配信元:@Press

法政大学(総長:廣瀬 克哉)では、SDGs達成のための教育・研究の推進及び学外との連携による多様なプロジェクトを積極的に展開するための新たなプラットフォームとして、「法政大学SDGsパートナーズ(HSP)」を設立し、募集を開始しています。
HSPでは、本学の知的蓄積と企業や自治体等パートナーの力を融合させることで、新たな価値を創造し、答えのない社会的課題に、新たな解を生み出し得る次世代のSDGs人材育成を目指します。


【本件のポイント】
・法政大学とともに、次世代のSDGs人材を育成する産官学のパートナーを幅広く募集
・SDGs実践知ゼミナール*、SDGsフィールドワーク、など多彩な教育プログラムを協働で展開
・パートナーと学生の交流会、パートナー同士の交流会をオンライン・オフラインで実施
・SDGsアイディアソンでは、学生がパートナーと協力し、柔軟な発想で課題解決を目指す

◆対象
HSPの趣旨に賛同する企業・自治体・NPO・大学等(部局単位や大学研究室単位も可)

◆HSP設立の背景と期待される効果
SDGsには、取り組むべき主体や取り組むための手法は定められておらず、取り組む主体の数だけSDGsの実践例があります。これはSDGsの最大の特長であり、SDGsが全世界で推進されている理由の1つでもあると考えています。本学では、この一つ一つの実践例を「財産」と捉え、それらを次世代へと引き継ぐためのプラットフォームとして、HSPを設立しました。HSPで展開する多様なプロジェクトにより、学生の視野を広げ、課題解決のための知見・知性を培い、あらゆる場所へSDGs人材を輩出することが期待できます。

◆パートナーのメリット
HSPでは、次世代のSDGs人材の育成だけではなく、法政大学が持つ知的・人的資源と産官学の多様なパートナーが持つ実践力を融合させ、新たなオープンイノベーションを起こすことも同時に目指しています。SDGsに関連する研究や教育を推進している教職員とパートナーとの交流や、パートナー同士が交流する機会を積極的に設け、単独では解決が難しい課題に対してパートナーシップでアプローチをすることが可能となります。HSPでは、SDGs人材育成を通じた社会貢献と、パートナーシップを軸とした目標達成の2つを基盤とし、持続可能な社会の構築への貢献を目指します。


*SDGs実践知ゼミナール
SDGs実践知ゼミナールとは、SDGsの全体像を理解した上で、SDGsを横断的に思考する力を身に付ける課外プログラムです。SDGs達成に積極的に取り組む自治体や企業等による講演やワークショップを通じて、机上だけではないSDGsの実践を体験します。2021年度春学期にパイロット実施し、法政大学・関西大学の学生13名が参加しました。秋学期からは、さらに拡充して実施します。


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

徳島新聞WEBの「ニュースリリース(メディア向け発表資料)」は、リリース配信会社が発行する企業や団体が提供する情報を受け、加工せずに掲載しています。このサイトに掲載しているニュースリリースに掲載されている製品、サービスの品質・内容については、徳島新聞社は保証致しません。また掲載されている文言、写真、図表などの著作権はそれぞれの発表者に帰属します。リリースに掲載されている製品に関するお問い合わせは、各企業・団体にご連絡ください。 徳島新聞WEB上のデータの著作権は徳島新聞社に属し、私的に利用する以外の利用は認められません。