配信元:@Press

積水ハウス株式会社が設立・運営する「絹谷幸二 天空美術館」(梅田スカイビル タワーウエスト27階)で、特別展示「ARS VITA ESTA 藝術は人生 ~色彩画家の軌跡~」※を7月3日から12月13日まで開催いたします。

「ARS VITA ESTA 藝術は人生」を謳い、一つのスタイルに甘んじることなく常に新しく進化を続ける色彩画家・絹谷幸二。本展では、ヴェネツィア留学時代に描かれた貴重なフレスコ画(壁画の古典技法)から、極彩色に彩られた最新の絹谷藝術までを時系列で展覧し、その軌跡を辿ります。
また世界初の絵の中に飛び込む3D映像(2本立て)に加え、昨年12月に新登場した、絹谷幸二氏自らが館内や東京のアトリエを案内するVR(バーチャル リアリティ)映像も、併せてお楽しみください。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/264487/LL_img_264487_1.jpg
アドリア海の珠宝・サンマルコ遠望

※本特別展示は、文化庁による日本の美を国内外に発信する「日本博」に認証されました。


◆絹谷幸二(きぬたに こうじ)氏
1943年 奈良県出身。東京藝術大学大学院壁画科修了後、ヴェネツィア・アカデミアに留学。フレスコ(壁画の古典技法)を修得し独創的なスタイルを確立する。1997年「銀嶺の女神」長野冬季五輪公式ポスター原画を制作するなど、半世紀に亘って日本の現代画壇をリードし後進の育成にも尽力。現在、東京藝術大学名誉教授、日本藝術院会員。2014年文化功労者として顕彰。フレスコの国内第一人者。


◆「絹谷幸二 天空美術館」
2016年12月、世界的に話題の「梅田スカイビル」内にオープンした最新の体験型ミュージアム。色彩豊かなフレスコをはじめとする絵画や立体作品を展示し、3DやVRの映像体験など絹谷ワールドを存分に楽しめる絹谷幸二氏初の単独美術館。43作品(3D映像作品含む)を公開中(7月3日予定)。フレスコ制作体験ができるワークショップスペース、快適空間のカフェ等を併設し、眺望も抜群な美術館。

■2019年度より「全国美術館会議」、「日本博物館協会」の正会員に加盟。

■フレスコを間近で見て、実際に創る体験ができる「フレスコ体験」が、2019年度キッズデザイン賞を受賞。
「絹谷幸二 天空美術館」では、来館者、スタッフなど、美術館を利用するすべての方の安全と安心のため、新型コロナウイルス感染防止に関する取り組みを行っています。詳細はウェブサイトをご覧ください。

開館時間 : 10:00‐18:00
金曜日・土曜日・祝前日は10:00-20:00(入館は閉館の30分前まで)
休館日 : 火曜日(ただし祝日の場合は開館し翌平日が休館)、
年末年始(2021年12月30日-2022年1月4日) 、展示替え期間
入館料 : 一般1,000円、大学・高校・中学生600円、
小学生以下無料、団体・障がい者割引あり
所在地 : 〒531-0076 大阪市北区大淀中1-1-30
梅田スカイビル タワーウエスト27階
お問い合せ: 06-6440-3760(開館時間内)
公式サイト: https://www.kinutani-tenku.jp


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

徳島新聞WEBの「ニュースリリース(メディア向け発表資料)」は、リリース配信会社が発行する企業や団体が提供する情報を受け、加工せずに掲載しています。このサイトに掲載しているニュースリリースに掲載されている製品、サービスの品質・内容については、徳島新聞社は保証致しません。また掲載されている文言、写真、図表などの著作権はそれぞれの発表者に帰属します。リリースに掲載されている製品に関するお問い合わせは、各企業・団体にご連絡ください。 徳島新聞WEB上のデータの著作権は徳島新聞社に属し、私的に利用する以外の利用は認められません。