配信元:@Press

阪神電気鉄道株式会社(本社:大阪市福島区、社長:秦雅夫)では、8月9日(月)から、夏の全国高等学校野球選手権大会(主催:朝日新聞社・日本高等学校野球連盟)が阪神甲子園球場で開催されることに合わせ、同日の始発から大会終了日までの間、甲子園駅の列車接近メロディを、なにわ男子の新曲「夢わたし」に変更します。
この曲は、ABCテレビ「熱闘甲子園」のテーマソングにも採用されていますが、今回使用するのは、この列車接近メロディのために特別にアレンジされたものです(編曲は音楽プロデューサーであり、鉄道メロディのパイオニアである向谷実氏が担当)。
なお、甲子園駅列車接近メロディを高校野球大会関連曲に変更するのは、夏の大会では、今回が8回目となります(2020年は実施せず。)。
列車接近メロディ変更の概要は、次のとおりです。

1 内容 列車接近時に「夢わたし」(なにわ男子)のサビの部分を約10秒間放送します。
(注)当社線の各駅では従来「線路は続くよ どこまでも」を接近メロディ(編曲は向谷実氏が担当)に使用しており、甲子園駅以外の駅の接近メロディは、大会期間中も変更しません。
2 期間 8月9日(月)始発~大会終了日(8月25日(水)(予定))の終電
3 場所 阪神本線 甲子園駅
画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/270200/img_270200_1.jpg


阪神電気鉄道株式会社 https://www.hanshin.co.jp/

リリース https://www.hankyu-hanshin.co.jp/release/docs/6fe8b0ee870e86a2bfa0ad58ad7b7f15ca27f0dd.pdf

発行元:阪急阪神ホールディングス
大阪市北区芝田1-16-1


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

徳島新聞WEBの「ニュースリリース(メディア向け発表資料)」は、リリース配信会社が発行する企業や団体が提供する情報を受け、加工せずに掲載しています。このサイトに掲載しているニュースリリースに掲載されている製品、サービスの品質・内容については、徳島新聞社は保証致しません。また掲載されている文言、写真、図表などの著作権はそれぞれの発表者に帰属します。リリースに掲載されている製品に関するお問い合わせは、各企業・団体にご連絡ください。 徳島新聞WEB上のデータの著作権は徳島新聞社に属し、私的に利用する以外の利用は認められません。