配信元:@Press

ライオン株式会社(代表取締役社長・掬川 正純)は、機能性関与成分「ラクトフェリン」「乳酸菌K-1(L. casei 327)」を含有する機能性表示食品『腸まで届けるナイスリムエッセンス ラクトフェリン 乳酸菌PLUS』を、2021年8月2日(月)から通信販売限定にて新発売いたします。


【届出表示】
本品にはラクトフェリン、乳酸菌K-1(L. casei 327)が含まれます。ラクトフェリンは、肥満気味な方のおなかの脂肪(内臓脂肪)を減らすのを助け、高めのBMIの改善に役立つことが報告されています。乳酸菌K-1(L. casei 327)は、おなかの調子を整え、お通じの改善を助けることが報告されています。また、乳酸菌K-1(L. casei 327)は、肌の潤いを逃がしにくくし、肌を乾燥から守る機能(バリア機能)を維持することが報告されています。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/269247/LL_img_269247_1.jpg
商品画像

1. 発売の狙い
近年、社会情勢の変化などを背景に、健康維持に投資する機運が高まっており、「身体の中から整える」インナーケアにも関心が寄せられています。
そこでこの度、脂肪対策サプリメントである「ラクトフェリン」シリーズから、「Glow×Grow」をキーメッセージとした『腸まで届けるナイスリムエッセンス ラクトフェリン 乳酸菌PLUS』を新発売いたします。忙しい日々に流されず、輝きつづける自分でありたい、そう願う方を応援します。


2. 販売開始日 2021年8月2日(月)発送開始(通信販売限定)


3. 商品名・容量・価格
商品名 :腸まで届けるナイスリムエッセンス ラクトフェリン 乳酸菌PLUS
容量 :124粒(※1)(31日分)
販売価格(※2):7,419円(税込)

(※1):摂取目安量は1日4粒です。 (※2):送料は無料です。


4. 商品メッセージ「Glow×Grow」
「Glow×Grow(グローバイグロー)」は、輝き(Glow)と成長(Grow)をかけあわせた商品メッセージです。インナーケアにより内面から湧き出た自信(=輝き)は、次の一歩を踏み出す原動力になり、新しい自分への出会い(=成長)につながると考え、そのきっかけを応援したい、という想いを込めました。

Glow×Grow画像
https://www.atpress.ne.jp/releases/269247/img_269247_2.png


5. 商品特長
(1)機能性関与成分がもたらす3つのインナーケア
[1]「お通じ」の改善を助ける
乳酸菌K-1(L. casei 327)は、おなかの調子を整え、お通じの改善を助けることが報告されています。

<試験期間>2週間
■試験概要
便秘気味の健康な男女(n=95)を対象に、乳酸菌K-1(L. casei 327)を500億個/日を含む食品あるいは含まない食品を2週間摂取してもらい、お通じの状態(排便回数、日数、量)の変化を調べた。
その結果、摂取2週間後に、排便回数の変化量、排便日数の変化量、排便量の変化量、共に有意な差が見られた。
出典:Bioscience of Microbiota, Food and Health.2018;37[3]:59-65.
(届出に使用した研究論文(1報)の結果を記載しています。)

お通じのグラフ
https://www.atpress.ne.jp/releases/269247/img_269247_3.png


[2]「肌」のバリア機能を維持する
乳酸菌K-1(L. casei 327)は、肌の潤いを逃がしにくくし、肌を乾燥から守る機能(バリア機能)を維持することが報告されています。

<試験期間>8週間
■試験概要
肌が乾燥気味で便秘傾向の健康な女性(n=58)を対象に、乳酸菌K-1(L. casei 327)を1000億個/日を含む食品あるいは含まない食品を8週間摂取してもらい、肌のバリア機能の指標として、肌から水分が蒸散する量(経皮水分蒸散量)を調べた。その結果、摂取4週間後に、経皮水分蒸散量の変化量に有意な差が見られた。
出典:Bioscience of Microbiota, Food and Health.2017;36[3]:111-120.
(届出に使用した研究論文のうち、腕(1報)の結果を記載しています。)

肌のグラフ
https://www.atpress.ne.jp/releases/269247/img_269247_4.png


[3]おなかの「脂肪」を減らすのを助ける
ラクトフェリンは、肥満気味な方のおなかの脂肪(内臓脂肪)を減らすのを助け、高めのBMIの改善に役立つことが報告されています。

<試験期間>12週間
■試験概要
肥満気味の健康な男女(n=107)を対象に、ラクトフェリン250mg/日を含む食品あるいは含まない食品を12週間摂取してもらい、腹部内臓脂肪面積とBMIの変化を調べた。その結果、摂取12週間後に、腹部内臓脂肪面積の変化量、BMIの変化量、共に有意な差が見られた。
出典:Jpn Pharmacol Ther.2020;48[7]:1179-1185.
(届出に使用した研究論文のうち、製品に配合する量と同じ摂取量の結果を例示しています。)

脂肪のグラフ
https://www.atpress.ne.jp/releases/269247/img_269247_5.png


(2)腸からのアプローチ
ラクトフェリンと乳酸菌K-1(L. casei 327)は、いずれも腸から働きかけることにより、お通じの改善・肌のバリア機能維持・おなかの脂肪(内臓脂肪)の減少、をサポートすると推定しています。

〔推定作用メカニズム〕
[1]「お通じ」の改善を助ける
腸まで届いた乳酸菌K-1(L. casei 327)が、腸を動かすシグナル物質の産生を増やし、蠕動運動を促すので、お通じの改善を助けると推定しています。

[2]「肌」のバリア機能を維持する(肌の潤いを逃がしにくくし、肌を乾燥から守る機能の維持)
腸まで届いた乳酸菌K-1(L. casei 327)が、セラミドを増やすのを助け、肌のバリア機能を維持すると推定しています。

[3]おなかの「脂肪」を減らすのを助ける
腸まで届いたラクトフェリンが、脂肪の合成を抑制し、分解を促進させることで、おなかの脂肪(内臓脂肪)を減らすのを助けると推定しています。


(3)当社独自コーティング技術
機能性関与成分であるラクトフェリンは、胃酸に弱く、そのまま摂取すると分解されてしまいます。そのため、特殊なコーティング技術(※3)を開発し、胃の「強い酸の中」でも溶けださないよう、ラクトフェリンを腸まで届けることを目指しました。
(※3):特許第6304234号

コーティング技術画像
https://www.atpress.ne.jp/releases/269247/img_269247_6.png

[実験内容]
胃の中を再現した「強い酸の中」で、ラクトフェリンが溶け出すかをコーティングなしとコーティングありで実験。コーティングありの粒は溶けず、ラクトフェリンが酸から守られていることを確認しています。(実験であり、体内の作用と異なる場合があります。)


機能性関与成分:ラクトフェリン 250mg
乳酸菌K-1(L. casei 327) 1000億個(一日摂取目安量4粒あたり)

届出表示:本品にはラクトフェリン、乳酸菌K-1(L. casei 327)が含まれます。
ラクトフェリンは、肥満気味な方のおなかの脂肪(内臓脂肪)を減らすのを助け、高めのBMIの改善に役立つことが報告されています。乳酸菌K-1(L. casei 327)は、おなかの調子を整え、お通じの改善を助けることが報告されています。また、乳酸菌K-1(L. casei 327)は、肌の潤いを逃がしにくくし、肌を乾燥から守る機能(バリア機能)を維持することが報告されています。

主な対象者:肥満気味の健康な方。便秘気味の方。便秘気味で肌が乾燥しがちな方。
(未成年者、疾病に罹患している者、妊産婦(妊娠を計画している者を含む。)及び授乳婦を除く。)

届出番号:F780

◎本品は、疾病の診断、治療、予防を目的としたものではありません。
◎本品は、事業者の責任において特定の保健の目的が期待できる旨を表示するものとして、消費者庁長官に届出されたものです。ただし、特定保健用食品と異なり、消費者庁長官による個別審査を受けたものではありません。
◎食生活は、主食、主菜、副菜を基本に、食事のバランスを。


『LION ウェルネスダイレクト』
URL: https://www.lionshop.jp/


<消費者の方> ライオン通販お客様センター 0120-056-208


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

徳島新聞WEBの「ニュースリリース(メディア向け発表資料)」は、リリース配信会社が発行する企業や団体が提供する情報を受け、加工せずに掲載しています。このサイトに掲載しているニュースリリースに掲載されている製品、サービスの品質・内容については、徳島新聞社は保証致しません。また掲載されている文言、写真、図表などの著作権はそれぞれの発表者に帰属します。リリースに掲載されている製品に関するお問い合わせは、各企業・団体にご連絡ください。 徳島新聞WEB上のデータの著作権は徳島新聞社に属し、私的に利用する以外の利用は認められません。