配信元:@Press

株式会社デベロップ(本社:千葉県市川市、代表取締役:岡村 健史、以下「デベロップ」)は、岐阜県恵那市、美濃加茂市、垂井町に2022年春(3月~4月)コンテナホテル「HOTEL R9 The Yard」(以下、同ホテル)を開業します。同ホテルの開業により「ホテル アールナイン ザ ヤード」シリーズは39店舗、「R9 Hotels Group」としては43店舗となります。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/270427/LL_img_270427_1.jpg
HOTEL R9 The Yard シリーズ 外観(画像は阿見店)
【ホテル開業の背景】
中京圏の出店強化の一環で、愛知県に続いて岐阜県に初進出します。
岐阜県は、飛山濃水と称され四季折々の自然景観や、多くの歴史建造物が現存するなど人気の観光地が多く所在します。また、県内を走る高速道路のインター付近は自然を活かした農業や工業などが広がり、産業が盛んな地域でもあります。今回開業する3店舗はいずれも観光地やICから程近いため、ビジネス・観光の拠点として活用されることを期待します。
岐阜県進出に伴い中京圏内は6店舗体制となることから、有事には中部・近畿地方のレスキューホテル出動拠点としての役割も担います。


【HOTEL R9 The Yard 恵那 施設情報】
施設名 : HOTEL R9 The Yard 恵那
(ホテル アールナイン ザ ヤード エナ)
施設場所 : 岐阜県恵那市長島町中野2-7-14
敷地面積 : 2,243m2(678坪)
オープン日 : 2022年3月予定
予約受付開始日: 2022年2月予定
客室名、定員、室数、広さおよび料金:
ダブルルーム 2名/26室(13m2) 1名 5,000円/泊~ 2名 7,000円/泊~
ツインルーム 2名/5室(13m2) 1名 5,000円/泊~ 2名 8,000円/泊~
ホームページ : https://hotel-theyard.jp/ena/


【HOTEL R9 The Yard 美濃加茂 施設情報】
施設名 : HOTEL R9 The Yard 美濃加茂
(ホテル アールナイン ザ ヤード ミノカモ)
施設場所 : 岐阜県美濃加茂市御門町2-1-63
敷地面積 : 2,737m2(827坪)
オープン日 : 2022年4月予定
予約受付開始日: 2022年3月予定
客室名、定員、室数、広さおよび料金:
ダブルルーム 2名/27室(13m2) 1名 5,000円/泊~ 2名 7,000円/泊~
ツインルーム2名/5室(13m2) 1名 5,000円/泊~ 2名 8,000円/泊~
ホームページ : https://hotel-theyard.jp/minokamo/


【HOTEL R9 The Yard 垂井 施設情報】
施設名 : HOTEL R9 The Yard 垂井
(ホテル アールナイン ザ ヤード タルイ)
施設場所 : 岐阜県不破郡垂井町宮代3046-1
敷地面積 : 2,805m2(848坪)
オープン日 : 2022年4月予定
予約受付開始日: 2022年3月予定
客室名、定員、室数、広さおよび料金:
ダブルルーム 2名/30室(13m2) 1名 5,000円/泊~ 2名 7,000円/泊~
ツインルーム 2名/5室(13m2) 1名 5,000円/泊~ 2名 8,000円/泊~
ホームページ : https://hotel-theyard.jp/tarui/


【備えない防災。災害時の拠点となる「ホテル アールナイン ザ ヤード」シリーズ】
デベロップが運営する「ホテル アールナイン ザ ヤード」シリーズは、建築用コンテナモジュールを利用した1棟1客室の“動くホテル”です。1室13m2というコンパクトさながら隣室と壁を接しないため静粛性とプライバシー性に優れるほか、上質なベッド、ゆったり使用できるユニットバス、冷凍庫付冷蔵庫、電子レンジ、空気清浄機を全室装備するなど長期の連泊でも快適に過ごせる上質な宿泊空間がお客様の好評を得て、全国に39店舗1,306室を展開しています(開業準備中の店舗を含みます)。
昨今のコロナ禍においても、密を回避する独立した客室が「安心な滞在」という更なる需要を喚起し、約7割の稼働率を維持しています。

また、有事の際には客室をすみやかに被災地へ移設し避難施設等にご利用いただく「レスキューホテル」としての役割を担うことで、災害に強い社会をつくり、未来の命や暮らしを守ることを目指します。尚「動くホテル」「レスキューホテル」その他の関連標章※は、各々、末尾のとおり、商標登録をしております。

ホテル アールナイン ザ ヤード シリーズ ウェブサイト: https://hotel-theyard.jp
レスキューホテル ウェブサイト: https://www.dvlp.jp/lp/rescue_hotel

画像2: https://www.atpress.ne.jp/releases/270427/LL_img_270427_2.jpg
客室(ダブルルーム)
画像3: https://www.atpress.ne.jp/releases/270427/LL_img_270427_4.jpg
客室(ユニットバス)

【東日本大震災の経験をもとに実現。レスキューホテル誕生の経緯】
2011年の東日本大震災では、コンテナ型備蓄倉庫や復興従事者用宿泊施設の建設などで震災後間もなく現地に入りました。被災地の方が多くの避難所で生活に大きな負担を強いられている状況を目の当たりにし、発災後に安心安全なプライベート空間を迅速かつ簡便に提供したいという想いで誕生したものがレスキューホテルです。
動くホテルの1例目として、宮城県石巻市で復興従事者用宿泊施設として利用されたコンテナを栃木県佐野市に移設し2017年10月「HOTEL R9 SANOFUJIOKA」としてリニューアルオープン。
その後、更なる移設性を高めるべく1棟1客室型に改良、2018年12月「ホテル アールナイン ザ ヤード」シリーズ1号店が栃木県真岡市にオープンしたことを皮切りに本シリーズを全国各地へ展開。全国どこへでもすみやかにレスキューホテルが駆けつける体制づくりを目指します。


【レスキューホテル出動実績】
2020年4月に長崎市内に停泊したクルーズ船内における新型コロナウイルス感染拡大防止対策としてレスキューホテル初の有事出動を行い、その迅速な配備や快適性などが政府・自治体関係者等に高く評価されました。
2020年6月には東京都三鷹市および東京都千代田区へPCR検査体制強化のために出動、夏季や冬季を通じて問題なく診療活動が行えるなど、医療従事者の負担軽減のために現在も利用されています。2021年2月には都内民間病院から出動要請を受け、PCR検査施設として稼働を開始するなど有事インフラとしてのコンテナ活用が官民ともに活発化しています。

■レスキューホテルは「日常時」と「非常時」のどちらにおいても役に立つ商品として「フェーズフリー認証」を取得しています。

■災害時の備えを全国へ展開し、強靭なまちづくりに貢献~SDGsの取り組み~
レスキューホテルは、「SDGs事業認定」を取得しています。災害時の備えとして自治体との協定締結の輪を広げ、各自治体の都市機能の持続管理の強化を推進し、強靭なまちづくりの開発を通して、持続可能な開発目標の達成に貢献します。


【運営会社】
会社名 : 株式会社デベロップ
代表者 : 代表取締役 岡村 健史
所在地 : 千葉県市川市市川一丁目4番10号
設立 : 2007年2月
事業内容 : 建築・不動産事業、ホテル事業、トランクルーム事業、
エネルギー事業
ホームページ: https://develop-group.jp

※「レスキューホテル The Yard(商標 第6240114号)」、「災害支援型レスキューホテル(商標 第6394774号)」、「医療従事者支援型レスキューホテル(商標 第6394775号)」その他「レスキューホテル」の語を用いた商標、並びに「動くホテル The Yard(商標 第6240108号)」その他「動くホテル」を用いた商標は、当社の登録商標です。


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

徳島新聞WEBの「ニュースリリース(メディア向け発表資料)」は、リリース配信会社が発行する企業や団体が提供する情報を受け、加工せずに掲載しています。このサイトに掲載しているニュースリリースに掲載されている製品、サービスの品質・内容については、徳島新聞社は保証致しません。また掲載されている文言、写真、図表などの著作権はそれぞれの発表者に帰属します。リリースに掲載されている製品に関するお問い合わせは、各企業・団体にご連絡ください。 徳島新聞WEB上のデータの著作権は徳島新聞社に属し、私的に利用する以外の利用は認められません。