配信元:@Press

着物の帯をアップサイクルした一点物のオリジナルデザインバッグを企画販売しているSpice bebe-ya(スパイスベベ屋、東京都中央区銀座)はNew York, Soho(ニューヨーク・ソーホー)の高級セレクトショップ“Flying Solo NYC(フライングソロ)”にて帯地バッグの販売を2021年10月1日から開始いたします。日本のバッグブランドが選ばれるのは初めてのことで、非常に注目されています。
画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/276620/LL_img_276620_1.jpg
Spice bebe-ya_image

『スパイスベベ屋』URL: https://spicebebe-ya.tokyo/


■スパイスベベ屋が生み出す、世界に1つだけの“持ち歩けるアート”

画像2: https://www.atpress.ne.jp/releases/276620/LL_img_276620_2.jpg
幅30センチが織りなすアートで、ダイバーシティを表現するスパイスベベ屋のバッグの世界

スパイスベベ屋は日本製にこだわり、企画・製造・販売までを行う日本のエシカルファッションブランドです。アイキャッチャーで洗練されたデザインが特徴で、全てのバッグにはシリアルナンバーが縫われています。無店舗型ブランドで、ECをメインに世界中へお届けしています。デザイナーJasmineが全てのデザインを手がける個性豊かなバッグは、“持ち歩けるアート”として昇華された唯一無二の逸品だといえるでしょう。


■NYの高級セレクトショップ「Flying Solo NYC(フライングソロ)」とは?

画像3: https://www.atpress.ne.jp/releases/276620/LL_img_276620_18.jpg
Flying Solo NYC_shopimage

出典:Flying solo NYC https://flyingsolo.nyc/

「Flying Solo NYC」はファインジュエリーブランド「Solomeina」のオーナーであるエリザベス・ソロメイナがオープンした、世界中のインディペンデントブランドのみを取り扱う高級セレクトショップで、コロナ禍においてもソーホーに2店舗目をオープンさせた、いまニューヨークで注目されているショップです。フライングソロは、多くのセレブにも衣装を提供しており、Vogue, Elle, Cosmopolitanなど多くの雑誌に掲載されています。

「Flying Solo NYC」のメンバーシップブランドになるための審査が通り、会員になれた各デザイナーの商品は「Flying Solo NYC」のオンラインサイトならびに実店舗で販売され、新作発表などのパーティーは同店舗内で行うことができます。また、年2回行われるファッションウィークにも「Flying Solo NYC」のメンバーとして参加可能です。

スパイスベベ屋のような独立したデザイナーが運営するブランドにとって、店舗と販促経路を借りることができるのは非常に魅力的でしょう。この会員制とシェアリング・エコノミーを組み合わせた新しいビジネスモデルはファッションや小売の分野にとって革新的な取り組みだといえます。


■スパイスベベ屋の目指す世界~「Flying Solo NYC」との出会い~

画像4: https://www.atpress.ne.jp/releases/276620/LL_img_276620_3.jpg
Spice bebe-ya_image_25_1

スパイスベベ屋のコンセプトである「Variety is the spice of life. ~変化は人生のスパイス~」は、スパイスの持ち味である多様性や多くの変化が、人生を適度に刺激し面白くするものだと説かれています。スパイスべべ屋のバラエティーに富んだ唯一無二の製品達においても、互いの個性を否定することなく尊重しあい、ありのまま自由な姿で共生しているというダイバーシティな世界観を表現しています。「Flying Solo NYC」の、立場や資金力関係なく“良いデザイン”にチャンスを与える考え方や取り組みに強く共感しています。

「Flying Solo NYC」は毎シーズン世界中から寄せられる何千もの応募の中から厳選な審査を経て、100ブランドのみをブランドに加えています。2020年時点では約1600ものブランドがメンバー入りを待ち望んでいました。そんな中、帯の魅力を最大限に引き出し「持ち運べるアート」を生み出すスパイスベベ屋のデザイン、そしてブランド自身のダイバーシティに対する考え方は、世界のファッションカルチャー最前線で働く彼らにしっかりと受け止められました。まさに、スパイスベベ屋は今後のインディペンデントブランドへ新たな道筋を示したといえるでしょう。

画像5: https://www.atpress.ne.jp/releases/276620/LL_img_276620_4.jpg
Spice bebe-ya_image_12_18

■JAPANESEインディペンデントブランドのこれから
国内アパレル総小売市場規模は、COVID-19の影響により市場縮小に拍車をかけています。対して海外市場には、購買意欲の高い消費者が国内市場に比べて多く存在するため、国内ブランドも海外に目を向け始めています。しかし個人のデザイナーでは、越境ECサイトや実店舗設置は厳しい状況です。「Flying Solo NYC」のような新しいビジネスモデルを持ち、海外のセレブが一目を置くセレクトショップに認められることは、インディペンデントブランドが生き残り、より成長していくうえで大きなチャンスと言えます。そのチャンスを掴んだ「スパイスベベ屋」は、“持ち運べるアート”を手に世界へ走り出したばかりです。


【商品概要】
着物の帯を“持ち運べるアート“まで昇華させた、今までにないアイキャッチャーなオリジナルデザインの一点物バッグ。全商品シリアルナンバー入り。
Nigirin Boston Bag:$2,500~
Drum Barrel Bag :$3,300~
Bow Clutch Bag :$1,300~

https://spicebebe-ya.tokyo/


【会社概要】
事業名 : スパイスベベ屋
会社名 : スパイスベベ
所在地 : 〒104-0061 東京都中央区銀座6-13-16 銀座WallビルUCF7F
代表者 : 瀧澤 ジャスミン(タキザワ ジャスミン)
設立 : 2018年5月
URL : https://spicebebe-ya.tokyo/
事業内容: ファッションブランド「スパイスベベ屋」の運営(企画/製造/販売)


【本件に関するお問い合わせ】
担当者名 : 高橋
メールアドレス: info@spicebebe-ya.tokyo
TEL : 050-3718-0879


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

徳島新聞WEBの「ニュースリリース(メディア向け発表資料)」は、リリース配信会社が発行する企業や団体が提供する情報を受け、加工せずに掲載しています。このサイトに掲載しているニュースリリースに掲載されている製品、サービスの品質・内容については、徳島新聞社は保証致しません。また掲載されている文言、写真、図表などの著作権はそれぞれの発表者に帰属します。リリースに掲載されている製品に関するお問い合わせは、各企業・団体にご連絡ください。 徳島新聞WEB上のデータの著作権は徳島新聞社に属し、私的に利用する以外の利用は認められません。