配信元:@Press

練馬文化センターは、2021年10月30日(土)、31日(日)の2日間にわたり、「イッセー尾形の妄ソー劇場その4」を開催します。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/269385/LL_img_269385_1.jpg
チラシ表

マーティン・スコセッシ監督『沈黙-Silence-』や、この夏全国公開される最新作映画『太陽の子』をはじめ、映画・ドラマ・舞台など数々の作品で唯一無二の存在感を放つ名優・イッセー尾形が、多彩なキャラクターを演じる一人芝居。2019年、2020年に続き、3年連続で練馬文化センター公演の開催が決定しました。

夏目漱石や川端康成ら文豪作品に登場する脇役らの日常を描き出す、これまでの“文豪シリーズ”から一転、今回イッセー尾形は激動の時代である「今」を独自の視点で見つめ、「この時代だからこその人物たち」を創り上げました。
「目に見えぬ脅威が目に見える混乱を引き起こして二年になります。この時代だからこその人物たちを造って、皆さんと笑い合いたいです!」とイッセー尾形は語ります。

演目は、東京初演となる新作「中華屋のおばさん」「小田急ハルクにて」「首都高自転車男。」「国会中継」などを予定。「どんな時代になっても不変な逞しい人物を作ってみたい!」という着想から生まれた「中華屋のおばさん」をはじめ、ロリータ系ファッションに身を包む少女、自転車で首都高に現れた謎の老人、政治家など、老若男女のユーモア溢れる人物たちを生き生きと描き出します。

先行予約は練馬区文化振興協会ホームページ、およびチケットぴあにて、8月1日より申込受付を開始します。チケット完売必至の本公演、ぜひ先行予約をご利用ください。


■公演概要
公演名 : イッセー尾形の妄ソー劇場 その4
出演 : イッセー尾形
イッセー尾形公式ホームページURL( https://issey-ogata-yesis.com/ )
日時 : 2021年10月30日(土)19:00開演/10月31日(日)15:00開演
会場 : 練馬区立練馬文化センター 小ホール
所在地 : 東京都練馬区練馬1-17-37
アクセス : 西武池袋線・西武有楽町線・副都心線直通、
都営地下鉄 大江戸線「練馬駅」中央北口より徒歩1分
料金 : 全席指定5,000円
演目 : 「中華屋のおばさん」「小田急ハルクにて」
「首都高自転車男。」「国会中継」他
※演目は都合により変更となる場合がございます。
主催・問合せ: 練馬文化センター(公益財団法人練馬区文化振興協会)03-3993-3311
企画協力 : イッセー尾形事務所


■先行予約情報
【チケットぴあプレリザーブ(抽選)】
http://t.pia.jp/ Pコード 507-693

申込期間:2021年8月1日(日)11:00~8月7日(土)11:00

【練馬文化センター インターネット先行抽選予約(抽選)】
https://yyk1.ka-ruku.com/neribun-s/showList

申込期間:2021年8月13日(金)10:00~8月17日(火)17:00


■一般発売
2021年8月29日(日)10:00
プレイガイド
予約電話(03-3948-9000)、WEB https://www.neribun.or.jp (要利用登録【無料】)、練馬文化センター・大泉学園ゆめりあホール窓口、チケットぴあ http://t.pia.jp/ (Pコード 507-693)


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

徳島新聞WEBの「ニュースリリース(メディア向け発表資料)」は、リリース配信会社が発行する企業や団体が提供する情報を受け、加工せずに掲載しています。このサイトに掲載しているニュースリリースに掲載されている製品、サービスの品質・内容については、徳島新聞社は保証致しません。また掲載されている文言、写真、図表などの著作権はそれぞれの発表者に帰属します。リリースに掲載されている製品に関するお問い合わせは、各企業・団体にご連絡ください。 徳島新聞WEB上のデータの著作権は徳島新聞社に属し、私的に利用する以外の利用は認められません。