配信元:共同通信PRワイヤー

生産現場や流通過程における農産物のフードロス削減にも貢献

2021/7/27
株式会社 鎌倉製作所

 
【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202107207930-O19-vZjWftaE

生産現場や流通過程における農産物のフードロス削減にも貢献
究極の冷蔵庫用加湿機グリーンキーパー 自動給水でもっと便利に
「直水式」タイプ登場!

株式会社鎌倉製作所(本社:東京都港区、代表取締役:堀江威史)は、野菜や花などの
農産物用冷蔵庫用加湿機「グリーンキーパー」に給水作業不要の「直水式」を2021年7月より
追加発売いたします。


究極の冷蔵庫用加湿機「グリーンキーパー」
グリーンキーパーは弊社独自の技術により、加湿とエチレンガス分解によって
農産物の鮮度維持を実現する冷蔵庫用加湿機です。
野菜や花の長期保存が可能となるため、生産現場や流通過程におけるフードロス削減にも
貢献いたします。

■豊富な加湿量で野菜・生花の鮮度を保ちます。
結露になりにくい「気化式」を採用。冷蔵庫内の湿度を90%以上に保つことで
野菜や花の水分量を保持し鮮度を保ちます。


■ エチレン分解フィルタを内蔵。 
植物の劣化を促すエチレンガスを分解する特殊フィルタを内蔵しています。

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202107207930-O3-8pQ0FN21

■業界唯一の独自性。
加湿とエチレンガス分解機能の両方を搭載した製品は業界でも唯一となっています。

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202107207930-O4-7rSs8Zrk

給水作業不要の「直水式」リリース背景
従来品はタンクで水を補充する仕様で数日に1度給水作業の必要がありました。
今回発売した「直水式」は、水道直結タイプで減った分だけ自動給水されるため、
作業負荷軽減、水の入れ忘れによる加湿量の低下を未然に防止いたします。

希望小売価格               
  270,000円 ※消費税別・送料別 

適用床面積の目安
  ~5坪(16㎡)

製品の効果
加湿した場合と加湿しなかった場合の30日後の変化を比較した写真です。
加湿したほうが、鮮度が保たれています。

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202107207930-O8-7181CJI2

■ 製品仕様
【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202107207930-O21-8N5L12Ng
 ※1 騒音は機端から1.5m地点です。※2加湿能力は、吸い込み空気が温度20℃、相対湿度30%の場合です。

・今回、タンク式(左列)も一部改良しモデルチェンジしています(GK-004TAU)。
・上記~5坪用(小さな空間向け)の「グリーンキーパー」の姉妹品として~15坪用
  (広い空間向けの「グリーンキーパーアクア」もご用意もございます。

■ ご採用事例
【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202107207930-O11-yG7ump1r

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202107207930-O12-8UKctp1b

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202107207930-O13-76Im8oc5

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202107207930-O14-1lrQ9e2J

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202107207930-O15-x297GBr2

~鎌倉製作所について~
㈱鎌倉製作所(設立:1951年)は2021年に70周年を迎えた工場向け屋上換気扇等の作業環境改善機器を製造・販売するメーカーです。豊富なラインナップ(換気・涼風・送風・身体冷却)で作業環境をトータルに改善します。
冷蔵庫用加湿機「グリーンキーパー」は日本で初めて工場向けに発売した気化式涼風装置の技術を応用した農事向け製品です。

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202107207930-O20-0i6U9JM5

徳島新聞WEBの「ニュースリリース(メディア向け発表資料)」は、リリース配信会社が発行する企業や団体が提供する情報を受け、加工せずに掲載しています。このサイトに掲載しているニュースリリースに掲載されている製品、サービスの品質・内容については、徳島新聞社は保証致しません。また掲載されている文言、写真、図表などの著作権はそれぞれの発表者に帰属します。リリースに掲載されている製品に関するお問い合わせは、各企業・団体にご連絡ください。 徳島新聞WEB上のデータの著作権は徳島新聞社に属し、私的に利用する以外の利用は認められません。