配信元:@Press

重曹、クエン酸などをメインとした自然派トイレタリーの製造・販売する株式会社丹羽久(本社:岐阜県恵那市、代表:丹羽 誠)は、巣ごもり需要の中でも増加しているキッチン家電市場の動向を受け、電子レンジを簡単に洗浄できる『住まいの魔法のスチーム レンチン! 電子レンジの洗浄剤』を全国のスーパー、ドラックストア、ホームセンターにて9月21日に発売致します。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/276573/LL_img_276573_1.jpg
住まいの魔法のスチーム レンチン! 電子レンジの洗浄剤

■開発の背景
巣ごもり需要が拡大する中、自炊の機会が増え、キッチン家電の売れ行きが増加の傾向にあります。
中でも電子レンジは、2020年より高機能&高価格帯のものが売れ筋で、“スチーム調理機能”や“脱臭機能”など、充実した機能を持つオーブンレンジタイプは、自炊料理の幅を広げる事で、特に人気が集まっています。
多くの消費者が1日1回は使用する電子レンジですが、その掃除習慣はあまり根付いていません。しかし、電子レンジ汚れの放置には、実は様々なデメリットが潜んでいます。

デメリット(1):汚れが頑固になり落ちにくくなり、悪臭の原因にも。
デメリット(2):電子レンジ本来の機能に悪影響が出たり、電力の消費量が高くなる可能性。
デメリット(3):菌が繁殖する事による食中毒の危険性。
そこで私たちは、【簡単・安全】な電子レンジ掃除をご提案するため、食品を扱う電子レンジにも安心して使用できるクリーナーの開発に至りました。


■特長1 スチーム2分で簡単&時短! 中性成分で安全に
電子レンジの庫内は掃除がしづらい複雑な構造のものが多く、どうしても時間・労力がかかりがちです。そこで本品では、洗浄液をスチーム化させることで、液が庫内に満遍なく行き渡り、頑固に付いた汚れを浮かして落とす仕組みを採用しました。浮き上がった汚れのみをふき取るだけなので、簡単かつ時短が可能になります。
さらに、液性は中性。自社調査によると、家電メーカーは、電子レンジの掃除は【中性洗剤】の使用を推奨しており、その他の液性(弱酸性・アルカリ性など)は機器に影響を及ぼす可能性があるとしています。機器に対して適切な洗剤を使用する事で、大切なキッチン家電を長く大切に使っていただきたいと考えています。


■特長2 コスパ◎で経済的
本品は、1回につき32円分で、代表的な使い捨てシートタイプの電子レンジクリーナーに対して、3分の1のコスト減を実現しました。さらに、お掃除に必要なものは、お手持ちの耐熱容器&フキン(またはキッチンペーパー)だけなので、新たに余計なゴミを排出しません。
月1回の洗浄ではなく、毎日の洗浄を無理なく経済的に続けられるので、汚れが頑固になりにくく電子レンジが長持ちしやすくなります。


■特長3 自然派由来で環境に優しい。
本品は自然派の成分のみを配合しています。主な洗浄成分は、石けん(カルボン酸塩)。石けんは自然界にある天然の牛脂やヤシ油、パーム油などを原料とし、環境負荷を考えた成分配合となっております。
強い薬剤を使用していないため、毎日の食品を扱う電子レンジにも安心してお使いいただけます。


■商品概要
商品名 : 住まいの魔法のスチーム レンチン! 電子レンジの洗浄剤
内容量 : 500ml
使用回数 : 25回
参考小売価格: 817円(税抜)、899円(税込)
発売日 : 2021年9月21日
販売場所 : 全国のドラッグストア、スーパー、ホームセンター
成分 : カルボン酸塩、防腐剤
液性 : 中性
対応機器 : 電子レンジ、オーブンレンジ
URL : https://www.niwakyu.com/microwave/


■会社概要
社名 : 株式会社丹羽久(ニワキュウ)
代表 : 代表取締役社長 丹羽 誠
創業 : 明治13年(1880年)
設立 : 平成7年(1995年)9月
事業内容 : 重曹、クエン酸、消臭剤、塩などをメインとしたトイレタリー、
食品の製造・販売
本社所在地: 〒509-7205 岐阜県恵那市長島町中野604-1
TEL : 0573-25-5201
営業・マーケティング本部所在地:
〒108-0073 東京都港区三田2-14-5 フロイントゥ三田801
URL : https://www.niwakyu.com/


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

徳島新聞WEBの「ニュースリリース(メディア向け発表資料)」は、リリース配信会社が発行する企業や団体が提供する情報を受け、加工せずに掲載しています。このサイトに掲載しているニュースリリースに掲載されている製品、サービスの品質・内容については、徳島新聞社は保証致しません。また掲載されている文言、写真、図表などの著作権はそれぞれの発表者に帰属します。リリースに掲載されている製品に関するお問い合わせは、各企業・団体にご連絡ください。 徳島新聞WEB上のデータの著作権は徳島新聞社に属し、私的に利用する以外の利用は認められません。