配信元:@Press

ルタワジャパン株式会社(本社:大阪府大阪市)は、アウトドアに最適な超軽量マルチユースバックパック「The Ultima 22(アルティマ22)」をクラウドファンディングサイトMakuakeにて先行販売を開始し、現在応援購入総額380万円を突破しましたことをお知らせします。本プロジェクトは10月7日まで実施中です。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/276230/LL_img_276230_1.jpg
商品TOP画像

「The Ultima 22」Makuakeプロジェクトページ
https://www.makuake.com/project/ultima22
「The Ultima 22」商品HP
https://www.rutawa.com/ultima22


■「The Ultima 22」とは
耐久性・防水性に優れたCORDURAファブリックとYKKウォータータイトジッパーの防水素材を使用し、ロールトップデザインとテープで覆われた縫い目が水をシャットアウト。雨や雪、湖畔や泥の中でも、すべての持ち物をドライに保ちます。
画像2: https://www.atpress.ne.jp/releases/276230/LL_img_276230_2.jpg
防水性

1. 携帯性:ポーチに収納時はソーダ缶とほぼ同等サイズで280gの超軽量、片手に収まるほどの超コンパクト設計の非常にコンパクトに収納ができるバックパックです。メインバックとしてもサブバックとしても驚異的な携帯性でアクティブライフをサポートします。
画像3: https://www.atpress.ne.jp/releases/276230/LL_img_276230_3.jpg
コンパクト収納

2. 機能性:着脱可能なヒップバッグを搭載し、使いたい時に使いたい形状を選んで使用可能。バックパックの両サイドには大きめのボトルでもしっかりと収納できる収納力のあるメッシュポケットを完備。バックサポートは取り外しも可能なので、岩場や野原で腰をかける際のシートにも。リザーバーも入りトレッキングやトレイルランなど水分の持ち運びと給水が必要な場面でも便利でユーザービリティを意識した設計となっています。
画像4: https://www.atpress.ne.jp/releases/276230/LL_img_276230_4.jpg
ヒップバッグ(1)
画像5: https://www.atpress.ne.jp/releases/276230/LL_img_276230_5.jpg
使用スタイル

3. デザイン性:アウトドアからタウンユースまでどんな場面でも使えるデザインを意識し、携帯性・利便性・機能性を兼ね備え、様々な利用シーンに合わせて好きな時に使える選べる3色カラーを用意しました。
画像6: https://www.atpress.ne.jp/releases/276230/LL_img_276230_6.jpg
アウトドアイメージ(1)
画像7: https://www.atpress.ne.jp/releases/276230/LL_img_276230_7.jpg
カラー展開

■Makuakeでの先行販売は10月7日まで実施中
好評につき【最速割 30%OFF】は限定個数終了致しましたが、現在、【超超早割】8,970円(一般販売予定価格の27%オフ/税・送料込み)、【ダブル最速割】16,480円(一般販売予定価格の33%オフ/税・送料込み)が購入可能です。※各限定個数あり。


■仕様
バックパックサイズ:54cm×31cm
バックパック重さ :約285g
バックパック容量 :22L

ヒップバッグサイズ:24cm×14cm
ヒップバッグ重さ :約70g
ヒップバッグ容量 :3L

「The Ultima 22」Makuakeプロジェクトページ
https://www.makuake.com/project/ultima22
「The Ultima 22」商品HP
https://www.rutawa.com/ultima22
ルタワジャパン株式会社HP
https://www.rutawa.com


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

徳島新聞WEBの「ニュースリリース(メディア向け発表資料)」は、リリース配信会社が発行する企業や団体が提供する情報を受け、加工せずに掲載しています。このサイトに掲載しているニュースリリースに掲載されている製品、サービスの品質・内容については、徳島新聞社は保証致しません。また掲載されている文言、写真、図表などの著作権はそれぞれの発表者に帰属します。リリースに掲載されている製品に関するお問い合わせは、各企業・団体にご連絡ください。 徳島新聞WEB上のデータの著作権は徳島新聞社に属し、私的に利用する以外の利用は認められません。