配信元:共同通信PRワイヤー

 
【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202107278168-O1-Tb1iS0hb

 
AsiaNet 90819 (1693)

【バンコク2021年7月27日PR Newswire=共同通信JBN】タイの有力なブレーキメーカーであるCompact International(1994) Co.,Ltd.は、電気自動車のブレーキのための研究開発を進め電気自動車技術の大きな変化に応えるとともにすべての顧客に最も安全なドライブを提供することを目指している。同社は研究開発に投資し、電気自動車のブレーキ製造をサポートして、技術作業の領域拡大に対応できる有能な人材を育成する。生産能力を拡大するための製造技術とオートメーションへの投資は、より多くの輸出と新しい電気自動車の動向に応える。

同社はASEANの自動車企業の拡大に伴って高まる需要に応えることを見据えて、2007年にASEANで最も革新的かつ完全なツールのすべてを備えたBrake Development and Testing Center(ブレーキ開発・試験センター)を設立した。Compact International(1994) Co.,Ltd.は、専門家からの最先端装置の貢献を受け、製造工程、最高素材の選択を最優先している。同社の研究開発は、一体化された同社所有のBrake Development and Testing Centerで正式に行われている。

Compact International(1994) が純益の30%をBrake Development and Testing Centerに投資したのは、研究開発が新しいイノベーションを見つけるための核であると確信したからである。高い柔軟性を備えダストを可能な限り付着させないように設計されたブレーキは、損傷を受けたブレーキディスクによって生じるノイズや車輪のダークダストを防ぐ。この製品は、同社のASEAN唯一の研究開発・ブレーキ試験センターの監視の下で、オペレーティングルームやテストドライブで試験されてきた。

さらに同社は、2025年のブレーキ製造で銅使用を禁じた米国の規定から派生した動きに対処して銅成分を含まない最新の高品質ブレーキも製造することができる。

▽Compact International(1994) について
Compact International(1994) Co.,Ltd.は、45年以上の実績があるブレーキメーカーである。同社は製造工程をマスターし、あらゆる種類のユーザーを満足させることができる商用および輸送の両目的向けのさまざまな製品を提供している。製品は、乗用車からトラック、バスに及んでいる。同社は研究開発の可能性を向上させるために、国内をはじめ日本、英国、米国の海外の専門家を含む社内顧問を擁している。

Compact International(1994) Co.,Ltd.は、ドライブおよび自動ブレーキの安全性のためにブレーキ素材の徹底した総合的な研究開発を優先している。これを優先することで、電気自動車技術における大幅な変化に応え、すべての顧客に最も安全なドライブを提供することができる。

ソース:Compact International(1994) Co.,Ltd.

添付画像リンク:
Link: http://asianetnews.net/view-attachment?attach-id=397062
(画像説明:Compact International(1994) は電気自動車の有力なブレーキメーカーになることを目指す)

徳島新聞WEBの「ニュースリリース(メディア向け発表資料)」は、リリース配信会社が発行する企業や団体が提供する情報を受け、加工せずに掲載しています。このサイトに掲載しているニュースリリースに掲載されている製品、サービスの品質・内容については、徳島新聞社は保証致しません。また掲載されている文言、写真、図表などの著作権はそれぞれの発表者に帰属します。リリースに掲載されている製品に関するお問い合わせは、各企業・団体にご連絡ください。 徳島新聞WEB上のデータの著作権は徳島新聞社に属し、私的に利用する以外の利用は認められません。