配信元:共同通信PRワイヤー

2021年9月22日
一般社団法人ヤマトグループ総合研究所

第3回懸賞論文の募集を10月1日(金)から開始 テーマは「2030年の物流」-ニューノーマルに対応した物流- ― 慶應義塾大学の國領教授を審査員長に迎え、最優秀賞には30万円を贈呈 ―  


【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202109210374-O1-EzoE6MW3

 

一般社団法人ヤマトグループ総合研究所(本社:東京都港区、理事長:木川 眞、以下「ヤマト総研」)は、第3回懸賞論文の募集を実施します。募集期間は2021年10月1日(金)から2022年1月31日(月)までとなります。実施3回目となる今回は、「2030年の物流 -ニューノーマルに対応した物流-」をテーマとし、審査委員長に慶應義塾大学の國領教授を迎え、最優秀賞には30万円と記念品を贈呈いたします。

 



 

1. 背景および目的

新型コロナウィルスの感染拡大や自然災害の頻発など社会環境の変化を受け、人々の価値観や生活様式は大きく変化しています。「ニューノーマル」という社会概念も生まれ、人々の安全・安心に対する考え方や地球環境問題、SDGsに関する意識の高まりなど、今後も私たちを取り巻く環境は変化し続けることが想定されます。

物流においても同様に、社会ニーズの変化に柔軟に対応する必要があり、非接触での荷物の集荷、受取りやカーボンニュートラルへの対応、グローバル化、最新技術の活用など様々な領域での変革が求められています。

ヤマト総研は、物流を通じた社会課題の解決に向け新たな知見を集め、持続可能な社会の実現に貢献することを目指し、2019年度より懸賞論文募集を実施しています。第3回目となる今回は、2030年の未来を見据え、“「ニューノーマル」をどのようにイメージするか”、“どのような物流のあり方が求められるのか”など「2030年の物流 ―ニューノーマルに対応した物流―」をテーマとしました。

 

 

2. 募集概要

 

【表:https://kyodonewsprwire.jp/prwfile/release/M106587/202109210374/_prw_OT1fl_7pzI34Jg.png

 

※募集内容詳細は、ホームページをご参照ください。

URL:https://awards.yamato-soken.or.jp/

 

 

3.関連イベント

懸賞論文募集を多くの方々に知っていただくため、第3回懸賞論文のテーマに関連する講演と 第2回懸賞論文受賞者が発表するイベントを開催します。

 

(1)日時:2021年10月21日(木)16:00~18:00

(2)開催方法:オンライン

(3)内容(予定)

      ①基調講演「新時代の物流の役割」

       ボストンコンサルティンググループ 

          日本共同代表 秋池 玲子氏

  ②受賞論文発表(最優秀賞、優秀賞、特別賞 計5名)

(4)参加費用:無料

(5)参加対象:どなたでもご参加いただけます。

(6)申込方法:ホームページよりお申込みください。

URL:https://awards.yamato-soken.or.jp/

 

 

【お問い合わせ】

<一般の方>

ヤマトグループ総合研究所 荒川・大野  TEL:03-4564-2048

 

 

 

【参考】

第2回懸賞論文募集のテーマは「2030年の物流」-持続可能な社会に資する物流のニューノーマル-~ 審査員長に慶應義塾大学の國領教授を迎え、最優秀賞には30万円を贈呈 ~ (2020年10月01日)

https://www.yamato-hd.co.jp/news/2020/20201001.html

 

第2回懸賞論文募集の受賞作品を決定!(2021年04月30日)

https://www.yamato-hd.co.jp/news/2021/newsrelease_210430.html

 

第2回懸賞論文募集の受賞作品はこちらからご覧いただけます

https://www.yamato-soken.or.jp/awards/results2020/

 

 

徳島新聞WEBの「ニュースリリース(メディア向け発表資料)」は、リリース配信会社が発行する企業や団体が提供する情報を受け、加工せずに掲載しています。このサイトに掲載しているニュースリリースに掲載されている製品、サービスの品質・内容については、徳島新聞社は保証致しません。また掲載されている文言、写真、図表などの著作権はそれぞれの発表者に帰属します。リリースに掲載されている製品に関するお問い合わせは、各企業・団体にご連絡ください。 徳島新聞WEB上のデータの著作権は徳島新聞社に属し、私的に利用する以外の利用は認められません。