配信元:@Press

丼チェーン「伝説のすた丼屋」「名物すた丼の店」を運営する株式会社アントワークス(所在地:東京都中野区、代表取締役社長:早川 淳)は、2021年8月2日(月)より『伝説のすたみなロースカツ丼』を全国の店舗(一部店舗を除く)にて期間限定販売いたします。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/269437/LL_img_269437_1.jpg
『伝説のすたみなロースカツ丼』 ¥980(税込)

【どんぶりブームに一石を投じる伝説の一杯!】
新型コロナウイルスの感染拡大が続き、東京オリンピックも始まったことでテイクアウト・デリバリーの需要は高まる一方となっております。外出自粛やテレワーク、オリンピック観戦などで“おうち時間”が増える中、一人でも手軽に食べられるという理由から、多様なテイクアウト・デリバリー商品の中でも特に「どんぶり」商品の人気が高まっております。 「どんぶりブーム」ともいえるこの状況下で、“大盛り丼界のパイオニア” を自負する当店はこのブームに一石を投じるべく、人気のどんぶりランキングなどで必ず上位にランクインする「カツ丼」を斬新にアレンジし、「カツ丼」の定義を覆す革命的などんぶりを開発いたしました。


【どんぶり革命!“伝説の”所以】
<革命その1> 前代未聞!大量のニンニク投入!

通常、カツ丼にはニンニクを使用しません。香りが強いニンニクによって、かつおぶしなどのダシの風味が消えてしまうためです。しかし、「伝説のすたみなロースカツ丼」はニンニクをすりおろしではなく、粗挽きにし、タレとは別に炒めることでダシの風味を残しつつニンニクの香りを出すことに成功しております。カツ丼の魅力であるダシのやわらかな風味・旨みを残しつつ、当店ならではのガッツリとニンニクが利いた味わいに仕上げました。

<革命その2> ふんわり卵とカツのサクサク感を両立!

カツ丼はカツとタマネギを醤油味の割下で煮込み、卵とじにしてご飯にのせた料理ですが、「伝説のすたみなロースカツ丼」は茶わん三杯分もの大盛りご飯の上に、三元豚を使用した130gの肉厚で大判なロースカツを乗せ、その上に豚バラ肉とタマネギを焼津産かつおぶしの香り豊かなダシと秘伝のニンニク醤油ダレを合わせた『特製すたみなカツダレ』で煮込み、卵とじにしたものをかけた料理となっております。
カツをあえて卵とじにしないことで、ふんわりとした卵の食感を残しつつ、カツのサクサク感がそのまま味わえるよう工夫しました。

<革命その3> ただのカツ丼ではない!すた丼とのコラボどんぶり

当商品は、大判のロースカツのほかに、秘伝のニンニク醤油ダレで漬け込んだ豚バラ肉を使用しております。厚切りロース肉と薄切りバラ肉の2つの味わいが一杯で召し上がれる、当店にしか提供できない特別なカツ丼に仕上げました。並盛でも満足できる総重量約800gのボリュームとスタミナ満点の一品です。


【“大盛り丼界のパイオニア”ならではのボリュームアレンジも!】
当店は“すた丼”をはじめとする商品のボリュームに定評をいただいていますが、お客様の4人に1人は、さらに肉やご飯の増量を注文されます。そんなさらなるボリュームを求める方へ、並盛のボリュームはそのままに、”秘伝のニンニク醤油ダレ”をベースに酒と合わせた特製ダレにしっかりと漬け込みニンニクのパンチをガツンと効かせた当店自慢の『すたみな唐揚げ』3個を合盛りにした『伝説の唐揚げ合盛りすたみなロースカツ丼』と、カツを2枚にし、豚バラ肉を並の2倍に増量したインパクト抜群の『伝説のすたみなロースカツW盛り丼』も発売いたします。
“大盛り丼界のパイオニア”を自負する当店は、さまざまなボリュームアレンジでお客様のニーズにお応えしてまいります。

画像2: https://www.atpress.ne.jp/releases/269437/LL_img_269437_2.jpg
左から『伝説のすたみなロースカツ丼』『伝説の唐揚げ合盛りすたみなロースカツ丼』『伝説のすたみなロースカツW盛り丼』

【テイクアウトやデリバリーで“おうち時間”のお供に】
当商品は、テイクアウトや各種デリバリーサービスでも販売いたします。店内を利用するのは心配という方でも、お気軽にご利用いただけます。
ニンニクをたっぷりと使用したスタミナ満点の商品ですので、“テレワーク”中のランチタイムや忙しい時の家での夕食だけでなく、オリンピックを自宅で応援する際の手軽なお食事にもおすすめです。
※テイクアウト、各種デリバリーサービスでの販売価格は、店内でご飲食の場合と異なります。


【店内でも安心してお召し上がりいただけます!】
当店では、お客様に安心・安全にお食事を提供するため、下記のような取り組みを行っております。

<衛生管理の徹底>
■従業員の検温などの体調の観察および管理の徹底
■定期的な手洗いの実施・強化
■手指・客席のアルコール消毒強化
■食器や調理器具の定期洗浄・殺菌徹底 など

<飛沫感染防止対策>
■テーブル席はパーテーションで仕切る、もしくは座席を間引きし、ソーシャルディスタンスを確保
■店頭にて順番をお待ちいただく際も可能な限り2mの間隔を空けてのご案内を実施
■レジには飛沫防止シートを設置
■券売機にはタッチペンを設置し、徹底したアルコール消毒を実施
■会計には電子マネーやバーコード決済など、接触を伴わない会計方法を推奨 など

複数人での外食の自粛が呼びかけられておりますが、当店では徹底した感染拡大防止の取り組みを行い、店内でも安心してお食事いただけるよう、日々の業務に励んでおります。


【『伝説のすたみなロースカツ丼シリーズ』商品概要】
■販売商品・価格
・伝説のすたみなロースカツ丼 980円(税込)
・伝説の唐揚げ合盛りすたみなロースカツ丼 1,180円(税込)
・伝説のすたみなロースカツW盛り丼 1,380円(税込)

■発売日:2021年8月2日(月)より期間限定

■販売店舗:「伝説のすた丼屋」「名物すた丼の店」全国各店舗
※下記店舗では販売しておりません。
談合坂SA店・清水PA店・アリオ橋本店・駒込店・中野新橋店・東大和店・
ダイバーシティ東京プラザ店・Pasar蓮田(上り線)店・尼崎店・梅田豊崎店・
豊中店・十三店・藤沢店・松戸みのり台店・草加店・上新庄店・
江の島店・茨木店
※一部店舗では価格が異なる場合がございます。


【「伝説のすた丼屋」概要】
<“すた丼”とは・・・>
“すた丼”とは、低温で油通しし余分な脂を溶かし落としつつ旨味を閉じ込めたジューシーで柔らかな豚バラ肉に“秘伝のニンニク醤油ダレ”を絡めて、高火力と中華鍋を操る職人技で一気に炒め上げ、並盛でも茶碗約3杯分もの大盛りご飯の上に盛ったスタミナとボリューム満点の丼ぶりです。

<コロナ禍でも店舗を増やす!すた丼屋の「強み」とは>
2020年は“今年の漢字”に「密」が選ばれるなど新型コロナウイルスの年となってしまいました。感染拡大が猛威を振るい、多くの飲食企業・飲食店が倒産や店舗の閉店を余儀なくされる中、「伝説のすた丼屋」は2020年も店舗数を8店舗増加させることができ、現在106店舗を展開しております。
当店もイートインでのご来店は減少しており、コロナの影響は免れておりませんが、「Uber Eats」「出前館」といったデリバリーサービスを利用することで売上を伸ばし、運営の継続が図れております。
デリバリー好調の要因は、高いリピート率を生み出す商品力であり、2回以上ご注文いただいているリピーターの割合は半分以上を占めております。創業者の『安くて旨いものを腹いっぱい食べさせてやりたい』という想いを受け継いだ伝統の味とボリュームのインパクト、さらにネットニュースなどで多数取り上げられる斬新な商品開発が高い支持を生んでおります。

また、コロナ禍において「免疫力」や「体力増強」につながる料理が関心を集め、当店のニンニクをたっぷりと使用した“すたみな”丼が情報番組などのテレビメディアにも取り上げられるほど注目されていることも注文増加を後押ししております。加えて、イートインでのご利用に抵抗のある女性やファミリーなどの新規顧客の獲得にもつながっております。
2020年10月にはこのデリバリーの強みを生かし、デリバリー専門店「梅田豊崎店」「豊中店」を大阪にオープン、翌月11月の「尼崎店」などと合わせて、現在では8店舗のデリバリー専門店を展開しております。

また、2020年12月にはウィズコロナ時代における新スタイルの店舗として、初の持ち帰り・デリバリー専門店「青戸店」をオープンしました。「青戸店」では想定よりも多くのお客様に利用いただいており、ウィズコロナ時代の持ち帰り需要の高まりを強く感じております。
2021年7月には同持ち帰り・デリバリー専門店の5号店「駒込店」をオープンいたしました。今後も現存する店舗でのデリバリーサービスではお届けできない地域への持ち帰り・デリバリー専門店の出店を加速させてまいります。


【会社概要】
■社名 : 株式会社アントワークス
■本社所在地 : 〒164-0001 東京都中野区中野3-33-3 インツ中野ビル5F
■代表取締役社長: 早川 淳
■事業内容 : 飲食事業「伝説のすた丼屋」「名物すた丼の店」
「デンバープレミアム」「伝説のステーキ屋」「き久好」
「大衆食堂 にぎわい満腹食堂」運営
■創業/設立 : 1971年/1989年
■資本金 : 4,500万円
■従業員数 : 社員219名、アルバイト1,423名(2021月6月末日)
■URL : http://antoworks.com/


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

徳島新聞WEBの「ニュースリリース(メディア向け発表資料)」は、リリース配信会社が発行する企業や団体が提供する情報を受け、加工せずに掲載しています。このサイトに掲載しているニュースリリースに掲載されている製品、サービスの品質・内容については、徳島新聞社は保証致しません。また掲載されている文言、写真、図表などの著作権はそれぞれの発表者に帰属します。リリースに掲載されている製品に関するお問い合わせは、各企業・団体にご連絡ください。 徳島新聞WEB上のデータの著作権は徳島新聞社に属し、私的に利用する以外の利用は認められません。