配信元:@Press

米国カリフォルニア州シリコンバレー発(2021年8月3日) eSync Allianceは、eSync
エージェント SDK「ソフトウェア開発キット」を発表します。この新しいソフトウェア開発キット(SDK)はeSync のOver-The-Air(OTA)プラットフォームのためのものです。この新しいSDKによって、車載されているeSyncOTAデータ・パイプライン上の電子制御ユニット(ECU)、スマート・センサーやその他のエッジデバイスのよりシンプルかつ迅速な統合を実現します。これにより自動車メーカーおよびTier1メーカーはeSyncソフトウェア構成を、デバイスの要求事項に対して迅速かつ完全に適応させることができます。

この新しいeSyncエージェント SDKはすべてのeSync アライアンス・メンバー企業がダウンロードして入手可能なソフトウェアパッケージです。このSDKにはエージェントのテンプレート(ライブラリ付き)が含まれます。これによりユーザーは特定のエッジデバイスに対してeSync エージェントを生成することができます。PCやRaspberry Pi(ラズベリー パイ)をマスターとした eSyncクライアント・ソフトウェアが同梱されており、最大5台のPCにインストール可能なライセンスが付いています。ユーザーは1か月間ホスト可能なeSyncサーバー・アカウントOTAを用いて、ユーザー自身のシステムでアップデート機能をテストすることができます。一ヶ月経過後は、その期間を月単位で延長することが可能です。

eSyncはソフトウェア・プラットフォームとして、クラウドと車載電子端末機器との間にセキュアな双方向データ・パイプラインを構築します。またover-the-air(OTA)を用いてソフトウェアやファームウェアの配信、アップデートを実現し、ドメイン・マスターECU、ネットワーク・ゲートウェイやスマート・センサーなどの車載デバイスからリアルタイム制御データを収集することができます。

eSyncアライアンスのエクゼクティブ・ディレクターのマイク・ガードナー(Mike Gardner)氏は次のように話しています。「この新しいエージェントSDKは自動車メーカーおよびTier1メーカーの開発スピードを著しく加速させます。自動車産業においては、多種多様な電子機器が複数のネットワークに接続され車に搭載されており、OTAソリューションの実装は大変複雑なものになっています。これらすべてのデバイスとソフトウェアを単一のデータ・パイプラインへ統合するには、広範囲の検証も必要となります。eSyncアライアンスは、このeSyncプラットフォームにより、これらの複雑な工程を簡素化するために必要な標準化された仕組みを提供し、自動車産業のさらなる発展に貢献します。」


■eSync(TM) アライアンスについて
eSyncアライアンスは、業界のさきがけとして車載電子機器のover-the-air(OTA)によるアップデートや診断データ通信のソリューションを複数の企業により推進しています。このアライアンスで共に活動することによって、自動車メーカーは潜在的に年間数十億ドルのコストを抑えることができ、参加企業はシンプルな開発環境によって標準化され、またカスタマイズできるオープンなプラットフォームを享受することができます。このアライアンスはクラウドと組み込み部品に対するeSyncプラットフォームを基盤とし、車載されるデバイスに対するセキュアなデータ・パイプラインの仕組みを提供しています。より詳しい情報は https://www.esyncalliance.org/ をご覧ください。

*eSyncは、eSync Allianceの商標です。


【お客様からのお問い合わせ先】
Mike.Gardner@esyncalliance.org


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

徳島新聞WEBの「ニュースリリース(メディア向け発表資料)」は、リリース配信会社が発行する企業や団体が提供する情報を受け、加工せずに掲載しています。このサイトに掲載しているニュースリリースに掲載されている製品、サービスの品質・内容については、徳島新聞社は保証致しません。また掲載されている文言、写真、図表などの著作権はそれぞれの発表者に帰属します。リリースに掲載されている製品に関するお問い合わせは、各企業・団体にご連絡ください。 徳島新聞WEB上のデータの著作権は徳島新聞社に属し、私的に利用する以外の利用は認められません。