配信元:共同通信PRワイヤー

 
【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202108048510-O1-Re4DaA2y

 
AsiaNet 91010

天津(中国)、2021年8月4日/PRニュースワイヤー/ --
中国・天津で開催された「ポストパンデミック時代における一帯一路の健康産業発展フォーラム」で、TIENSグループの李金源会長が堂々と発表したように、TIENSグループは今後の巨大な健康産業において、世界の主要な参加者の一人になることを目指しています。

今回のフォーラムは、中国とTIENSグループが広く国際的にアピールする機会となりました。今回のフォーラムには、関連する国際機関の重要な管理職、健康分野の専門家、物流・サプライチェーンの専門分野の研究者など、重鎮のゲストが招待されているとのことです。

TIENSグループの李金源董事長は記者に対して、「ここ数年、TIENSグループは『一帯一路』の建設を深く推進し、多くのエネルギーを投入して投資を増やし、『一帯一路』沿線国での投資拡大と市場拡大に力を注いできた」と誇らしげに語った。これまでに、TIENSグループは110カ国以上に支社を設立し、224の国と地域でビジネス市場を構築しています。"世界の4700万以上の家族の生活条件を改善し、彼らの生活水準を促進する能力を持つことは、私たちにとって重要です。

TIENSグループは、欧州で確固たる基盤を築いた後、さらなる発展と成長を目指しています。TIENSは今後、TIENSハイエンド体験型店舗プロジェクトを通じて、「人類の健康と社会貢献」というコミットメントを果たすべく、さらに邁進していく。また、中国企業が長年にわたって電子商取引において主導的な地位を占めていることを利用し、グローバルな越境電子商取引によるグローバルなマーケティングと代替を実現し、より大きな利益を得ることを計画しています。

李金源氏は、天石集団は将来的に世界各地の企業とより緊密な協力関係を構築し、あらゆる分野の関係をよりよく管理し、特に各国の商業企業との持続可能な発展を目指していくと述べています。



画像添付リンク:
Link: http://asianetnews.net/view-attachment?attach-id=397796
画像説明:TIENSグループは、これからの巨大な健康産業のグローバルな担い手となる



(日本語リリース:クライアント提供)

徳島新聞WEBの「ニュースリリース(メディア向け発表資料)」は、リリース配信会社が発行する企業や団体が提供する情報を受け、加工せずに掲載しています。このサイトに掲載しているニュースリリースに掲載されている製品、サービスの品質・内容については、徳島新聞社は保証致しません。また掲載されている文言、写真、図表などの著作権はそれぞれの発表者に帰属します。リリースに掲載されている製品に関するお問い合わせは、各企業・団体にご連絡ください。 徳島新聞WEB上のデータの著作権は徳島新聞社に属し、私的に利用する以外の利用は認められません。