配信元:@Press

SDGs関連技術を軸にシード段階の起業家と共に連続的に事業創造を行なうスタートアップスタジオ事業を展開する、株式会社R-StartupStudio(本社:東京都港区、代表取締役:生原 雄大、以下 RSS)とナイジェリア・ラゴスを起点に、主に新興市場や発展途上国の都市部を中心に、各国の廃棄物処理のエコシステムを刷新するプロジェクトを2021年9月29日から展開するWMC.org(共同創業者 Felix Iziomoh及び田山 貴教、ラゴスで現地法人設立準備中、以下 WMC)は、この度、業務提携の基本合意を締結するに至りましたので、お知らせします。
WMCは、Zero WasteやZero Emission、サーキュラーエコノミーに関連する世界中の中小企業やスタートアップと連携し、都市廃棄物問題を解決すべく、ビジネスエコシステムの創生を始めます。

【URL】 https://www.wm-challenge.org/

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/277495/LL_img_277495_1.jpg
WMC

■WMCとは
世界の特に新興国や発展途上国では、急速な都市人口の増加に伴い、多くの都市で廃棄物処理が社会問題となっています。WMCの共同創業者のFelix Iziomohは、ナイジェリア・ラゴス市で生まれ育ち、街がゴミで溢れ、ゴミが原因で洪水まで発生する現状を打破するため、中小・スタートアップのインキュベーションを行なっている田山 貴教と相談し、共に世界の廃棄物問題の解決のためのプラットフォーム運営組織を創設するに至りました。

WMCは、両氏が出会ったサステナビリティに関わる次世代リーダーのグローバルネットワークNELIS(「ネリス」、 https://nelisglobal.org/ )の4Revsプログラムと連携したアフィリエイトプロジェクトでもあります。
参考:4Revs https://www.asahi.com/sdgs/article/14363101

WMCでは、以下の事業に取り組みます。
1) 回収、分類、加工、リサイクル/アップサイクル、エネルギー転換、ゼロウェイスト、汚染防止、汚染回復など、廃棄物管理のビジネスエコシステム全体をカバーする領域で、世界中の中小企業やスタートアップと共創し、Waste-to-Wealth, Waste-to-Energyな国際的バリューチェーンを構築します。コンセプトは「HUB for Change Makers」。そのためのグローバルイノベーション&クリエイティブチャレンジ「Waste Management Challenge」を企画、運営します。

2) また、新興国や発展途上国では廃棄物の回収など低所得者層にとって新たな仕事の機会が増えつつあります。その一方で、銀行口座の所有率が低く、現金による取引リスクが高いことから、革新的な金融ソリューションを提供する企業とプラットフォームの連携も進めていきます。さらに、ESGやサステナビリティ等の文脈からロジスティクス領域において排出される温室効果ガスの削減にも寄与してまいります。ローカルからグローバルまで、バリューチェーン全体で最適なロジスティクスを組むことが肝要で、コストだけによらないサステナブルなロジスティクスを物流分野のパートナー企業と共に構築してまいります。

3) まずは日系の中小企業やスタートアップに対して、ナイジェリア・ラゴスを皮切りにアフリカ、アジア、ラテンアメリカ等の新興市場に、各社のソリューションやプロダクトを展開するための包括的なサポートサービス及びローカライズ支援・進出支援を提供します。並行して、北アメリカ、日本、オセアニア、EU圏の投融資等の金融機関とのマッチングを促進するためのファイナンシャル・アドバイザリーサービスや、進出対象国における適切なローカルパートナーとの接続支援サービスを提供します。

4) 3)に関連して、中小企業やスタートアップのソリューションやプロダクトが、進出予定の新興市場や発展途上国で実際に事業化できるかどうかを予め確認できるよう、フィージビリティスタディや実証実験をリモートで実施できるPoC検証サービスを提供していきます。

同時に、世界中から、事業やプロジェクトを通じて社会問題の解決を志す起業家や社会起業家、アクティビスト等チェンジメーカーの候補者を募り、互いに刺激し学習、影響しあい、より良い実践者たちを生み出す「Change Makers Factory(仮)」の設立を構想しています。文化的背景、歴史、国籍、性別などあらゆるボーダーを越えた繋がりを通じて、世界中の都市における社会課題の解決に取り組みます。

具体的には、
(a) チェンジメーカーが視座を上げ能力を向上させるトレーニングプログラムの提供
(b) 事業やプロジェクトをローンチさせるための資金をロングタームで提供する投融資プログラムの2つを計画しており、ファミリーオフィス、資産運用会社、インパクト投資機関、財団との協業により、Change Makers Factoryを立ち上げてまいります。


■WMCプロジェクトパートナーの一部ご紹介

画像2: https://www.atpress.ne.jp/releases/277495/LL_img_277495_2.png
UNVOVERD FUND

会社名 : 株式会社アンカバードファンド
代表者 : 寺久保 拓摩
設立 : 2019年9月26日
URL : https://uncoveredfund.com/
事業内容:
ケニア/ナイジェリア/南アフリカ共和国に拠点を持ち、アフリカ大陸をはじめ新興国の産業創出をリードするベンチャーキャピタル。「カバーされていない=アンカバード(un covered)」な世界で未開の才能を発掘し、事業を作り、雇用を生み出し、世界100億人が共存する持続可能な未来を創造するために大きな価値創造を共創している。

画像3: https://www.atpress.ne.jp/releases/277495/LL_img_277495_3.jpeg
Zebras and Company

会社名 : 株式会社Zebras and Company
代表者 : 阿座上 陽平、陶山 祐司、田淵 良敬
設立 : 2021年3月12日
URL : https://www.zebrasand.co.jp
事業内容: 「ゼブラ企業」という概念の認知拡大のための
ムーブメント・コミュニティづくり、及び、
社会実装のための投資や経営支援の実行
資本金 : 8,850万円
株主 : 阿座上 陽平、陶山 祐司、田淵 良敬
一般財団法人 社会変革推進財団(SIIF)
株式会社日ノ樹
株式会社ミオアンドカンパニー
高木 秀邦(株式会社高木ビル/BIRTH 代表)
みらいターボ株式会社

画像4: https://www.atpress.ne.jp/releases/277495/LL_img_277495_4.png
武蔵塗料ホールディングス

会社名 : 武蔵塗料ホールディングス株式会社
代表者 : 福井 裕美子
設立 : 1958年6月30日
URL : http://www.musashipaint.com/
事業内容:
「色と機能で世界を豊かに」をミッションに掲げ、グローバルに展開する塗料メーカー。色のバリエーションと再現力、他社を圧倒する機能性により、米、中、日などBIG3をはじめ世界に名だたる自動車の内装用塗料、電子機器、プラスチック製品等幅広く提供している。石油由来の従来塗料に加え、自然由来のバイオ塗料のR&D等、環境配慮型商品の開発にも注力している。


■RSSとの提携に至った背景
RSSは、国内外のシードステージを中心とする起業家や技術者と共に、連続的に事業立ち上げを支援することによって、7年間で2,000の社会課題を解決するためのスタートアップスタジオ事業を展開しています。WMCは、廃棄物管理に関連する技術やソリューションを持つ起業家や優れた技術を有する中小企業との共創により、世界の都市における廃棄物問題を解決するためのプラットフォームです。WMCがサポートする国内外のチェンジメーカーの事業シーズや技術シーズを、RSSの知見とサービスに繋ぐことにより、チェンジメーカーの事業創造や技術向上を加速させる取り組みが可能となります。双方の強みを生かした支援体制を共同で展開することで、世界の廃棄物問題の解決を加速させるべく、今回の提携に至りました。


■キックオフイベント開催のお知らせ
Waste Management Challenge Lagosのプロジェクトローンチに伴い、以下の通り、キックオフイベントを開催します。
キックオフイベントでは、運営団体からの挨拶、招待起業家によるピッチ、参加者同士のネットワーキングを行う予定です。
参加対象者は、中小企業やスタートアップの事業展開をサポートいただける投資金融機関、販売及び事業提携などの可能性のある企業、アクセラレーターやメンターとなります。
起業家たちのピッチは1社あたり10分間、質疑応答5分間、計15分間です。
その他、ネットワーキングを中心にした構成のプログラムになります。

開催日時: 2021年9月29日(水)日本時間18:00-21:30
形式 : 東京、ラゴスのリアル会場 及び オンライン
会場 : Tokyo R-StartupStudio
東京都港区麻布台1-8-10 麻布偕成ビル1F
JETRO ラゴス事務所
7th Floor, Churchgate Tower 2, Plot PC 31, Churchgate Street Victoria Island, Lagos, NIGERIA
関連URL : https://www.wm-challenge.org/kickoff

プログラム(予定):
18:00-18:10 Introduction : Waste Management Challenge Project

18:10-18:25 Keynote Speech 1
Roberta Annan, Founder of Annan Capital Partners, from Ghana (TBC)
https://annancapitalpartners.com/

18:25-19:15 Pitch Part 1st:Digital solution
18:30-18:45 Wilhelm Myrer - Founder CEO of Empower, from Norway
https://www.empower.eco/
18:45-19:00 Matthieu de Gaudemar - Cofounder and CEO of Kudoti, from Republic of South Africa
https://kudoti.com/
19:00-19:15 Victor AMUSA - Founder/CTO of Waste Bazaar, from Nigeria
https://www.wastebazaar.com/

19:15-19:25 休憩 & Pitch 1st 個別Q&A (ブレイクアウトルーム)

19:25-20:00 Pitch Part 2nd:Recycling & Waste Management
19:30-19:45 Olawale Adebiyi - CEO of Wecyclers, from Nigeria
https://www.wecyclers.com/
19:45-20:00 Saviour O. Anyanwu - Co-Founder of OkwuEco, from Nigeria
https://okwueco.com/

20:00-20:10 休憩 & Pitch 2nd 個別Q&A (ブレイクアウトルーム)

20:10-20:25 Keynote Speech 2
Ken Shibusawa, Founder/CEO of Shibusawa & Company, Inc., from Japan
http://shibusawa-co.jp/

20:25-21:00 Pitch Part 3rd:Bio-tech solution
20:30-20:45 Nishikubo Sae - Consultant of IDA, BAKTURE Project, from Japan
https://ida-global.jp/
20:45-21:00 Alexander Fellner - Co-founder/CEO of Aranea, from Japan
https://aranea.co.jp/en/

21:00-21:10 Closing Session

21:10-21:30 Pitch 3rd 個別Q&A (ブレイクアウトルーム) & Networking


■コメンテーター(一部紹介)
渋澤 健 - シブサワ・アンド・カンパニー株式会社 代表取締役、コモンズ投信株式会社 会長
1961年逗子市生まれ。父の転勤で渡米。1983年テキサス大学化学工学部卒業。1987年UCLA大学にてMBAを取得。米系投資銀行で外債、国債、為替、株式およびデリバティブのマーケット業務に携わり、1996年に米大手ヘッジファンドに入社。2001年に独立し、シブサワ・アンド・カンパニー株式会社を創業、代表取締役に就任。2008年にコモンズ投信株式会社を創業し、会長に就任。
経済同友会幹事およびアフリカ開発支援戦略PT副委員長、UNDP(国連開発計画)SDG Impact Steering Group委員、東京大学基金シニアアドバイザー等。著書多数。

画像5: https://www.atpress.ne.jp/releases/277495/LL_img_277495_5.jpeg
渋澤 健

ダニエル・チャン
台湾生まれ、日本育ち、2012年より起業し、台湾と北京で合計3社ベンチャーを立ち上げ、一社経営メンバーとして加入、合計4社のベンチャーに携わってきました。事業内容はSNS、エンジニアのシェアリング・エコノミー、Crunchbaseのようなベンチャー・データベースになります。資金調達先はソフトバンク・チャイナ、ZhenFund、K2VCなどといったトップVCを含む8社。起業前は日本ヒューレット・パッカード、大日本印刷、シュナイダーエレクトリック、台湾半導体設計などの企業にて主に営業とマーケティングを担当。北京在住7年目となり、現在はAWSにてベンチャー支援を行っている。

画像6: https://www.atpress.ne.jp/releases/277495/LL_img_277495_6.jpeg
ダニエル・チャン

■RSSについて
【会社概要】
会社名 : 株式会社R-StartupStudio
所在地 : 東京都港区麻布台1-8-10 麻布偕成ビル1F
代表者 : 生原 雄大
設立 : 2019年1月
URL : https://r-startupstudio.com
事業内容: ●スタートアップスタジオの運営
●コワーキングサロンの運営
●クラウドファンディング支援
●クラウドチームビルディングサービスの運営

画像7: https://www.atpress.ne.jp/releases/277495/LL_img_277495_7.jpeg
R-StartupStudio

■WMCについて
【会社概要】
団体名 : Waste Management Challenge Project
所在地 : 2/4 SHOLABOMI CRESCENT, OFF OLADIMEJI STREET, AGUDA, SURULERE, LAGOS, NIGERIA
代表者 : Felix Iziomoh (Lagos), 田山 貴教 (Tokyo)
URL : https://www.wm-challenge.org/
事業内容: ●Waste Management Challengeの企画運営
●中小企業及びスタートアップの海外進出支援

画像8: https://www.atpress.ne.jp/releases/277495/LL_img_277495_8.jpeg
WMC

【お客様からのお問い合わせ先】
《問い合わせ先名称》
e-mail: hello@wm-challenge.org


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

徳島新聞WEBの「ニュースリリース(メディア向け発表資料)」は、リリース配信会社が発行する企業や団体が提供する情報を受け、加工せずに掲載しています。このサイトに掲載しているニュースリリースに掲載されている製品、サービスの品質・内容については、徳島新聞社は保証致しません。また掲載されている文言、写真、図表などの著作権はそれぞれの発表者に帰属します。リリースに掲載されている製品に関するお問い合わせは、各企業・団体にご連絡ください。 徳島新聞WEB上のデータの著作権は徳島新聞社に属し、私的に利用する以外の利用は認められません。