配信元:@Press

技術士、電験3種などの現場・技術系の資格取得に特化したeラーニングシステムを提供するSAT株式会社(所在地:大阪府吹田市、代表取締役:二見 哲史)は、これまで多く寄せられてきた、受講生からの「すぐ知りたい」「すぐ欲しい」という要望に応える2つのサービスを提供します。

1つはYouTubeを使った「第三種電気主任技術者」解答速報動画の配信(今月22日配信予定)。もう1つは、技能講習の終了を証明する修了カードをスマホで提示できるアプリのリリースです(8月下旬運用開始)。当社では今後も、受講生からの様々な意見を取り入れ、顧客満足度の高いサービスを提供し続けます。


【全国最速!!「電験三種」解答速報動画をYouTubeで配信】
「第三種電気主任技術者」とは発電所や変電所、工場などに設置されている電気設備の保守や監督を行うための国家資格です。毎年5万人を超える受験生がいますが、合格率は10%を下回るという難易度の高い資格。受験機会は年に1度しかありません。SATでは、昨年「電験三種」の解答速報動画を公式YouTubeチャンネルで全国最速で配信しました。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/270387/LL_img_270387_1.png
第三種電気主任技術者 解答速報


【公式YouTube SAT技術系資格専門チャンネル】
URL : https://www.youtube.com/channel/UCj_yS-YKJ2DmBASVHCi_QEw
チャンネル登録者数: 約12,000人(2021年8月時点)

各講座のサンプル動画や資格取得のためのノウハウ紹介動画などを公開中!

再生回数は数日で1万回を超えるなど非常に反響が大きかったため、今年も今月22日に行われる令和3年度「電験三種」の解答速報動画を公式YouTubeで配信します。どこよりも早く動画で解説することで、受験生の“すぐ知りたい”という要望に応え、不安や疑問を解消する手助けを行います。

画像2: https://www.atpress.ne.jp/releases/270387/LL_img_270387_2.png
SAT技術系資格専門チャンネル

【即日発行可能!修了書デジタルカード】
業務に危険が及ぶことが考えられる際、現場での労働災害を防ぐために事業者が従業員に必ず受けさせなければならない「特別教育」。これを受講すると受講の終了を証明する「修了書」が発行されます。
労働者は現場で修了書を提示して業務にあたることになっていますが、受講が終了してから証明書が発行され、郵送で手元に届くまで時間がかかり、現場作業にすぐに取り掛かることができないことが問題視されていました。そこでSATでは、修了書をスマホで提示することのできるアプリ「修了書デジタルカード」を8月下旬にリリースします。郵送までの手間を省くことでお客様の“すぐ欲しい”にお応えしながらも、お手持ちのスマホで管理ができるため、カードの紛失などを防ぐこともできます。

画像3: https://www.atpress.ne.jp/releases/270387/LL_img_270387_3.jpeg
足場の作業イメージ

画像4: https://www.atpress.ne.jp/releases/270387/LL_img_270387_4.png
修了書

【顧客満足度の高いサービスの提供を目指して】
先月、当社の特別教育講座を受講した100名(回答数85名)を対象にアンケートを行ったところ90%以上の人がサービスに満足していると回答しました。また、一度当社の講座を受講した人が次回別の講座を受講する割合も約30%にのぼるなど、高いリピート率を誇っています。
こうした実績も踏まえ、当社では常にお客様からの要望に沿った顧客満足度の高いサービスの提供・拡充を図るとともに、業界一の講座の開講数を目指していく考えです。

画像5: https://www.atpress.ne.jp/releases/270387/LL_img_270387_5.png
受講生の声

【会社概要】
名称 : SAT株式会社
所在地 : 〒564-0051 大阪府吹田市豊津町9-1 ビーロット江坂ビル18階
代表取締役: 二見 哲史
事業内容 : 各種資格の教材作成・販売、資格対策講習会の開催、
eラーニングコンテンツの作成
URL : https://www.sat-co.info/


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

徳島新聞WEBの「ニュースリリース(メディア向け発表資料)」は、リリース配信会社が発行する企業や団体が提供する情報を受け、加工せずに掲載しています。このサイトに掲載しているニュースリリースに掲載されている製品、サービスの品質・内容については、徳島新聞社は保証致しません。また掲載されている文言、写真、図表などの著作権はそれぞれの発表者に帰属します。リリースに掲載されている製品に関するお問い合わせは、各企業・団体にご連絡ください。 徳島新聞WEB上のデータの著作権は徳島新聞社に属し、私的に利用する以外の利用は認められません。