配信元:共同通信PRワイヤー

AsiaNet 90299 (1454)

【サンティアゴ(チリ)2021年6月25日PR Newswire=共同通信JBN】
*SORCIAが革新的で持続可能な技術により2000ヘクタール以上でリチウムを採掘する契約を締結

米国企業SORCIA MINERALS LLCの完全子会社SORCIA CHILE SPA(以下SORCIA)は、RJR SALAR SPA(RJR)とアタカマ州のマリクンガ塩湖でリチウムを採掘する契約を結んだ。

SORCIAは、カナダ企業INTERNATIONAL BATTERY METALS, LTD.(以下IBAT)が開発した革新的で高度に持続可能な技術をチリに導入する目的を推進し続ける。この技術は、抽出されたかん水の90%以上を自然状態に還元して水使用を最小限にしつつ、土地への侵襲性の低いモバイルおよびモジュールプラントを利用したリチウム採掘を可能にする。

この「選択的吸収」リチウム技術は、1980年代後半にIBAT最高経営責任者(CEO)のJohn Burba博士が発明した。Burba博士の専有技術の最新版は現行の方法より高効率の抽出を可能にし、二酸化炭素排出量を削減、水と塩湖のかん水の使用を大幅に減らして周囲の生態系を保護する。

電動モビリティーが押し上げるリチウム需要の拡大は、資源保護を確保し、既に水資源不足の課題に直面している地元コミュニティーの生活条件を守る一層クリーンな技術の利用を必要とする。

採掘作業は、SORCIAの研究、開発と新しい持続可能な鉱物採掘技術実用化の戦略的パートナーであるサンティアゴデチレ大学(USACH)と連携して実施される。

今回の採掘権取得は、Sorciaの親会社Ensorcia Metals Corporationが欧州向けに開発・計画中の炭酸塩プラントと水酸化物プラントを含むトータルサプライチェーン展開という目標の延長上にある。

▽問い合わせ先:
info@ensorcia.com
Badajoz 45, piso 17, Las Condes
Santiago - Chile
Ph: +562 32102041
Ph: +562 32102042
Ph: +1(917) 8096970

ソース:Sorcia Minerals LLC

徳島新聞WEBの「ニュースリリース(メディア向け発表資料)」は、リリース配信会社が発行する企業や団体が提供する情報を受け、加工せずに掲載しています。このサイトに掲載しているニュースリリースに掲載されている製品、サービスの品質・内容については、徳島新聞社は保証致しません。また掲載されている文言、写真、図表などの著作権はそれぞれの発表者に帰属します。リリースに掲載されている製品に関するお問い合わせは、各企業・団体にご連絡ください。 徳島新聞WEB上のデータの著作権は徳島新聞社に属し、私的に利用する以外の利用は認められません。