配信元:共同通信PRワイヤー

 
【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202106236674-O1-XQ4Ik0ke

AsiaNet 90235 (1421)

【ポートビラ(バヌアツ)2021年6月22日PR Newswire=共同通信JBN】Doo Prime は、Doo Prime Vanuatu Limited がVanuatu Financial Services Commission(VFSC、バヌアツ金融サービス委員会)から首尾よくフィナンシャルディーラーのライセンスが更新され、国際的な関係拡大を続けて世界の金融市場を獲得していくと発表した。

Doo Prime がフィナンシャルディーラーのライセンス更新を達成したことは、同社がより厳しい業界実務基準の順守に専念し、また一方で同社の顧客に安全で質の高いサービスを提供するために厳しい規制要件を忠実に守ってきたことを立証している。

VFSCは今年、より厳格な金融および投資環境を創出するために、金融サービスに関するすべてのライセンスの認可および更新の際のより厳しい取り組みを導入した。

その要件によると、各企業は現地オフィスを設置し、地元のディレクター、コンプライアンス責任者、マネーロンダリング対策責任者を採用し、監査実施のための第三者監査会社を指名しなければならない。

VFSCからライセンスを得ている金融サービスプロバイダー数は、適格審査の結果に残ったのは400超のプロバイダーからわずか124プロバイダーへと減少し、Doo Prime Vanuatu Limitedがそのうちの1社であることを、誇りを持って宣言する。

VFSCの金融ライセンスは、外為取引、商品取引、証券取引など、さまざまな金融取引を支えている。

規制機関による支援により、Doo Primeは引き続き、顧客にさまざまなトップクラスの金融商品を提供し、一方で商品多様性の優位性をさらに開拓することができる。

▽Doo Groupの類いまれな投資環境

現在、Doo Primeは多様な種類の金融商品を一体化している。それには60を超す通貨ペア、300を超す選別された米国と香港の株式、10を超すグローバルスポットインデックス、差金決済取引(CFD)による商品などがある。

Doo Prime はDoo Group傘下にある国際的な卓越したオンラインブローカーである。その中核としてフィナンシャルテクノロジーを有する大規模金融サービスグループであるDoo Groupは、数カ国から金融規制ライセンスを獲得してきた。

現時点でDoo Groupは、世界の多くの金融規制当局により厳しい規制を受けている。同社の法人組織の一部は、英国の金融行動監視機構(FCA)、米国の証券取引委員会(SEC)、米国の金融取引業規制機構(FINRA)、モーリシャス金融サービス委員会(MFSC)、バヌアツ金融サービス委員会(VFSC)による規制下にある。

▽Doo Primeの詳細についての問い合わせ先
Phone:
Europe: +44 11 3733 5199
Asia: +852 3704 4241
Asia – China: +86 400 8427 539
Website: www.dooprime.com

ソース: Doo Prime

画像添付リンク:
Link: http://asianetnews.net/view-attachment?attach-id=394376 
画像説明:Doo PrimeはDoo Prime Vanuatu Limited がバヌアツ金融サービス委員会からフィナンシャルディーラーのライセンス更新を得たと発表

徳島新聞WEBの「ニュースリリース(メディア向け発表資料)」は、リリース配信会社が発行する企業や団体が提供する情報を受け、加工せずに掲載しています。このサイトに掲載しているニュースリリースに掲載されている製品、サービスの品質・内容については、徳島新聞社は保証致しません。また掲載されている文言、写真、図表などの著作権はそれぞれの発表者に帰属します。リリースに掲載されている製品に関するお問い合わせは、各企業・団体にご連絡ください。 徳島新聞WEB上のデータの著作権は徳島新聞社に属し、私的に利用する以外の利用は認められません。