配信元:共同通信PRワイヤー

AsiaNet 90268 (1438)

【レッドウッド​シティー(米カリフォルニア州)2021年6月24日PR Newswire=共同通信JBN】
*Synackの2021 Guardians of Trust Awardsは、世界中の主要な組織のサイバーセキュリティー専門家の努力と献身を称える

サイバー攻撃者たちが過去数カ月にわたり消費者の信頼を揺るがし、米政府高官や企業リーダーが最近のランサムウエアによる惨劇を「国家安全保障上の脅威」と呼ぶようになった中、サイバーセキュリティー専門家は組織を安全に保つために舞台裏で毎日闘っている。

Photo - https://mma.prnewswire.com/media/1549879/Enter_a_title.jpg
Logo - https://mma.prnewswire.com/media/838158/Synack_Logo.jpg

彼らの任務はしばしば認識されておらず、目に見えないことさえあるが、われわれ全員が日常的に依存しているデジタルインフラとシステムが攻撃に屈服するのを防いでいる。Guardians of Trust Awardsは、セキュリティーだけでなく信頼においても卓越性を積極的に追求することにより業界をリードしている優れた個人やチームを表彰している。今日のデジタル世界では、苦労して築いた信頼を獲得することは極めて困難な課題であり、それを維持するための取り組みはしばしば過小評価されている。

Synack(https://c212.net/c/link/?t=0&l=en&o=3206939-1&h=793743737&u=http%3A%2F%2Fwww.synack.com%2F&a=Synack )は、消費者、利害関係者、ブランドを保護するために、期待をはるかに上回るが、しかるべき称賛を受けていないこれら専門家を表彰するため2019年にクラウドソースによる賞を立ち上げた。すべての業界で最も尊敬されているコミュニティーメンバーと信頼できるセキュリティーチームが候補を推薦した。受賞者は、セキュリティー組織を先導し信頼できるブランドを構築する包括的な専門知識を備えたSynackのGuardians of Trust Awards Committeeにより選出された。

今年の受賞者は、第一に顧客を保護し、サイバーセキュリティーの実践で革新を示し、ブランド保護における卓越性を示し、現状に決して妥協しないことを実証してきた。

2021 Guardiansof Trust Awardの受賞者は以下の通り:

*Most Trusted CISO(最も信頼される最高情報セキュリティー責任者): Betsy Wille, Abbott
*Most Trusted CISO: Mike Baker, GDIT
*Most Trusted Pioneer CISO(先駆者として最も信頼される最高情報セキュリティー責任者): Jason Lewkowicz, Cognizant
*Most Trusted Pioneer CISO: Daniel Hooper, Varo Money
*Most Trusted Security Team North America(最も信頼されるセキュリティーチーム、北米): Domino's
*Most Trusted Security Team North America: Abacus Insights
*Most Trusted Security Team, EMEA(最も信頼されるセキュリティーチーム、欧州・中東・アフリカ): bp
*Most Trusted Security Team, EMEA: Freshfields Bruckhaus Deringer
*Most Trusted Security Team, EMEA: RSA Insurance Group
*Most Trusted Solution Partner(最も信頼されるソリューションパートナー): Azure Security Modernization, Microsoft
*Most Trust Partner, EMEA(最も信頼されるパートナー、欧州・中東・アフリカ): Ignition Technology
*Most Trust Partner, North America: Trace3
*Most Trusted Federal Consulting Partner(最も信頼される連邦型コンサルティングパートナー): Accenture Federal Services
*Most Trusted Hacker(最も信頼されるハッカー): Ozgur Alp, Synack Red Team

すべての受賞者にとり、信頼はセキュリティー専門家としての役割において不可欠な信条である。それは、彼らがどのように仕事をしているのか、また組織全体でセキュリティーの重要性をどのように伝えているのかに深く染み込んでいる。

General Dynamics Information TechnologyのMichael Baker最高情報セキュリティー責任者(CISO)は「信頼はGDITの中心的な精神である。実際、信頼は透明性、誠実さ、整合性とともに4つのコアバリューの1つである。顧客、従業員、サイバーチーム全体で信頼を構築することは、CISOとしての私の役割にとり不可欠である」と語った。

オンデマンドのセキュリティー専門技術のための有力なクラウドソースプラットフォームであるSynackは、すべての部門のセキュリティーリーダーやチームと緊密に連携し、かれらが顧客、従業員、経営幹部、取締役会メンバーからの信頼を維持できるよう支援している。Synackは全体として、CISOが過去16カ月を通じて課題に直面し、悪意ある攻撃のリスクを軽減しつつ事業運営実現に集中し続けることで、未知の領域を先導した。

Synackの特許取得済みのAttacker Resistance Score (ARS) Metric(攻撃者の抵抗スコア(ARS)測定基準)のデータに基づく2021 Trust Report(https://c212.net/c/link/?t=0&l=en&o=3206939-1&h=802973079&u=https%3A%2F%2Fwww.synack.com%2Ftrust-report%2F&a=2021+Trust+Report )で、Synackはパンデミックの開始以来、攻撃に対する組織の全体的回復力の向上を図表に示した。このTrust Reportは、セキュリティーへの取り組みに優先順位を付け、脅威と脆弱性のより広範な状況を理解する上で、CISOなどセキュリティーリーダーにとり不可欠なツールである。

Synack 2021 Trust Reportの全文は、すべてのグローバルセクターのARS測定基準を調査している。www.synack.com にアクセスしてリポートを無料でダウンロードし、世界で最も信頼されているブランドがリスクを測定する方法を学ぼう。

▽Synackについて
Synackはオンデマンドのセキュリティー専門知識のための有力なクラウドソースプラットフォームである。Synackのプラットフォームは、信頼されるリサーチャーの世界ネットワークがスマートテクノロジーを利用して実行する年中無休の侵入テスト、脆弱性の管理、脆弱性の評価を提供し、グローバル組織の極めて重要なサイバーセキュリティーのミッションを加速する。シリコンバレーに本社を構え、世界中に地域チームを配置するSynackは、世界の大手銀行、連邦政府機関、国防総省機密資産、およびFortune 500とGlobal 2000の企業の6兆ドルを超える収益を保護している。CNBC Disruptor 50リストに4回登場したSynackは、2013年に元国家安全保障局(NSA)セキュリティー専門家であるJay Kaplan最高経営責任者(CEO)と最高技術責任者(CTO)のMark Kuhr博士によって設立された。

詳細な情報はwww.synack.com を参照。

ソース:Synack

▽問い合わせ先
Mike Farrell
mfarrell@synack.com

徳島新聞WEBの「ニュースリリース(メディア向け発表資料)」は、リリース配信会社が発行する企業や団体が提供する情報を受け、加工せずに掲載しています。このサイトに掲載しているニュースリリースに掲載されている製品、サービスの品質・内容については、徳島新聞社は保証致しません。また掲載されている文言、写真、図表などの著作権はそれぞれの発表者に帰属します。リリースに掲載されている製品に関するお問い合わせは、各企業・団体にご連絡ください。 徳島新聞WEB上のデータの著作権は徳島新聞社に属し、私的に利用する以外の利用は認められません。