配信元:@Press

Gateホールディングス株式会社が運営する、『疲れが取れない』『身体が重たい』そんな悩みを持つ全ての人に向けた、国内初の完全個室空間酸素ボックス+無重力感覚マッサージ機+アイマッサージ機を組み合わせた非接触型無人 超回復サロン「Undo(アンドゥ)」が2021年8月2日、札幌にグランドオープンいたしました。

URL: https://www.salon-undo.jp

ご好評いただき当初の予定数のサブスク会員を増枠いたします。
更に1回限りの無料モニターを募集させていただきます!

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/270407/LL_img_270407_1.jpeg
モニター様


■酸素カプセルではなく大きな酸素ボックス!
酸素カプセルは出入り口が狭く腰や膝が悪い人にとっては負荷がかかってしまったり、中に入ると想像よりも閉塞感を感じられ、狭い空間が苦手な方は特にリラックス出来るようになるまで時間がかかってしまうなどのデメリットがあります。そんなデメリットを解消し沢山の方に利用して貰えるように『Undo』では酸素カプセルではなく酸素ボックスを採用致しました。通常は4~6名が入れるボックスを贅沢に1名仕様にし閉塞感を大幅に緩和、出入り口も広く膝・腰が悪い方でも利用しやすくなっております。更にボックス内にはエアコン・テレビを完備。温度調節も自由に行えてマッサージをしながらNetflix・YouTube・テレビを見る事が可能となっております。ボックス内には電子機器などの持ち込みも問題なく行えます。
マッサージ機も無重力状態でマッサージを受けているような感覚を味わえます。人間工学に基づき、もっとも負荷の掛からない姿勢をキープします。


■サロン特有のカウンセリングや入店後の受付は一切不要!
予約・決済・来店・退店まで非接触型無人サロン!
このコロナ禍でネックとなっている『人との対話・接触』を削減する為、カウンセリングや受付などの時間を短縮し来店後の待ち時間を0秒にする為にネット上で予約・決済を完結させ、入口には予約者のみに発行される専用の暗証番号で入室出来る様になっています。
店内は必ず手の触れるドアノブや各機器のボタンなど、考えうる全ての箇所に抗菌・抗ウイルスの無光触媒コーティング施工を施しており、コロナ対策を徹底しております。


■酸素ボックスに入る意味は?
酸素ボックスではただ酸素を吸うのではなく、実は体に気圧がかかります。
体と気圧は関係が深く、気圧は体調に大きく影響を与えます。更に高気圧状況下では身体全体に良い影響をもらたします。酸素ボックス内ではその高気圧を作り出し体調を整えたり回復効果が有ります。
では、体調を整える・回復するという事はどういう事なのでしょうか?
例えば、身体の疲れやだるさ、肩凝りは皆様も一度は感じた事あるのでは無いでしょうか。実は疲れやだるさなどは筋肉に乳酸が溜まっていくと感じ、肩凝りも乳酸の仕業なのです。酸素はこの乳酸と炭酸ガスと水に分解して体外へ排出します。体内から乳酸が排出される=身体の疲れやだるさを感じなくなる、疲れていない状態に戻す・回復するという事です。
他にもたくさんの効果が期待できる酸素ボックスを是非ご自身で体感してみて下さい。


■料金案内
入会金0円!
30分コース 3,000円
60分コース 5,000円

お得な1ヶ月通いたい放題サブスク会員(1日1回60分まで)15,000円
※週1回以上通える方は大変お得なプランとなっております。

<現在、お申込み多数の為FC店も全国で募集しております!>

詳しくはLINE公式アカウント『超回復サロンUndo』で検索して下さい。


■店舗概要
所在地 : 北海道札幌市中央区南1条西7丁目12-6 パークアベニュービル5階
URL : https://www.salon-undo.jp
営業時間: 8時~20時
TEL : 011-522-6002
メール : info@salon-undo.jp


■会社概要
代表取締役 : 増山 健太
所在地 : 北海道札幌市中央区南1条西7丁目12-6 パークアベニュービル5階
設立 : 平成23年4月25日
事業内容 : サロン事業・飲食業・ハウスクリーニング・
抗菌抗ウイルス事業・内装業
飲食業 : http://www.niku-29.com
ハウスクリーニング: http://oxy-up.com/hokkaido-c/


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

徳島新聞WEBの「ニュースリリース(メディア向け発表資料)」は、リリース配信会社が発行する企業や団体が提供する情報を受け、加工せずに掲載しています。このサイトに掲載しているニュースリリースに掲載されている製品、サービスの品質・内容については、徳島新聞社は保証致しません。また掲載されている文言、写真、図表などの著作権はそれぞれの発表者に帰属します。リリースに掲載されている製品に関するお問い合わせは、各企業・団体にご連絡ください。 徳島新聞WEB上のデータの著作権は徳島新聞社に属し、私的に利用する以外の利用は認められません。