配信元:@Press

Line Clover-D Trading inc.(Tokyo Office:東京都渋谷区神宮前2-25-4、代表:嶋津 秀一)と株式会社No Sleep(Head Office:東京都渋谷区神宮前2-25-4、代表:畠山 貴行)は、フィリピン不動産を1口10万円から投資をすることが可能なサービスを提供いたします。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/268642/LL_img_268642_1.png
NFTで実現。1口10万円からのフィリピン不動産投資。

Line Clover-D Trading inc.では、BSP(フィリピン中央銀行 Bangko Sentral ng Pilipinas)のtipe F ライセンスを取得し、日本とフィリピンの架け橋となるメガバンク開設に向け、フィリピン不動産・外貨両替所・貸金業事業を通じて組織強化・拡大を推進しております。
株式会社No Sleepでは、暗号通貨に関する豊富なシステム開発のノウハウを活かし、ブロックチェーン技術を利用したサービスの企画・開発・運用を中心に事業を展開しており、Open Seaなどのプラットフォームを利用したNFT(ノン・ファンジブルトークン)プラットフォーム 「Wake Up」 をリリースしました。これにより、主に資産性の高い、有形の不動産・動産などを中心としたNFT化事業を展開しております。


【フィリピン不動産の可能性】
昨今のフィリピンの経済成長や地価高騰は世界中から注目されてきています。特に不動産市場は、マニラを中心としたインフラ開発が急速に進んでおり、高速道路や地下鉄、さらには新国際空港の開発など、まさに50年前の日本列島改造論を彷彿とさせる目まぐるしい風景の様変わりを日々実体感できます。日本との親交も深く、開発の大部分が日本のJICA(国際協力機構)、並びに多数の日本企業が参画中です。これらインフラ開発に合わせ、新しい都市開発も増々進行しています。

【avida sales corpとも提携】
avida sales corpとは、フィリピン経済の代名詞とも呼ばれるアヤラコーポレーションのグループ会社の一つであり、不動産事業を担うアヤラランドの開発する【Avida】コンドミニアムをセールスする専門会社です。当社は、全アジアで最も古い歴史を誇るアヤラコーポレーショングループと提携し、信頼性の高いフィリピンの不動産をご紹介することができます。


【フィリピン不動産投資の新たなアビリティ:1口10万円からの小口投資をNFTで実現】
当社は、これまで多くのポテンシャルの高いフィリピン不動産の販売を行って参りましたが、都市開発進行中のまさに今が注目すべき時期と言えます。しかし、不動産投資には数百万~数千万円の資金が必要であり、多くの皆様にその投資機会を平等にご提供することが叶わずにおりました。そこで当社では、不動産の資産性にNFT技術を活用することで、文字通り代替が不可能なブロックチェーン上のトークン:資産のデジタル鑑定書と所有証明書を付与する新たな売買市場を構築すべくプロジェクトを進行して参りました。この度、この実現により、当社の提供するポテンシャルの高いフィリピン不動産も1口10万円から投資をすることが可能となりました。
当社はこの機会を最大限活かし、より多くの方々に、フィリピン不動産への投資の機会をご提供して参りたいと考えております。


■運営会社紹介
【Line Clover-D Trading inc.】
公式HP: https://line-clover.com

フィリピン国内での事業展開・起業のプロフェッショナルである、Line Clover-D Trading inc.は、BSP(フィリピン中央銀行 Bangko Sentral ng Pilipinas)のtipe F ライセンスを取得し、日本とフィリピンの架け橋となるメガバンク開設に向け、組織強化・拡大に取り組んでいます。今回の共同プロジェクトでは、ポテンシャルの高いフィリピンコンドミニアムの物件取得と提供を推進いたします。

【株式会社No Sleep】
公式HP: https://no-sleep.life
ブロックチェーン開発のプロフェッショナルであり、NFTプラットフォーム 「Wake Up」 を開発・運営する株式会社No Sleepは、不動産にNFT:代替が不可能なブロックチェーン上のトークン:資産のデジタル鑑定書と所有証明書を付与する新たなサービスで小口からのフィリピン不動産販売を推進いたします。


■NFT(Non Fungible Token:ノンファンジブル・トークン)とは?
急速な勢いで「デジタルアート」やブロックチェーンゲーム上の「デジタルアイテム」などの流通が加速しています。今までのデジタルデータは簡単にコピーや改ざんができるため、絵画などのデジタルデータは、資産価値があるとはみなされませんでした。しかしブロックチェーン上のデジタルデータは、それぞれが持つデータの正当性をお互いに監視し合えることで代替不可の資産価値を持たせられるようになりました。そして今、ブロックチェーンの新たな技術として「NFT」が世界中で注目を集めています。
このNFTは文字通り代替が不可能なブロックチェーン上で発行されたトークンのことを指しており、資産のデジタル鑑定書と所有証明書としての役割を持たせることで、代替不可能なデジタル資産として発行・流通することができます。
当社では、不動産の資産性にNFT技術を活用することで、唯一無二な資産的価値を付与し、新たな売買市場を構築・活性化して参ります。


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

徳島新聞WEBの「ニュースリリース(メディア向け発表資料)」は、リリース配信会社が発行する企業や団体が提供する情報を受け、加工せずに掲載しています。このサイトに掲載しているニュースリリースに掲載されている製品、サービスの品質・内容については、徳島新聞社は保証致しません。また掲載されている文言、写真、図表などの著作権はそれぞれの発表者に帰属します。リリースに掲載されている製品に関するお問い合わせは、各企業・団体にご連絡ください。 徳島新聞WEB上のデータの著作権は徳島新聞社に属し、私的に利用する以外の利用は認められません。