配信元:共同通信PRワイヤー

~抗菌・抗ウイルス成分配合でより衛生的かつ通電性が向上~

2021年8月2日
株式会社ホーマーイオン研究所

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
医療機関、介護施設、ご家庭でも電気刺激装置の衛生対策
8月2日に「抗菌通電液クリーンパワー」新発売
~抗菌・抗ウイルス成分配合でより衛生的かつ通電性が向上~
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

低周波治療器などの医療機器メーカーである株式会社ホーマーイオン研究所(本社:東京都渋⾕区、代表者:秋本裕正)は、昨今の高い衛生対策ニーズに対して、この度、当社オリジナル製品のベルト電極式電気刺激装置の電極部分に使用できる「抗菌通電液クリーンパワー」を 2021年8⽉2日に発売します。本製品による雑菌除去、臭い防止、撥水防止、通電性の向上、肌に優しく低刺激など、電気刺激装置の快適な使い心地を実現しました。

 
 
【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202107207928-O1-h71Nx7nu

 
【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202107207928-O2-DKEcVFeI
 

 
「抗菌通電液クリーンパワー」商品紹介ページ http://www.homerion.co.jp/products/cleanpower.shtml

低周波治療器などの電気刺激装置では人体に通電する際に、皮膚への電気抵抗値を下げる目的で水分を介在させることが最も有効です。そのことにより皮膚への電気的なピリピリ感を低減することができます。そのような中、当社製品のユーザーからは、毎日の電極洗浄の手間や、複数の使用者で使用する際の衛生管理などの課題解決が望まれていました。

そこで当社では、抗菌・抗ウイルス成分であるポリアミノプロピルビグアニドと保湿など肌を整える成分であるパンテノールを主成分として配合した抗菌通電液を開発しました。本製品は雑菌除去・臭い防止(※)を可能にし、洗濯の手間を軽減することができます。また電極含水部の撥水を防止することにより、電極部分の含有水分量を減らし、不用意に衣服等が濡れてしまうことを防止します。更に伝導率が高い本成分により通電性が向上する(※)ことで電気的なピリピリ感が低減する、肌に優しく低刺激であるなど、電気刺激装置をより安全に、より快適にお使いいただけます。
(※開発段階の自社試験で確認済み。最終製品でも試験中。)

 
【ベルト電極式電気刺激装置とは】
当社からは医療機関向け「G-TES」、業務用「パルスケア」、家庭用「パルストレーナー」の3機種をリリースしています。
特に医療機関向けは「ベルト電極式⾻格筋電気刺激法(B-SES)」という治療法として認知されており、全国約 800 の医療施設で導⼊されています。ベルト状の電極を腰・膝上・⾜⾸に巻き付け筒状に電気を流すことで下肢全ての筋⾁を収縮させます。他動的な運動のため寝たきりなどの患者にも⽤いることができ、⾃発的な運動と⽐べて息苦しさや動悸などの呼吸器・循環器系や関節への負担が少ないというメリットがあります。また、従来のパッドを⽤いる電気刺激法と異なり、電極⾯積が⼤きいため1ヶ所あたりの電位分布が分散され、ピリピリとした痛みが少ないことも特⻑です。⻑期⼊院等による筋⼒の衰えを防ぐため、リハビリ期間の短縮や早期離床にもつながり、医療施設と患者両⾯の負担の軽減も期待されています。
また、「パルスケア」「パルストレーナー」は「G-TES」を基にして開発され、様々な施設やご家庭でも安全にご使用頂ける機器となっております。

 
【商品概要】
商品名:抗菌通電液クリーンパワー
ボトル容量:4L
成分:水、パンテノール、ポリアミノプロピルビグアニド
価格:9,900円(税込)

 
【株式会社ホーマーイオン研究所について】
1931 年に前⾝となる「⾼周波電気治療所」を開設。以来、⻑年にわたり“⽣体と電気”を研究し、低周波治療器、睡眠導⼊器、イオン導⼊器及び基礎化粧品などの商品開発を⾏ってまいりました。「美と健康を基本として英知を結集する」を経営理念として、常に先進的な商品をプロデュースしています。

本社:〒150-0045 東京都渋⾕区神泉町17番2号
代表者:代表取締役社⻑ 秋本裕正
事業内容:理学診療機器・家庭⽤治療機器・美容機器の製造販売
基礎化粧品の製造販売、低周波電気刺激の⽣体反応を応⽤し、周辺機器の開発
URL:http://www.homerion.co.jp

 

徳島新聞WEBの「ニュースリリース(メディア向け発表資料)」は、リリース配信会社が発行する企業や団体が提供する情報を受け、加工せずに掲載しています。このサイトに掲載しているニュースリリースに掲載されている製品、サービスの品質・内容については、徳島新聞社は保証致しません。また掲載されている文言、写真、図表などの著作権はそれぞれの発表者に帰属します。リリースに掲載されている製品に関するお問い合わせは、各企業・団体にご連絡ください。 徳島新聞WEB上のデータの著作権は徳島新聞社に属し、私的に利用する以外の利用は認められません。