配信元:@Press

1983年より大阪市内で観光船を運航している大阪水上バス株式会社(本社:大阪市中央区 社長:奥村 茂之)は、2021年10月3日(日)、親子向けに学習船「スイスク親子教室」を運航します。
学習船『スイスク』は、淀川について学び、水辺をもっと楽しもうという趣旨で企画したクルーズです。
船内で「水辺の歴史」「水辺の生き物」「水辺のまちづくり」などを学び、淀川アンバサダーを目指します。
今回、親子向けに特別講座「スイスク親子教室」を開催。淀川環境委員なども務める、河合典彦氏が講座を担当いたします。内容は「淀川や大川の生き物」について、わかりやすく説明いたします。また船上からは普段はあまり見る事のない「毛馬閘門」などの施設も見る事が出来るのが魅力のひとつとなっております。
観光と体験学習が楽しめる学習船「スイスク親子教室」は、大川・淀川を巡る観光船で、その川の生態を知り、実際に見学できるクルーズです。ぜひお越しください。
画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/276579/img_276579_3.jpg
(淀川のシンボルフィッシュ イタセンパラ/photo:河合典彦)

【クルーズの概要】

名 称:学習船スイスク 親子教室
日 程:2021年10月3日(日)
料 金:大人3600円/小学生1300円
時 間:10:00~/13:30~(約130分)
乗 船:八軒家浜船着場
問い合わせ:0570-07-5551(10時~16時)
画像2: https://www.atpress.ne.jp/releases/276579/img_276579_1.jpg
画像3: https://www.atpress.ne.jp/releases/276579/img_276579_2.jpg
大阪水上バス株式会社とは・・・大阪城や中之島を巡る「アクアライナー」、大阪城と道頓堀を行き来する「アクアmini」、大阪港を周遊する「サンタマリア」、船内でお食事ができる「ひまわり」の4つのクルーズ船をもつ観光船事業者。”水都大阪観光”を切り口に、定番の大阪観光コースや、食事付クルーズ、音楽クルーズ、演劇クルーズなど水上を楽しむ多種多様なイベントクルーズも積極的に実施している。川と寄り添いながら暮らしてきた大阪の街とともに、今後の魅力溢れる水辺創造にも力をいれている。

【スイスク親子教室 概要】
画像4: https://www.atpress.ne.jp/releases/276579/img_276579_4.jpg



講師:河合典彦氏
(国土交通省 淀川環境委員会委員)



内容:淀川や大川の生き物
「淀川や大川にはどんな生き物が住んでいるのでしょうか?」
「川の生き物にとって、どんな環境が大切なのでしょうか?」
画像5: https://www.atpress.ne.jp/releases/276579/img_276579_5.png
淀川のヨシ(秋の風景)

画像6: https://www.atpress.ne.jp/releases/276579/img_276579_6.jpg
淀川のヨシ(秋の風景)

画像7: https://www.atpress.ne.jp/releases/276579/img_276579_7.jpg
淀川に生息するクロベンケイガニ

画像8: https://www.atpress.ne.jp/releases/276579/img_276579_8.jpg
学習船スイスクで使用する観光船ひまわり

時間:【午前】10:00~12:10 ※受付は、30分前
【午後】13:30~15:40 ※受付は、30分前

料金:大人 3,600円/小学生 1,300円
ルート:八軒家浜船着場~大川~毛馬閘門~淀川(赤川鉄橋辺りでUターン)~八軒家浜船着場
のりば:八軒家浜船着場 京阪電車・OsakaMetro谷町線「天満橋」駅下車すぐ
問合せ:0570-07-5551 大阪水上バス予約センター(10:00~16:00)

画像9: https://www.atpress.ne.jp/releases/276579/img_276579_9.jpg



詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

徳島新聞WEBの「ニュースリリース(メディア向け発表資料)」は、リリース配信会社が発行する企業や団体が提供する情報を受け、加工せずに掲載しています。このサイトに掲載しているニュースリリースに掲載されている製品、サービスの品質・内容については、徳島新聞社は保証致しません。また掲載されている文言、写真、図表などの著作権はそれぞれの発表者に帰属します。リリースに掲載されている製品に関するお問い合わせは、各企業・団体にご連絡ください。 徳島新聞WEB上のデータの著作権は徳島新聞社に属し、私的に利用する以外の利用は認められません。