ評価機関であるEcoVadisは、ヒルティグループに2021年のゴールド評価を与えました。これにより、ヒルティグループの評価は前年のシルバーから1段階上がりました。このゴールド評価により、ヒルティグループは、EcoVadisが全世界で評価した全75,000社のうち、上位5%に入りました。

CEOのクリストフ・ローズは「企業としてより持続可能になるための集中的な取り組みがすでに実を結び始めていることを嬉しく思います。このゴールドの評価は、私たちが真剣に取り組んでいることである、と再確認しています」とコメントしています。また、「私たちは引き続き改善する意欲があるので、この結果に甘んじることなく持続可能性に関しては、業界のリーダーになりたいと考えています。」とも述べています。

EcoVadisは、「環境」「労働と人権」「倫理」「持続可能な調達」という4つの主要なトピック分野において、合計21の基準に基づいて企業を評価します。ヒルティグループの2021年度の評価では、持続可能な調達の分野での進展と、サプライヤーの選定における持続可能性の要素の役割が評価されました。また、労働と人権の分野で取られた体系的で全体的なアプローチと、その結果としての透明性の向上も評価されました。

2021年春、ヒルティグループは、拡張されたサステナビリティ戦略を発表し、最初のサステナビリティレポートを発行しました。この戦略は、サステナビリティの全体的な理解に基づいており、環境、人、社会の3つの行動分野をカバーしています。この戦略には、新しい目標に加えて、2023年の早い時期に自社のバリューチェーンでCO2ニュートラルを達成するなど、既存の目標を強化することも含まれています。


■ヒルティグループについて
ヒルティグループは、世界中の建設・エネルギー業界に、技術的に優れた製品、システム、ソフトウェア、サービスを提供しています。120カ国以上に約30,000人のチームメンバーを擁し、顧客との直接的な関係、品質、革新をモットーとしています。ヒルティは、2020年に53億スイスフランの年間売上高を達成しました。ヒルティグループの本社は、1941年の創業以来、リヒテンシュタインのシャーンに置かれています。同社は、マーティン・ヒルティ・ファミリー・トラストによって私的に所有されており、長期的な継続性が確保されています。ヒルティグループの戦略的方向性は、思いやりとパフォーマンス志向文化と、喜びあふれる顧客の創造に情熱をそそぎ、より良い未来を築くという目標に基づいています。


■日本ヒルティ株式会社について
日本ヒルティ株式会社は、建築・土木・電気・設備業のプロフェッショナル・ユーザーのみなさまに、墨出しから穴あけ、貫通、鋲やアンカーによる留付け、充填、施工品質の確認まで、作業工程全てに対応する建設用電動工具やアンカー製品、そして工法相談や施工品質の確認、現場単位でのアンカー講習会などのサービスを提供しています。
1968年に設立以来、革新的製品とサービスの提供を通じて、現場での一連の工程に一社で対応できる会社としてソリューションを提供し続け、現場の安心・安全と生産性向上に貢献してきました。
また、日本ヒルティは3回連続(2018年、2020年、2021年)働きがいのある会社(Great Place to Work)に選ばれています。


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

徳島新聞WEBの「ニュースリリース(メディア向け発表資料)」は、リリース配信会社が発行する企業や団体が提供する情報を受け、加工せずに掲載しています。このサイトに掲載しているニュースリリースに掲載されている製品、サービスの品質・内容については、徳島新聞社は保証致しません。また掲載されている文言、写真、図表などの著作権はそれぞれの発表者に帰属します。リリースに掲載されている製品に関するお問い合わせは、各企業・団体にご連絡ください。 徳島新聞WEB上のデータの著作権は徳島新聞社に属し、私的に利用する以外の利用は認められません。