配信元:@Press

マスキングテープを中心とした雑貨ブランドDramaticBlueを運営するDDA(所在地:北海道札幌市、代表:川端 恵理子)は、8月に1本、9月に2本の新作マスキングテープを発売します。


まず、1本目は「Everything」です。
屋上から見える景色のマスキングテープです。夕方から夜への時間移動のグラデーションと、上から下への二種類のグラデーションが美しいデザインです。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/269858/LL_img_269858_1.jpg
屋上のマスキングテープ「Everything」

8月9日から大阪の「いぬけんやさん」という雑貨店で店頭委託販売がございます。
また、8月15日(日)に札幌駅のカラフル会議室で開催の「DramaticBlue一日限定ショップ」でも販売します。


2本目は「All is well -Fall-」です。
こちらは、秋の書斎をテーマにしたテープです。
えんじ色の背景に、オレンジや黄色の紅葉を描きました。青を基調とするデザインをしてきたDramaticBlueとしては、珍しいカラーのテープとなっております。

画像2: https://www.atpress.ne.jp/releases/269858/LL_img_269858_2.jpg
書斎(秋)のマスキングテープ「All is well -Fall-」

9月22日(水)~26日(日)に4プラホールで開催する「DramaticBlueマスキングテープ展」で、お買い物をすると、こちらのマスキングテープを1本プレゼント致します。
後日販売もございますが、カモ井加工紙株式会社製の上質なテープが無料でもらえるチャンスです。


3本目は「All is well -Halloween-」です。
こちらは、DramaticBlueのハロウィーンテープの第二弾です。
「All is well -Fall-」の色違いとなりますが、書斎に蜘蛛の巣が張られていたり、ラベルの看板が欠けていたりと、廃墟感があります。どこか憎めないポップなおばけちゃんも魅力です。

画像3: https://www.atpress.ne.jp/releases/269858/LL_img_269858_3.jpg
書斎(ハロウィーン)のマスキングテープ「All is well -Halloween-」

9月1日から大阪の「いぬけんやさん」という雑貨店で店頭委託販売がございます。
また、9月22日(水)~26日(日)に4プラホールで開催する「DramaticBlueマスキングテープ展」で販売されます。


それぞれのマスキングテープの通販予定は「Everything」は9月3日(金)、「All is well -Halloween-」は10月8日(金)、「All is well -Fall-」は11月5日(金)。いずれも20時からです。お見逃しなく!


■商品概要
商品名: DramaticBlueオリジナルマスキングテープ
サイズ: 24mm
価格 : 屋上のマスキングテープ「Everything」 800円(税込)
書斎(秋)のマスキングテープ「All is well -Fall-」 800円(税込)
※ただし9月は販売せず、展示会でお買い物をすると1本無料プレゼント
書斎(ハロウィーン)のマスキングテープ「All is well -Halloween-」 800円(税込)
詳細 : http://dblue.shop-pro.jp/


■会社概要
商号 : DDA
ブランド名 : DramaticBlue
代表者 : 川端 恵理子
所在地 : 〒062-0931 北海道札幌市豊平区平岸1条8丁目4-29
設立 : 2015年1月
事業内容 : マスキングテープを中心とした文房具雑貨ブランドの運営
URL : http://saikawa0929.blog.fc2.com/


■作家プロフィール■
saikawa/北海道札幌市出身/マスキングテープデザイナー/6年目/自ブランドの他に企業のノベルティーマスキングテープをいくつも担当/デビュー作の電線柄は全国のマスキングテープファンに愛され販売数1万本を突破


【商品に関するお客様からのお問い合わせ先】
DDA
Mail: dda201511@yahoo.co.jp


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

徳島新聞WEBの「ニュースリリース(メディア向け発表資料)」は、リリース配信会社が発行する企業や団体が提供する情報を受け、加工せずに掲載しています。このサイトに掲載しているニュースリリースに掲載されている製品、サービスの品質・内容については、徳島新聞社は保証致しません。また掲載されている文言、写真、図表などの著作権はそれぞれの発表者に帰属します。リリースに掲載されている製品に関するお問い合わせは、各企業・団体にご連絡ください。 徳島新聞WEB上のデータの著作権は徳島新聞社に属し、私的に利用する以外の利用は認められません。