配信元:共同通信PRワイヤー

AsiaNet 90803 (1684)

【シンガポール2021年7月27日PR Newswire=共同通信JBN】
*業界情勢の卓越した専門知識が裏付け

新造船は値下げで人気だが、大手船会社は業界の不安定な動きのせいで、引き続きためらっている。ドライバルク(液体ではない貨物)市場の回復につれて、中古船がより安全なアプローチであることは間違いない。船舶売買に関するMarine Onlineの専門知識は最新の市場地合いの理解を含んでおり、特定船種の需要増大を意味している。同社の経験豊富な専門家チームはリアルタイム情報を提供し、情報に基づくバイヤーとセラーの決定を可能にする。船舶の状態に関心があるバイヤーは、Marine Onlineの認定サービスプロバイダー・ネットワークにアクセスして、取引成功に際して検査を行うこともできる。

Marine OnlineのBharat Bahl販売&調達マネジャーは「タイミングとサイズの検討が船舶の真の価値を決めるので、われわれは常に、ビジネスニーズに最適のメーカーについて顧客に助言する用意ができている。Marine Onlineでわれわれの役割は、交渉支援を含む業界最新の出来事を提供し、企業の市場課題ナビゲートを助けることである」と強調した。

Marine Onlineは、海運専門家に効果的な船舶販売・調達ソリューションを提供する顧客中心のプラットフォームである。Marine Onlineはインドネシア、中国、シンガポール、ベトナムなど世界のバイヤーとセラー双方のために取引している。

▽Marine Online (Singapore) Pte Ltdについて
Marine Online は、グローバル市場向けの海事サービスに特化した世界初のワンストップ統合プラットフォームである。2019年創業の同社は、革新的な人工知能(AI)・ビッグデータ対応プラットフォームを通じて、地域の船主と荷主にさまざまな海事サービスを提供してきた。8つの主要サービスを提供しているMarine Onlineは、最先端のテクノロジーを駆使してビジネスチャンスとコネクションを創出し、海事の未来を形作っている。詳細はmarineonline.com を参照。

▽問い合わせ先
メディアリレーションズ
+65 6571 5888
Email : marketing@marineonline.com

ソース:Marine Online (Singapore) Pte. Ltd.

徳島新聞WEBの「ニュースリリース(メディア向け発表資料)」は、リリース配信会社が発行する企業や団体が提供する情報を受け、加工せずに掲載しています。このサイトに掲載しているニュースリリースに掲載されている製品、サービスの品質・内容については、徳島新聞社は保証致しません。また掲載されている文言、写真、図表などの著作権はそれぞれの発表者に帰属します。リリースに掲載されている製品に関するお問い合わせは、各企業・団体にご連絡ください。 徳島新聞WEB上のデータの著作権は徳島新聞社に属し、私的に利用する以外の利用は認められません。