配信元:@Press

全国で深刻化する空き家問題に目を向けてもらうきっかけになるよう、株式会社Sweets Investment(静岡市駿河区、代表取締役:玉木 潤一郎)が運営する『空き家買取専科』は、2018年に制定された08月02日「空き家ゼロにの日」に向け4年目を迎える今年は、全国各地で空き家問題に取り組む、11の自治体・団体・企業が集結し「空き家ゼロに」を目標に活動を行ないます。
その活動のひとつとして『空き家ゼロにイベント』を8月1日「子ども空き家お掃除隊」、8月2日にオンラインイベントを開催。空き家活用・再生・DIY・セミナーを東京・静岡・大阪・福岡など全国各地で開催し、空き家問題啓発キャンペーンを行いムーブメントをおこします。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/268498/LL_img_268498_1.jpg
0802の日

■空き家にしたままのリスク
・換気や通水ができず建物が老朽化しやすい
・不動産価値が下がってしまう
・空き家は放火犯に狙われやすい
・ホームレスが住み着く
・シロアリ・ゴキブリ・ネズミなどの被害
・草木が生い茂り近隣に迷惑をかける


■空き家ゼロにの日とは
日付は空き家をなくしたいとの思いから8月2日を0802として「空き家ゼロに」と読む語呂合わせから。空き家問題を啓発することで、空き家の活用・管理・売却・空き家にしないための取り組みを推進します。地域の不動産の価値を高め、循環を促していきます。
記念日は2018年(平成30年)に一般社団法人 日本記念日協会により認定・登録されました。今年は、全国11の自治体・企業・団体が全国各地でイベントなどの啓発活動を開催します。


■空き家ゼロにイベント参加者
・藤枝市空き家ゼロにサポーター 8月1日
子ども空き家お掃除隊 静岡県藤枝市
・LIFULL LOCAL MATCH TALK 8月2日
「空き家ゼロに」の日に空き家の価値を徹底的に考えてみた 東京都(オンライン)
・仮想未来区役所 7月7.14日8月4.5日
空き家をフルリノベーションしてアトリエとして活用しよう 福岡県直方市
・富士市役所 8月7日
空き家活用プランセミナー 静岡県富士市
・ナイトアンジュ 8月2日
地域活性に 明るい未来を見出す回 東京都(オンライン)
・ゆとりてら やいづ 8月1日
空き家をリノベした家で手作り釜ピザ会 静岡県焼津市
・コアキナイラボ 8月1日
地方都市における空き家活用のリアル 静岡県(オンライン)
・AtamiStayle 民間企業 8月1日
熱海復興ボランティア 静岡県熱海市
・ナチュラルリビング株式会社 8月1.2日
空き家と大規模な家庭菜園は取り組めるのか! 静岡県熱海市
・ヒノワkitchen&space 8月1日
空き家をリノベーションヒノワバザー 静岡県島田市
・リアルエステート・フジタ 8月2日
大阪の空き家お片付け大作戦 大阪府岸和田市


■空き家ゼロにイベント その1
【夏休みに子どもが初挑戦!築40年の空き家を大掃除】
静岡県藤枝市の小中学生が空き家のお掃除に挑戦します。その空き家は築40年。空き家になり7年経っています。近頃問題になっている空き家。静岡県の空き家率は16.4%。6軒に1軒は空き家になっており、全国平均13.6%を上回っています。
そこで、藤枝市空き家対策室(藤枝市岡出山1-11-1)と藤枝市空き家ゼロにサポーターは、8月2日空き家ゼロにの日を前に、8月1日(日曜日)子ども空き家お掃除隊を開催します。子ども達と空き家お掃除隊として出動します。

<子ども空き家お掃除隊 詳細>
日時 :8月1日(日)13:00~17:00
会場 :藤枝市岡部町三輪 1524-3
築40年 空き家歴7年
義母と義理弟が住んでいたが弟が亡くなり空き家に
相続人の夫も他界
参加者:子ども6人(小中学生)
藤枝市空き家ゼロにサポーター9人
藤枝市空き家対策室2名

子供たちが空き家の片付け、 掃除を行うことによって、空き家の現状を知ると共に、地元藤枝市への興味関心・愛着の醸成をします。夏休みの自由研究のテーマにも。また、空き家所有者が空き家バンク登録など、新たな人が入居する為に循環させていくことも目的です。「子どもたちの学び」と「地域課題の解決」を実践していきます。


■空き家ゼロにイベントその2
【LOCAL MATCH TALK Vol.23 「空き家ゼロに」の日に空き家の価値を徹底的に考えてみた!~Supported by 空き家買取専科~】

8月2日は「空き家ゼロに」の日!放置したら厄介者、活用すれば街の価値になる“空き家”
空き家をゼロに!空き家を価値に!さぁ、私たちは何をしよう?

地域と移住者のリアルが聞けるオンラインイベント『LOCAL MATCH TALK』。Vol.23は空き家の価値について徹底的に考えてみます。
イベント開催日は8月2日。この日は、語呂合わせで「空き家ゼロに」の記念日として登録されています。

今回のLOCAL MATCH TALKでは、「空き家ゼロにの日」の仕掛け人『空き家買取専科』さんにご協力頂いて、「空き家ゼロにの日キャンペーン」の一貫として実施します。
<「空き家ゼロにの日」制定2周年 過去(これまで)の歩みと未来(これから)の試み>

【こんな人におすすめ】
日本の空き家問題に関心のある人
空き家を活用して何かしたいと考えている人
空き家のリノベーションに興味のある人
最近の空き家事情について知りたい人

空き家を活用した暮らしやリノベーション、副業コアキナイ、町おこしなど空き家の価値を見つける多彩なアイデアを持ったゲストをお迎えし、空き家を価値に変えるために必要な視点についてお話頂きます。
また、LIFULL地方創生が行っている空き家対策や、空き家対策を仕事にしたい人のための講座のご紹介も行います。


【イベント概要】
■日時
2020年8月2日(月) 19:00~21:00
※10分前開場
■開催場所
オンライン (Zoom)
※ 申込頂いた方にZoomの参加登録URLをご案内します
■定員
100名
■参加費
無料
■申し込み
https://local.lifull.jp/localmatch/event/153


#0802の日 #空き家ゼロに #8月2日は空き家ゼロにの日


【ブログ】
https://akiya-kaitori.jp/blog_post/%ef%bc%98%e6%9c%88%ef%bc%92%e6%97%a5%e3%81%af%e7%a9%ba%e3%81%8d%e5%ae%b6%e3%82%bc%e3%83%ad%e3%81%ab%e3%81%ae%e6%97%a5/


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

徳島新聞WEBの「ニュースリリース(メディア向け発表資料)」は、リリース配信会社が発行する企業や団体が提供する情報を受け、加工せずに掲載しています。このサイトに掲載しているニュースリリースに掲載されている製品、サービスの品質・内容については、徳島新聞社は保証致しません。また掲載されている文言、写真、図表などの著作権はそれぞれの発表者に帰属します。リリースに掲載されている製品に関するお問い合わせは、各企業・団体にご連絡ください。 徳島新聞WEB上のデータの著作権は徳島新聞社に属し、私的に利用する以外の利用は認められません。