配信元:@Press

Okage株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役CEO:内田 善久、以下「当社」)は、当社のOkageセルフレジが、コネクテッドロボティクス株式会社(本社:東京都小金井市、代表取締役:沢登 哲也、以下「コネクテッドロボティクス」)が扱う非接触型ソフトクリームロボット(以下、「同ロボット」)の実証実験のキャッシュレスオーダー&会計システムとして採用されましたことをお知らせいたします。
2021年7月28日~8月16日までの期間、関越自動車道の三芳パーキングエリア(PA)(上り線)の商業施設「Pasar(パサール)三芳」にて、注文・会計・商品提供までを完全自動化で提供いたします。
コネクテッドロボティクスは、2020年10月に東京都ものづくりベンチャー育成事業に採択され、本事業の取り組みの一環として、ソフトクリームロボットにおける注文から商品提供まで全てのプロセスを非接触で行うサービスの開発と量産体制を進めてまいりました。今回の実証実験はコネクテッドロボティクスが開発中の非接触型サービスの実現と、調理自動化推進のための小型調理ロボット量産化を目指したロボットの店頭での初の実証実験となります。当社のキャッシュレスオーダー&会計システム「Okageセルフレジ」と連携することで、オーダー、会計、ソフトクリームの提供までを完全に自動で行うことができるようになりました。


■非接触型ソフトクリームロボット「レイモくん」

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/268900/LL_img_268900_1.jpg
非接触型ソフトクリームロボット「レイモくん」

同ロボットは長崎ハウステンボスやポッポ イトーヨーカドー幕張店で稼働しているロボットです。一定期間の習熟が必要とされるソフトクリームの巻き作業を自動化することで、ボタン一つで品質の安定した商品を提供することができます。


■注文から商品提供までを完全に非接触化(お客様が従業員と触れずに食品を受け取るまでの流れ)

画像2: https://www.atpress.ne.jp/releases/268900/LL_img_268900_2.jpg
(1)お客様がタッチパネルで注文・決済

画像3: https://www.atpress.ne.jp/releases/268900/LL_img_268900_3.jpg
(2)ロボットが自動でコーンを受け取る

画像4: https://www.atpress.ne.jp/releases/268900/LL_img_268900_4.jpg
(3)ロボットがソフトクリームを巻く

画像5: https://www.atpress.ne.jp/releases/268900/LL_img_268900_5.jpg
(4)お客様がソフトクリームを受け取る

(1)お客様がタッチパネルで注文・決済
(2)ロボットが自動でコーンを受け取る
(3)ロボットがソフトクリームを巻く
(4)お客様がソフトクリームを受け取る

機能 :注文、会計、巻き作業から提供までのプロセスを自動化
提供価値:・新しく入った従業員への作業トレーニングが不要になります。(省力化)
・毎回規定量を抽出でき、商品の提供品質が均一化されます。(品質安定)
・コミカルな声と動きで、来店したお客様を楽しませてくれます。(娯楽性)
生産能力:27秒/個

▼動作工程はこちらの動画をご覧ください。
https://www.youtube.com/watch?v=PUgQmIlvsHc&t=9s


■セルフレジとロボットの連携による提供価値
セルフレジとロボットの連携により、下記のことが実現できるようになりました。

1.従業員不在で商品提供が可能に
→ソフトクリームの自動販売機として、販売オペレーションをロボットに任せられます。
※注文から接客、商品提供まで無人で対応可能です。

2.キャッシュレス決済との連携
→お客様がタブレットで注文、料金支払いを済ますことができます。
※キャッシュレスで商品を提供することが可能になります。

3.コーンディスペンサーの自動化
→ロボットの動きに合わせて自動でコーンをロボットにセットする仕組みの提供。
※従来はお客様か従業員がロボットにコーンをセットする作業が発生。この作業が省力化。

本実証実験を通して、安定稼働できる非接触サービスを広く普及させ、慢性的課題(人手不足)と新型コロナウイルス感染予防対策における課題(非接触)の解決に貢献していきます。


■Okageセルフレジについて
Okageセルフレジは、iPadタブレットを利用し、お客様がご自身でオーダーできるソリューションとなります。下記の特徴を備えています。

・フリーレイアウト編集機能により、自由な注文画面の作成が可能
・クレジットカード、電子マネー、QRコード決済など幅広い決済手段に対応
・現金あり、完全キャッシュレスなど柔軟な組み合わせが可能
・専用の券売機などに比べてリーズナブルな金額で導入が可能
・OkageシリーズのPOSレジアプリやハンディアプリなどと組み合わせることで売上の一元管理が可能


■実証実験店舗
導入場所:Pasar(パサール)三芳内 催事スペース「アトリウム」
運営会社:ネクセリア東日本株式会社
住所 :埼玉県入間郡三芳町大字上富2204 関越自動車道 三芳PA(上り線)
営業時間:平日 11時~20時
土日祝 10時~20時


■会社概要
商号 : コネクテッドロボティクス株式会社(Connected Robotics Inc.)
代表者 : 代表取締役 沢登 哲也
所在地 : 〒184-0012
東京都小金井市中町2-24-16 農工大・多摩小金井ベンチャーポート
設立 : 2014年2月
事業内容: 飲食業向けロボットシステムの開発・販売
URL : https://connected-robotics.com/


■会社概要
会社名 : Okage株式会社
所在地 : 〒104-0044 東京都中央区明石町7-14 築地リバーフロント 4F
代表 : 代表取締役CEO 内田 善久
設立 : 2009年6月17日
事業内容: フードサービスDXプラットフォーム「Okageシリーズ」の開発・運営・販売
URL : https://okagekk.com


■今後の展望
Okage株式会社は、「オーダーテイメントでおもてなしの未来を創造する」をキャッチフレーズに、飲食店に特化したフードサービスDXプラットフォーム「Okageシリーズ」の開発を通して、飲食店の人手不足の対策や非接触ソリューションの提供に貢献して参ります。飲食業界では、今後、調理ロボットや配膳ロボットの導入による生産性の向上に対する関心が急激に高まることが予想されます。飲食業界向けに先進的な調理ロボットを提供するコネクテッドロボティクスのロボットとの連携は、飲食業界のDX事例のひとつとして、来たるべき飲食業界のロボティクス導入のケーススタディになると考えています。

今後とも、当社では、調理ロボットや配膳ロボットとのシステム連携を積極的に行い、飲食業界の経営課題の改善に積極的に取り組んで参ります。


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

徳島新聞WEBの「ニュースリリース(メディア向け発表資料)」は、リリース配信会社が発行する企業や団体が提供する情報を受け、加工せずに掲載しています。このサイトに掲載しているニュースリリースに掲載されている製品、サービスの品質・内容については、徳島新聞社は保証致しません。また掲載されている文言、写真、図表などの著作権はそれぞれの発表者に帰属します。リリースに掲載されている製品に関するお問い合わせは、各企業・団体にご連絡ください。 徳島新聞WEB上のデータの著作権は徳島新聞社に属し、私的に利用する以外の利用は認められません。