配信元:DreamNews

人々の夢を宇宙で実現させる民間宇宙サービスプラットフォームを提供する宇宙ベンチャー企業株式会社ASTRAX(アストラックス、以下 ASTRAX、本社:神奈川県鎌倉市、代表取締役・民間宇宙飛行士:山崎大地)は、2017年より行ってきた民間宇宙事業創造教育訓練学校「ASTRAX ACADEMY」の講座をデジタル化することで、世界中、いつでもどこでも誰でも何語でも効率的に受講できるようにするための教育手法変革を行い、2021年7月26日より本格的に世界展開に向けた新しい形でのデジタル民間宇宙事業創造教育事業を始動いたしました。

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000241619&id=bodyimage1

ASTRAXでは、民間宇宙旅行時代の到来に向けて2017年より「ASTRAX ACADEMY」という、世界初の民間宇宙事業創造教育訓練学校の運営を行ってまいりました。

2017年以来、クラスルーム形式で教室や会議室などで講義を行い、ASTRAX秘密基地の民間宇宙船運用支援管制センターや民間宇宙船訓練シミュレーターなどの設備を利用しながらの授業や、ASTRAXの無重力飛行サービスを利用した無重力訓練、またASTRAX TRAVELによる世界の宇宙関連施設見学ツアーなどを実施してきました。

民間宇宙旅行産業をはじめ、様々な民間宇宙船を利用した宇宙飛行サービスの発展に向けて、これまでにこの世に全く存在しなかった、全く新しい宇宙教育を行う必要があるため、カリキュラム作り、教材作り、事業開発、講師育成、宇宙教育用ツールや宇宙飛行支援設備の開発準備などを0から行い、これまで延べ数百人の生徒を育ててきました。

ASTRAX ACADEMYには、現在以下のコースがあり、コースごとに5つのレベル(ガイダンスレベル、ベーシックレベル、マスターレベル、専門レベル、オプションレベル)に分かれて授業を行ってきました。

・民間宇宙ビジネスコース(民間宇宙サービスベンチャー事業者1000人育成予定)
・民間宇宙飛行士養成コース(民間宇宙船搭乗事業者10人程度育成予定)
・宇宙フライトアテンダント養成コース(民間宇宙船搭乗フライトアテンダント10人程度育成予定)
・宇宙旅行者準備コース(宇宙飛行の1年前から準備開始。宇宙旅行者の数だけ別々に教育・訓練する必要あり)
・宇宙旅行者準備支援コース(宇宙飛行の1年前から準備開始。宇宙旅行者に応じて支援事業者数も増やす必要がある)
・各講座講師養成コース(各コースの講師を養成するためのコース。世界展開も含めて、20人程度育成予定)
・ASTRAXカタログ掲載事業者コース(宇宙飛行品マッチングサービス。宇宙商品・宇宙サービス・宇宙旅行者の数に応じて増加が必要)
・ASTRAX月面シティ開拓者養成コース(月の土地を利用した月面サービス事業者教育。民間宇宙ビジネスコースから抽出)
・国連世界宇宙週間JAPANエヴァンジェリスト養成コース(国連世界宇宙週間を利用したビジネス展開ができるようにする教育)

しかし、昨今の新型コロナウイルス感染症の蔓延の影響により、教室や会議室などの人が集まる場所での講座や、海外ツアーなどの実施が困難になってきました。

そこで、2020年4月より全ての講座を可能な限りオンライン化を行い、既存のさまざまなツールを駆使して、場所を問わずオンライン上で効率よく授業が行える形に変革させてきました。

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000241619&id=bodyimage2

そしてこのたび、さらなる新型コロナウイルス感染症への対策強化と事業の効率化と世界展開に向けて、ASTRAX DXの一環として、それらのオンライン講座のデジタル化を行うことで、講師が授業する映像を録画しなくても講座映像の制作、編集、修正、配信ができるようになります。さらに、受講者が使用するデジタル教材や、弊社が所有する民間宇宙船運用支援管制センターや民間宇宙船訓練シミュレーターなどの設備とも連動しやすくなり、よりレベルの高い講義を効率よく行うことができるようにもなります。

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000241619&id=bodyimage3

また、民間による宇宙旅行時代は、多国籍な人たちが同時にミッションを行うことが増えてくるでしょう。最終的な宇宙での共通言語は英語になるかもしれませんが、教育段階において様々な言語に対応できると、さらにサービスやマーケットの拡大につながるため、あえてASTRAXでは多言語化宇宙教育の方向で事業開発を進めて行こうと考えております。
そこで、英語、中国語、スペイン語、ロシア語など、ASTRAX ACADEMYの講座を全て多言語化し、世界中の人がそれぞれの国の言語でASTRAXの民間宇宙事業創造教育を受講できるようにしていく予定です。

ASTRAX ACADEMYの詳細につきましては以下URLよりご参照ください。
https://astrax-by-iss.wixsite.com/astrax-academy

また、このASTRAX ACADEMYの多言語化デジタル教育手法については、2021年10月にドバイで開催される国際宇宙会議2021でも最新論文が発表される予定です。

最新論文の紹介動画 → https://dl.iafastro.directory/gallery/file/IAC-21/E1/7/IAC-21,E1,7,10,x65259.talk.mp4

「宇宙といえばASTRAX!」
弊社ASTRAXは、今後も人類全体の経済圏(生活圏)を宇宙に拡大させるとともに、地球上の生活環境の改善や向上と世界平和を目指し、民間の力で宇宙サービスを拡充してまいります。

【株式会社ASTRAX会社概要】
会社名:株式会社ASTRAX
代表者:代表取締役・民間宇宙飛行士 山崎大地
所在地:神奈川県鎌倉市
URL:https://astrax.space
事業内容:民間宇宙開拓事業全般及び宇宙サービスプラットフォームの提供

【本件に関するお問い合わせ】
会社名:株式会社ASTRAX
担当者:CEO秘書・星エリカ
E-Mail:erica.hoshi@astrax.space



配信元企業:株式会社ASTRAX
プレスリリース詳細へ

ドリームニューストップへ




徳島新聞WEBの「ニュースリリース(メディア向け発表資料)」は、リリース配信会社が発行する企業や団体が提供する情報を受け、加工せずに掲載しています。このサイトに掲載しているニュースリリースに掲載されている製品、サービスの品質・内容については、徳島新聞社は保証致しません。また掲載されている文言、写真、図表などの著作権はそれぞれの発表者に帰属します。リリースに掲載されている製品に関するお問い合わせは、各企業・団体にご連絡ください。 徳島新聞WEB上のデータの著作権は徳島新聞社に属し、私的に利用する以外の利用は認められません。