配信元:@Press


仕事用コミュニケーションアプリ(スマートフォンアプリ)「BiSE(バイス)」を提供する合同会社KBC(神奈川県川崎市 代表社員 小林慶志郎)は、2021年8月2日にフリーランスや副業で“一緒に楽しく働く仲間”を見つけるための無料オープンコミュニティ「.ippo(ドットいっぽ)」の運営をスタートしました。
たくさんの出会いを生み出せるよう、引き続き参加メンバーを募集しています。


画像 : https://newscast.jp/attachments/WB9TbWQSjxEYHEeUBX87.jpeg


フリーランスで働いているけど同業の知り合いがいない、副業を始めたいけど、一人ではどうしていいか分からない。そんな悩みを抱えている人は多いのではないでしょうか?
そんな人たちが集まって情報交換したり仲間づくりするための場所が必要だと考え、弊社が展開するコミュニケーションアプリ(スマートフォンアプリ)「BiSE(バイス)」を使った無料のオープンコミュニティ(※)の運営を8月2日に開始しました。
※オープンコミュニティ:申請いただければどなたでも参加可能な出入り自由のコミュニティのことです
「フリーランスや副業は一人でやるもの」と考えている方も多いですが、仲間と一緒なら情報交換を通じてもっとスキルも伸ばせるし、苦手な仕事を仲間に依頼して自分の特技にフォーカスしてパフォーマンスを高めることもできるかもしれません。
単純な仕事の受発注であれば、クラウドソーシングサービス等で簡単に見つけることはできます。ですが、そこでの関係はあくまで特定の作業に関する”契約関係”に留まることが大半です。
「.ippo(ドットいっぽ)」が目指すのは、”契約関係”を超えた”信頼関係”を築ける場です。
”一緒に働く”仲間は、誰でもいいわけではありません。
コミュニティの中で様々な質問や相談、それらに対する回答コメントなどを通じて、お互いの人となりを知ったうえで、契約関係を超えた人間関係を構築できる場を目指します。


既にフリーランスや副業で活躍されている方だけでなく、新しい分野や新しい働き方に挑戦したい方など、多くの方が新たな「いっぽ」を踏み出すための、後押しをできる場にしていきます。
引き続き多くの方の出会いや助け合いを生み出せるよう、参加メンバーを募集しています。
詳細なコンセプトや、参加申請の手順は公式サイトをご覧ください。


.ippo(ドットいっぽ)公式サイトはこちら : https://www.thebise.com/ippo


スマホアプリ「BiSE(バイス)」と本サービスの提供を通じて、BiSEが掲げるコンセプトである「好きな人と好きな仕事をする世界」の実現に向けて取り組んでまいります。
なお、スマホアプリ「BiSE」は、信頼する仲間とクローズドな(メンバーが限定された)環境で質問や相談など、仕事上のコミュニケーションをとることに特化したアプリです。既存の仲間や「.ippo(ドットいっぽ)」で出会った仲間とBiSEで個別にワークコミュニティを作って、一人一人が互いの強みを生かしながら、"好きな人と好きな仕事をする"ためのサービスを提供しています。
https://www.thebise.com
<スマホアプリBiSEアプリダウンロード用URL>
[AppStore(iOS)]   https://apps.apple.com/jp/app/bise/id1546033392
[PlayStore(Android)] https://play.google.com/store/apps/details?id=com.thebise.bise


【会社概要】


合同会社KBCプロジェクトマネジメントを中心に経営、業務、ITのコンサルティングを行ってきた小林慶志郎(中小企業診断士)が2018年に設立。
数々のクライアント先で仕事との向き合い方に悩む人達に触れ、「働く人達が笑顔で前向きな気持ちで働ける環境づくり」を目指して、業種業界を問わず、幅広い領域でコンサルティングを行っている。また、外部からのコンサルティング支援だけでなく、「働く人の笑顔」に向けてより大きなインパクトを与えるべく、サービス開発に取り組んでいる。
フリーランスの働き方の変革を皮切りに、働くすべての人達の働き方、ひいては生き方を次の時代にシフトさせることを目指して、各種サービス提供を展開していく。




詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

徳島新聞WEBの「ニュースリリース(メディア向け発表資料)」は、リリース配信会社が発行する企業や団体が提供する情報を受け、加工せずに掲載しています。このサイトに掲載しているニュースリリースに掲載されている製品、サービスの品質・内容については、徳島新聞社は保証致しません。また掲載されている文言、写真、図表などの著作権はそれぞれの発表者に帰属します。リリースに掲載されている製品に関するお問い合わせは、各企業・団体にご連絡ください。 徳島新聞WEB上のデータの著作権は徳島新聞社に属し、私的に利用する以外の利用は認められません。