配信元:共同通信PRワイヤー

AsiaNet 90902 (1736)

【シンガポール2021年8月4日PR Newswire=共同通信JBN】4500万シンガポールドルの全面改装を経て、Pan Pacific Hotels Groupが所有するパークロイヤル コレクション マリーナベイ(PARKROYAL COLLECTION Marina Bay)は、シンガポール初の「Garden-in-a-Hotel(ホテルの中の庭園)」への刷新を完了し、このプロパティーをシンガポールで最も環境への配慮を重視した革新的なホテルの1つとして確立した。

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202108048522-O1-G0P5TwXC
(パークロイヤル コレクション マリーナベイ シンガポール)

パークロイヤル コレクション マリーナベイのMelvin Lim総支配人は「パークロイヤル コレクション・ブランドは持続可能性と責任ある暮らしを擁護し、アイコニックな建築とデザインを推進し、ウェルネスとライフスタイルを享受するために生み出された。こうした点について、われわれは多くのイニシアチブと成果を反映し、確実にレベルを向上させた」と述べた。

折衷主義の事実のコレクション:

▽アイコニックなデザイン

*ホテルは東南アジア最大の天窓採光の屋内アトリウムを持ち、これは21階の高さの建築デザインで、都会の壮大感を醸し出し、ネオ未来主義の建築家John Portman氏のオリジナリティーが余すところなく発揮されている。

*アトリウム内に吊り下げられた花の彫刻である「Orchidea(ラン)」は、1986年に著名なワイヤー彫刻家のRichard Lippold氏によって設置された。それは、カップのように丸めた手の中に思いがけずコインが落ちてくるように見え、ホテルの繁栄を意味しているという人もいる。

*ロビーの13メートルの緑の壁はFDATによるもので、雲と山を抽象的に表現し、伝統的な中国山水画を彷彿とさせる。

*ロビーには、古代中国の思想家である李白と孔子の等身大以上の白檀の彫刻が置かれている。80年代を想起させるこれらの彫刻は、台湾の著名な現代彫刻家Ju Ming氏の作品である。

*ホテルには60種を超す植物相の2400以上の植物、樹木、灌木、地被植物がある。全体的な景観デザインはホテルのインテリアに植物を融合させ、層状の緑豊かな森林という特徴的な印象を生み出している。Skybridgeに沿って散歩すると、梢に隠れるように作られた鳥の巣のイメージを思わせるパビリオンを両脇に見ながら、森林上層部の上を歩く体験ができる。

▽持続可能性

*ホテルの建物のアイコニックな構造は、9カ月に及ぶ改修期間中は保存され、建設中に5万1300トン以上の二酸化炭素排出の発生を防いだ。これは870万本の樹木伐採またはシンガポール国内のすべての自然保護区を超える面積の破壊を防いだことになる。

*ホテルのUrban Farm(都市農園)には60種を超す果物、野菜、ハーブ、食用花が含まれ、ホテルのレストラン、バー、スパの農場から食卓へ(ファーム・トゥ・テーブル)コンセプトのバックボーンを形作る。

▽ウェルネスとライフスタイル

*ホテルのSkylineはさまざまなスペースのコレクションで、COLLECTION Club Lounge、Skyline Bar、The Green Space(都市スカイラインとマリーナベイを見下ろす多機能のオープンスペースで、アウトドアヨガの愛好者により人気が出た)、夜間には1380個の光ファイバーライトで輝く25メートルのミネラルウォーターのスイミングプールなどが含まれる。

客室料金は1人1泊228シンガポールドルから。詳細はwww.panpacific.com/marinabay を参照。

「A Collection of Eclectic Facts」とHotel Fact Sheetにアクセスするにはこちら(https://bit.ly/PARKROYAL-COLLECTION-Marina-Bay )をクリック。
バーチャルツアー動画にアクセスするにはこちら(https://www.youtube.com/playlist?list=PLrTTG3ti9n7M7cB3pSsK5VY0I3Np0CO7b )を、ホテルの高解像度画像へのアクセスはこちら(https://pphg.canto.com/b/V2B28 )をクリック。

ソース:PARKROYAL COLLECTION Marina Bay, Singapore

画像添付リンク:
Link: http://asianetnews.net/view-attachment?attach-id=397415
(写真説明:パークロイヤル コレクション マリーナベイ シンガポール)

徳島新聞WEBの「ニュースリリース(メディア向け発表資料)」は、リリース配信会社が発行する企業や団体が提供する情報を受け、加工せずに掲載しています。このサイトに掲載しているニュースリリースに掲載されている製品、サービスの品質・内容については、徳島新聞社は保証致しません。また掲載されている文言、写真、図表などの著作権はそれぞれの発表者に帰属します。リリースに掲載されている製品に関するお問い合わせは、各企業・団体にご連絡ください。 徳島新聞WEB上のデータの著作権は徳島新聞社に属し、私的に利用する以外の利用は認められません。