配信元:@Press

1875年にアメリカで誕生した時計ブランド BULOVA(ブローバ)の、時代を超えて人々を魅了するクラシカルデザインを基調とし、シンプルで洗練された美しいコレクション“クラシックコレクション”からスケルトン仕様のオートマチックモデルが3型登場します。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/276090/LL_img_276090_2.jpg
97A169 PRカット


ブローバの数あるコレクションの中でも、高い人気の自動巻きのスケルトンウォッチ。文字盤を大胆に抜いたスケルトンダイヤルとシースルーケースバックからムーブメントの作りや動きを見て楽しむことができるのが最大の魅力です。山型に成型したインデックスや時・分針はスケルトンのデザインの中に、立体感を与えることで視認性を高めました。

また、3つのインダイヤルのオープンワークもスケルトンの表情に軽やかな動きを与えています。文字盤外周部には、美しいペルラージュ仕上げを施すことで、力強いデザインにクラシカルで高級な雰囲気を醸し出しています。そして12時位置にはブローバの音叉マークを配した、ディテールにこだわりがあふれる時計です。

ブラックにローズゴールドの華やかさが加わったローズゴールドモデル、シルバートーンのステンレススチールモデル、さらにブラック基調にイエローゴールドがカラーアクセントのブラックモデルと、異なるイメージの3型を自動巻きモデルのエントリープライスで取り揃えています。


■BULOVA(ブローバ) クラシックコレクション 商品スペック

画像2: https://www.atpress.ne.jp/releases/276090/LL_img_276090_3.jpg
97A169


品番 : 97A169
本体価格 : 53,000円
税込価格 : 58,300円
ムーブメント: 自動巻き
ケース径 : 43mm
ケース厚 : 12.1mm
ケース素材 : ステンレススチール ローズゴールドPVD
ベルト素材 : カーフレザーストラップ
防水 : 3気圧防水

画像3: https://www.atpress.ne.jp/releases/276090/LL_img_276090_4.jpg
96A266

品番 : 96A266
本体価格 : 48,000円
税込価格 : 52,800円
ムーブメント: 自動巻き
ケース径 : 43mm
ケース厚 : 12.1mm
ケース素材 : ステンレススチール
ベルト素材 : カーフレザーストラップ
防水 : 3気圧防水

画像4: https://www.atpress.ne.jp/releases/276090/LL_img_276090_5.jpg
98A283

品番 : 98A283
本体価格 : 53,000円
税込価格 : 58,300円
ムーブメント: 自動巻き
ケース径 : 43mm
ケース厚 : 12.1mm
ケース素材 : ステンレススチール ブラックPVD
ベルト素材 : カーフレザーストラップ
防水 : 3気圧防水


■BULOVAについて
1875年にジョセフ・ブローバが設立したBULOVAは、数々の「世界初」を生み出してきました。ニューヨークに本社を置き、8ヵ国にインターナショナルオフィスを構え、世界65の国と地域で販売を展開するBULOVA。140年以上前に創業者がインスピレーションを得たクラフトマンシップ(職人技)、イノベーション(革新)、テクノロジー(技術)という企業理念を今も大切に守り続けております。これまでの伝統を守りつつ、独特のデザイン、高性能テクノロジー、優れた品質を合わせ持った魅力的な時計を世界中へ届け、これからも輝かしい歴史を創り続けます。

BULOVAオフィシャルサイト: https://bulova.jp/

※本リリースの内容は発表日時点の情報です。商品のデザイン及び価格、発売日、スペックなどは、一部変更になる場合があります。


■一般のお客様のお問い合わせ先
ブローバ相談室
TEL : 0570-03-1390
受付時間: 9:30~17:30(祝日を除く月~金)


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

徳島新聞WEBの「ニュースリリース(メディア向け発表資料)」は、リリース配信会社が発行する企業や団体が提供する情報を受け、加工せずに掲載しています。このサイトに掲載しているニュースリリースに掲載されている製品、サービスの品質・内容については、徳島新聞社は保証致しません。また掲載されている文言、写真、図表などの著作権はそれぞれの発表者に帰属します。リリースに掲載されている製品に関するお問い合わせは、各企業・団体にご連絡ください。 徳島新聞WEB上のデータの著作権は徳島新聞社に属し、私的に利用する以外の利用は認められません。