配信元:@Press

オーストラリア他、ニューワールドワインを中心に手がける輸入業者 ヴィレッジ・セラーズ株式会社(所在地:富山県氷見市、代表取締役:リチャード・B・コーエン)は、コロナ禍の困難に直面するソムリエ・飲食業界の応援を目的に2021年9月13日「100mL小瓶×ニューワールド20ワインセット」のクラウドファンディングを開始しました。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/276369/LL_img_276369_1.jpg
ブラインドセット情報

【プロジェクト開始の背景】
コロナ禍でダメージの続く飲食業界。ソムリエの人材育成にも影響が及んでいます。秋はワイン資格試験の時期ですが、現状では、試験対策に伴う費用やワイン保管・管理の問題に加え、試飲会や勉強会への参加が難しいなど、これまでにも増して多くの悩みがあります。これらの悩みを【当社が輸入するワイン】×【不活性無害のアルゴンガスを利用して研究開発した、独自の小瓶詰め替え技術(実証済み)】を生かして解決することで「ワインのプロフェッショナル」を応援したいと考え、プロジェクトを立ち上げました。


【商品の特長】
1) 良質&多様な20ワインを低コストでまとめて試飲できる:
オーストラリア他、ニューワールド各銘醸地より定評のある生産者を厳選。品種特性が明確に表現されたアイテムをバランスよく組み合わせ、過去に本試験で出題されたワイン、生産者も複数。本番前の試飲トレーニングにぴったり。質・量ともに他に類を見ない充実した内容で、合格を目指す皆様のお財布&肝臓の負担を軽減します。

2) 一人でも遠隔の仲間同士でも、完全ブラインドテイスティングが無理なくできる:
小瓶のラベルには、法律上必要最低限の情報のみ記載(各ワインおよび生産者情報はQRコードより)。ラベルを隠すなどの手間をかけることなく、適切かつ品質の保たれたニューワールドの20ワインを適量ずつ、一人でも完全ブラインドテイスティングでき、梱包材など片付けの負担も最小限(ほぼプラスチックフリー)。一人でも、そして遠隔の仲間とも、ストレスフリーで試飲に集中!

3) 独自の小瓶詰め替え技術でお届けより約1ヶ月保管可能。いつでもどこでも学べる:
小瓶ワインは、アルゴンガスによる独自の酸化防止ノウハウを用いて詰め替え。未開封・セラーまたは冷蔵庫保管で、1ヶ月程度の品質保持を実証。限られた時間に少しずつ学びたい、フードペアリングに挑戦したい、遠隔地のワイン仲間のオンライン・テイスティングしたい、など、いつでもどこでも幅広くご利用いただけます。


【リターンについて】
16,500円(税・送料込) :100mL×20ワインセット+後日当社商品に使える割引クーポンを提供。
13,200円(税・送料込) :【スクール生&受験生応援割】100mL×20ワインセットを20%OFFで提供。
8,550円~(税・送料込):白だけ・赤だけ 各100mL×10ワインセットを提供。
他にも、早割やまとめ割を提供するコースも用意しています。
いずれも2021年9月29日に詰め替え小瓶セット作成、9月30日以降クール便で発送。


【プロジェクト概要】
プロジェクト名: ブラインド試験対策に!100mLワインセットでソムリエ&飲食業界を応援したい!
期間 : 2021年9月13日~2021年9月26日
リターン : 20x100mL小瓶 ニューワールドワイン・ブラインドテイスティングセット
URL : https://camp-fire.jp/projects/view/482210


■会社概要
商号 : ヴィレッジ・セラーズ株式会社
代表者 : 代表取締役 リチャード・B・コーエン
所在地 : 〒935-0056 富山県氷見市上田上野6-5
設立 : 1987年8月
事業内容: 酒類、水、ワイングラス及びワイン関連グッズの輸入・卸売、
ワイングラスのレンタルサービス、酒類の倉庫保管業など。
資本金 : 6,750万円
URL : https://www.village-cellars.co.jp/


【クラウドファンディングに関するお問い合わせ先】
ヴィレッジ・セラーズ株式会社
Tel:0766-72-8680


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

徳島新聞WEBの「ニュースリリース(メディア向け発表資料)」は、リリース配信会社が発行する企業や団体が提供する情報を受け、加工せずに掲載しています。このサイトに掲載しているニュースリリースに掲載されている製品、サービスの品質・内容については、徳島新聞社は保証致しません。また掲載されている文言、写真、図表などの著作権はそれぞれの発表者に帰属します。リリースに掲載されている製品に関するお問い合わせは、各企業・団体にご連絡ください。 徳島新聞WEB上のデータの著作権は徳島新聞社に属し、私的に利用する以外の利用は認められません。