配信元:@Press

京セラ株式会社(代表取締役社長:谷本 秀夫)は、宝飾応用商品事業部の新ブランドとして、「cocochical(ココチカル)」を立ち上げ、このたび、cocochicalセラミックナイフを製品化しましたのでお知らせします。
本製品は、本年6月24日(木)よりアタラシイものや体験の応援・サポートを行うサービス「Makuake(マクアケ)」にて応援購入を目的とした販売を開始いたします。なお、全国の百貨店、専門店などでの一般販売は今秋を予定しております。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/264506/img_264506_1.png
画像2: https://www.atpress.ne.jp/releases/264506/img_264506_3.jpg
画像3: https://www.atpress.ne.jp/releases/264506/img_264506_2.png











このたびの新製品は、セラミックナイフのパイオニアである京セラが、10年以上の研究を経て開発し、特許を取得した新素材の刃を採用することで、従来品と比べて切れ味を2倍以上※1 持続させることに成功したセラミックナイフです。また、ナイフのデザインにもこだわり、ユーザーそれぞれの持ち方や利き手に応じた握り替えが、自然かつ自由にできる、シームレスなハンドル形状としました。さらに、本製品はこれらのことが評価され、『2020年度グッドデザイン賞』を受賞しています。
カラーはホワイトとブラックの2色展開で、シンプルかつスマートな見た目は、現代のインテリアやカトラリーとも相性が良く、上品で洗練されたキッチンや食卓を演出します。

■ブランド設立の背景
京セラは、1984年のセラミックナイフの発売以来、独自開発したセラミック材料を進化させ続け、累計出荷数は2,000万本を突破し、多くのお客様にご愛用いただいております。cocochicalは、本製品を使った瞬間の感動や軽く鋭い切れ味が長く続き、調理を心軽やかに楽しくすることをコンセプトとしています。京セラのキッチン用品の価値を改めてお客様に届けたいという想いを込めた新たなブランドです。

■「cocochical」セラミックナイフの特長
画像4: https://www.atpress.ne.jp/releases/264506/img_264506_4.png
1.軽く、鋭く、キレイに切れる
本製品は、調理の際、刃が食材に吸い込まれていくような感覚で、軽く切れることが特長です。また、重量が金属製に比べて半分程度であるため、手にかかる負担が少なくなっています。

2.切れ味の持続性
本製品の刃には、ファインセラミックスの種類や配合の研究を重ねて、開発に成功し、特許を取得した新セラミック素材「Z212」を採用。鋭い切れ味の持続性と、刃の欠けにくさに重要な靭性を両立させました。

3.機能的かつシンプルなデザイン
新ブランドcocochicalのプロダクトデザインは、デザイナーの桑野 陽平氏が担当しました。セラミックナイフの刃とハンドルの段差を少なくし、シームレスな形状にすることで持ち方の自由度を高め、シンプルで美しく、使いやすさを追求したデザインとなっております。また、カラーはさまざまなキッチンになじみやすいホワイトとブラックのシンプルな2色です。

画像5: https://www.atpress.ne.jp/releases/264506/img_264506_5.png

画像6: https://www.atpress.ne.jp/releases/264506/img_264506_6.jpg


上:「cocochical」セラミックナイフ(三徳14cm)ホワイト
下:「cocochical」セラミックナイフ(三徳14cm)ブラック
画像7: https://www.atpress.ne.jp/releases/264506/img_264506_7.png

デザイナー 桑野 陽平 氏
2004年に多摩美術大学を卒業後、良品計画を経て、2010年にYOHEI KUWANO DESIGN STUDIOを設立。2012年IF Product Design Award 受賞。2013年にはIF Product Design Award Gold Prizeを受賞。2006年、2007年、2008年、2009年、2011年、2012年、2014年、2020年にGood Design Awardを受賞。2020年にRed-dot Design Award 2020を受賞。

桑野 陽平様 コメント
「セラミックナイフは元々機能として優れた商品でありながら、消費者に良さが伝わっていないという課題点がありました。デザインをする上でまず重視したことは、見た目でも選ばれる美しさを込めること。さらに選ばれた後も使い続けてもらえる道具としての完成度にもこだわりました。歴史のある商品の一大刷新を図るプロジェクトにデザイナーとして関われたことを誇りに思い、cocochicalが新しいロングセラー商品となることを願っております。」

4.高い品質
京セラのセラミックナイフの刃先はハマグリ刃と呼ばれる刃付けをしており、欠けにくさと切れ味の持続性を高めると同時に、食材に切り込みやすく切り離れも良くなります。また、刃付けの最終仕上げを1本1本丁寧に手作業で行うことで、より高い品質を実現しております。

5.安心して長くご使用いただくための、アフターサービス
(1)cocochical修理サービス
調理によって、万が一、本製品に著しく損傷が出た場合、製品を無料で修理する修理サービスを実施します。※
※修理サービス1回限り無料。cocochical 限定のサービスで、通常の研ぎ直しサービスとは異なります。

(2)セラミックナイフ研ぎ直しサービス
刃の切れ味が落ちてきた場合にご利用いただける、熟練工による研ぎ直しサービス※をご用意しています。
※研ぎ直しサービスサイト:https://www.kyocera.co.jp/prdct/kitchen/support/grinding/
研ぎ直し料金は税込1,000 円/ 回です。対象は京セラ製のセラミックナイフのみとなります。

■「cocochical」セラミックナイフの製品ラインアップ
画像8: https://www.atpress.ne.jp/releases/264506/img_264506_8.jpg

牛刀 18cm
ホワイト/ブラック

三徳ナイフ 16cm
ホワイト/ブラック

三徳ナイフ 14cm
ホワイト/ブラック

ペティナイフ13cm
ホワイト/ブラック

スライスナイフ(ギザ刃)12.5cm
ホワイト/ブラック

■「Makuake」について
一般販売に先がけて、本年6月24日(木)より、アタラシイものや体験の応援・サポートを行うサービス「Makuake」にて本製品の販売を開始いたします。Makuakeでは限定価格で商品を購入いただけます。詳細については下記サイトをご覧ください。
https://www.makuake.com/project/cocochical/

※1 2019年9月に英国・カトラ社(国際的なナイフ等の研究技術組織)にて刃物耐摩耗性試験を実施。
※「cocochical」「cocochical(ロゴ)」は、京セラ株式会社の登録商標です。






詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

徳島新聞WEBの「ニュースリリース(メディア向け発表資料)」は、リリース配信会社が発行する企業や団体が提供する情報を受け、加工せずに掲載しています。このサイトに掲載しているニュースリリースに掲載されている製品、サービスの品質・内容については、徳島新聞社は保証致しません。また掲載されている文言、写真、図表などの著作権はそれぞれの発表者に帰属します。リリースに掲載されている製品に関するお問い合わせは、各企業・団体にご連絡ください。 徳島新聞WEB上のデータの著作権は徳島新聞社に属し、私的に利用する以外の利用は認められません。