配信元:共同通信PRワイヤー

定置用リチウムイオン蓄電池の生産能力向上 エネルギー事業拡大

2021年7月28日

長瀬産業株式会社


キャプテックス 設備投資を決定 定置用リチウムイオン蓄電池の生産能力向上 エネルギー事業拡大

 

長瀬産業株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:朝倉 研二、以下「長瀬産業」)のグループ会社で、蓄電関連の技術・開発・製造に強みを持つ株式会社キャプテックス(本社:愛知県岡崎市、代表取締役社長:黛 洋平、以下「キャプテックス」)が設備投資を決定いたしました。

 

キャプテックスは、住宅や産業等用途で活用される定置用リチウムイオン蓄電池の開発・製造を手掛けており、今回の設備投資を通じて、定置用リチウムイオン蓄電池製造の建屋・設備を増設いたします。

NAGASEグループでは定置用リチウムイオン蓄電池の生産能力向上を通じてエネルギー事業の拡大を目指しており、今回の設備投資を通じて2020年度において約8MWh(メガワットアワー/定置用リチウムイオン蓄電池の容量を表す単位)の出荷容量を、2022年度には約100MWhまでに向上させる生産体制を構築いたします。生産能力の向上を通じて、日本市場におけるNAGASEグループの定置用リチウムイオン蓄電池のシェアを、2022年度には10%程度まで拡大する計画です。

 

NAGASEグループは、2021年度を初年度とする新中期経営計画「ACE 2.0」において、経済価値と社会価値の追求を掲げています。

高性能・高機能な先端技術を用いたエネルギー分野におけるトータルソリューションの提供を通じて、「人々が安心・安全で快適に暮らせる温もりある社会の実現」を目指します。

 

【表:https://kyodonewsprwire.jp/prwfile/release/M105348/202107288225/_prw_PT1fl_Lzo0N8L3.png

株式会社キャプテックスについて

長瀬産業の子会社で、リチウムイオン蓄電池モジュール、パック、システムの開発、設計、製

造、評価を手掛けるメーカー。産業向けや家庭向けなど様々な用途に試作開発から量産まで、

リチウムイオン蓄電池のワンストップサービスを提供しています。

 

 

◆本件に関するお問い合わせ先

長瀬産業株式会社 URL:https://www.nagase.co.jp/

 

<事業に関するお問い合わせ>

情報通信・エネルギー事業室 TEL:03-3665-3183

 

<報道に関するお問い合わせ>

コーポレートコミュニケーション本部 広報・ブランディング室 

TEL:03-3665-3640

徳島新聞WEBの「ニュースリリース(メディア向け発表資料)」は、リリース配信会社が発行する企業や団体が提供する情報を受け、加工せずに掲載しています。このサイトに掲載しているニュースリリースに掲載されている製品、サービスの品質・内容については、徳島新聞社は保証致しません。また掲載されている文言、写真、図表などの著作権はそれぞれの発表者に帰属します。リリースに掲載されている製品に関するお問い合わせは、各企業・団体にご連絡ください。 徳島新聞WEB上のデータの著作権は徳島新聞社に属し、私的に利用する以外の利用は認められません。