配信元:共同通信PRワイヤー

AsiaNet 91846 (2206)

【ロンドン、ミュンヘン2021年9月22日PR Newswire=共同通信JBN】ベンガルールを本拠とするProdigy Technovations Pvt. Ltdは、5G、モバイル、自動車、IoT、AR/VRアプリケーション向けにレーンインターフェース当たり23.2 Gbpsで次世代のフラッシュメモリーUFS4.0の開発および検証に使用するPGY-UFS4.0-PA(https://prodigytechno.com/device/ufs-4-0-protocol-analyzer/ )M-PHYSM、UniPro(R)、UFS 4.0プロトコルアナライザーを発表する。PGY-UFS4.0-PA(https://prodigytechno.com/device/ufs-4-0-protocol-analyzer/ )は、設計およびテストエンジニアがUniProおよびUFS3.0設計の仕様をテストすることを可能にする有力な計測機器である。PGY-UFS4.0-PAは、UFS2.0/2.1/3.0/3.1仕様と下位互換性がある。

ディープキャプチャー、強力なトリガー機能、徹底した分析ビューは、Universal Flash Storage 4.0、UniPro(R)、M-PHYSMプロトコルレイヤーの前例のないインサイトを提供する。PGY-UFS4.0-PA(https://prodigytechno.com/device/ufs-4-0-protocol-analyzer/ )のマルチレイヤービューは単一のGUIでM-PHYSM、UniPro(R)、UFSのプロトコルアクティビティーの完全なビューを提供する。ユーザーはプロトコルエラーの原因を迅速にデバッグし、見つけるためにプロトコルレイヤー間でプロトコルアクティビティーを容易に関連付けることができる。ユーザーは、さまざまなトリガー条件を設定して、特定のプロトコルアクティビティーをキャプチャし、UFS4.0ホストとデバイス間の通信をデコードすることができる。解読されたデータはシンボル、UniPro、UFSレイヤーパケットで表示される。エラーリポートは、数百万のプロトコルパケットにおけるプロトコルエラーのさまざまなタイプの要約を提供する。

PGY-UFS4.0-PA(https://prodigytechno.com/device/ufs-4-0-protocol-analyzer/ )M-PHYSM、UniPro(R)、UFS4.0プロトコルアナライザーの主要な機能は以下の通り。

*プロトコルデータの継続的なストリーミングを使用して大量のデータを収集する柔軟性
*固定のアクティブプローブおよびカスタム設計プローブは高い信号忠実度を提供
*エラー分析によるリアルタイムのプロトコル解読
*MPHY、UniPro、UFSレイヤーパケットコンテンツに基づくトリガー
*MPHY、UniPro、UFSレイヤープロトコル解読
*強力な検索およびフィルター機能

詳細な製品情報はウェブサイトhttps://prodigytechno.com/device/ufs-4-0-protocol-analyzer/ を参照。

この製品のビデオはhttps://www.youtube.com/watch?v=ogSAzx2u0Ng で見ることができる。

Prodigy Technovationsは、近日開催のMIPI DevconでPGY-UFS4.0-PA(https://prodigytechno.com/device/ufs-4-0-protocol-analyzer/ )を紹介する。9月28日から29日まで開催されるMIPI Devcon(https://www.mipi.org/devcon/2021 )バーチャルイベントを訪問していただきたい。UFS4.0ウェビナー(https://prodigytechno.com/event/webinar-on-ufs-4-0-20th-october-2021/ )は2021年10月20日に開催予定。

価格と販売
PGY-UFS4.0-PA(https://prodigytechno.com/device/ufs-4-0-protocol-analyzer/ )は現在注文を受け付けている。見積もりと価格については電子メール contact@prodigytechno.comに問い合わせを。

▽Prodigy Technovationsについて
Prodigy Technovations Pvt Ltdは、eMMC(https://prodigytechno.com/device/emmc-protocol-analyzer/ )、SD(https://prodigytechno.com/device/emmc-protocol-analyzer/ )、SDIO(https://prodigytechno.com/device/emmc-protocol-analyzer/ )、UHS II(https://prodigytechno.com/device/uhs2-protocol-analyzer/ )、I3C(https://prodigytechno.com/device/i3c-protocol-analyzer/ )、RFFE(https://prodigytechno.com/device/rffe-protocol-analyzer/ )SPMI(https://prodigytechno.com/device/spmi-protocol-analyzer/ )などの主流および新興テクノロジーを対象とする革新的なプロトコル分析ソリューションの大手プロバイダーである。同社はプロトコルデコードや、テスト・計測機器に関するPHYレーヤーテストソリューションを提供している。同社が現在取り組んでいるのは、最新のハードウエアテクノロジーを使用した革新的かつ包括的なプロトコル分析ソリューション実装の成功などである。

▽問い合わせ先
Godfree Coelho
Godfree.coelho@prodigytechno.com
+91 80 4212 6100

Photo: https://mma.prnewswire.com/media/1631999/HSG5B_Protocol.jpg
Video: https://mma.prnewswire.com/media/1632010/UFS_video.mp4

ソース:Prodigy Technovations Pvt Ltd

徳島新聞WEBの「ニュースリリース(メディア向け発表資料)」は、リリース配信会社が発行する企業や団体が提供する情報を受け、加工せずに掲載しています。このサイトに掲載しているニュースリリースに掲載されている製品、サービスの品質・内容については、徳島新聞社は保証致しません。また掲載されている文言、写真、図表などの著作権はそれぞれの発表者に帰属します。リリースに掲載されている製品に関するお問い合わせは、各企業・団体にご連絡ください。 徳島新聞WEB上のデータの著作権は徳島新聞社に属し、私的に利用する以外の利用は認められません。