配信元:@Press

北欧発・コンフォートシューズ&レザーグッズブランド『ECCO』(エコー)は、2021年9月17日(金)にメンズ&ウィメンズ用新作スニーカー『BIOM C TRAIL(バイオムCトレイル)』を「ECCO公式オンラインストア」と一部「ECCO直営店舗」にて数量限定発売します。
画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/276447/LL_img_276447_1.jpg
軽量、柔軟、なのに堅牢なハイブリッドスニーカー
https://jp.ecco.com/biomctrail.html

「羽のように軽く、とんでもなく柔らかいのに堅牢なハイブリッドスニーカー」手に取ったその日からすぐに実感できる心地良さ。『BIOM C TRAIL(バイオムCトレイル)』は街履きとしてもアウトドアシーンでも活躍する、現代のライフスタイルにマッチするハイブリッドでサステナブルな次世代スニーカーです。

1. 自社レザー工場製造のユニークなタイベックレザーのアッパー
アッパーにはユニークなテクスチャーを施した極薄のレザーに通気性に優れ、軽量にもかかわらず耐久性に優れた素材タイベック(R)をボンディング。紙のような軽さで驚きの耐久性を発揮します

2. トレイルランのテクノロジーとグリップ力の融合
アウトソールにはどんな地形でも快適に歩けるハイグリップソールを採用。街にアウトドア、あらゆるシチュエーションに対応するモダンな一足

3. FLUIDFORM(TM)(一体成型製法)による、クッションのように柔らかなソール
ECCOシューズの履き心地の要である独自の一体成型製法FLUIDFORM(TM)を採用。ミッドソール(中底)に柔らかく軽量で反発性を発揮する素材PHOREN(TM)(フォーレーン)を使用し、衝撃を吸収しつつ軽量で快適な履き心地を実現しました

4. サステナブルな素材と製造
レザー製造時の節水を重視したECCO独自の技術DriTan(TM)(ドライタン)レザー、アウトソールにはリサイクルラバーを採用しサステナブルな素材と製造です


【会社概要】
社名 : エコー・ジャパン株式会社
所在地: 〒100-6113 東京都千代田区永田町2-10-3 東急キャピトルタワー13F
代表 : 代表取締役社長 犬塚 景子
URL : http://jp.ecco.com/


【ECCOとは】
ECCOは、スタイルと快適さを兼ね備えた世界をリードするプレミアムシューズブランドです。ECCOの成功は、優れたフィット感と最高品質のレザーを使用した製品に基づいています。ECCOは、ECCOレザーのタナリー(皮なめし)工場や靴の製造から卸売りや小売りの活動まで、バリューチェーンのあらゆる側面を所有および管理しています。ECCOの製品は、約100カ国で2,000を超えるECCOショップと14,000を超える販売拠点から販売されています。ECCOは家族経営で、1963年にデンマークで設立され、世界中で20,000人以上を雇用しています。
https://jp.ecco.com/


【ECCO LEATHERとは】
レザーの革新を推進する:ECCOレザーは、業界で最も象徴的な現代のデザイナーやブランドの一部のために、非常に進歩的なレザーを開発しています。同社はオランダに主要なタナリー(革なめし)施設を持ち、ヨーロッパ、東南アジア、極東にゴールドスター評価を受けた施設を所有しています。ECCOレザーの生産ネットワークは、顧客が指定した完成品メーカーとのシームレスなコミュニケーションを確保しながら、増大する顧客のニーズに合わせて拡張された、クリーンで安全かつ柔軟な運用を特徴としています。
イノベーションにおける豊かな伝統を維持するために、ECCOレザーは、デザイナー、バイヤー、生産マネージャー、マーケター、皮革技術者の団結を目的とした、学際的な共同クリエイティブラボを主催しています。これらの毎年恒例の4日間のHOT-SHOPイベントにより、参加者は新しいレザーの方向性を想像し、統合されたチームで作業して新しいレザーのプロトタイプを作成し、サンプリングすることができます。
https://eccoleather.com/


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

徳島新聞WEBの「ニュースリリース(メディア向け発表資料)」は、リリース配信会社が発行する企業や団体が提供する情報を受け、加工せずに掲載しています。このサイトに掲載しているニュースリリースに掲載されている製品、サービスの品質・内容については、徳島新聞社は保証致しません。また掲載されている文言、写真、図表などの著作権はそれぞれの発表者に帰属します。リリースに掲載されている製品に関するお問い合わせは、各企業・団体にご連絡ください。 徳島新聞WEB上のデータの著作権は徳島新聞社に属し、私的に利用する以外の利用は認められません。