配信元:共同通信PRワイヤー

AsiaNet 92111

マサチューセッツ州ウェストフォード、2021年10月17日 - インテリアデザイン、空間計画、家具製造を専門としたアプリケーションおよび企業向けソリューションの主要プロバイダーである2020は、窓・ドア・ガラスメーカー向けソフトウェアの主要プロバイダーの一社であるFeneTech, Inc.を買収したことを発表いたします。この買収は、2020が提供するエンドツーエンドのソリューションを隣接市場である窓市場へと広げるもので、窓・ドアのデザイン、製造、設置について、新規および既存のお客様により幅広いソリューションをご提供できるようになります。

Logo - https://mma.prnewswire.com/media/1652300/Logo2020_300dpi_FullColor_Logo.jpg

FeneTechは、これまで20年以上にわたり、窓・ガラス・ドア業界のお客様それぞれがお持ちの独自のビジネスプロセスをサポートするためのソフトウェアソリューションの開発を手掛けてきました。FeneTechのソリューションなら、見積もり、受注から発送、納品まで、プロセスのスケジュール、最適化、実行、追跡を詳細かつリアルタイムに行うことが可能です。これにより、メーカーの皆さまの、カスタマーエクスペリエンスを重視しながらの企業成長をサポートいたします。

「FeneTechを2020のチームに迎えられることを大変喜ばしく感じています」と、2020のCEO、Mark Stoeverはコメントしています。「私たちのビジョンは、構想から設置に至るまで、事業を合理化するためのエンドツーエンドのソリューションをお客様にご提供することです。FeneTechのソリューションは、私たちのビジョンや既存の製品ポートフォリオをまさに完璧に補強してくれるものであるといえます。Ron Crowl、Horst Mertes、それに高いパフォーマンスを誇るFeneTechのチームは皆、これまで両社の成功のカギとなってきた、技術的卓越性と顧客満足とを志向するカルチャーを体現しています」。

FeneTechのCEOであるRon Crowlと、FeneTech EuropeのCEOであるHorst Mertesは、「私たちが掲げる、マーケットにとって最高の製品・サービス・サポートを提供するというミッションは2020とまさに共通しており、事業展開における次のステージに向けて力を合わせていけることを非常に楽しみにしております。我々の知見を合わせることで、お客様によりよいサービスをお届けし、リーチを拡大していくことができると考えております」と述べています。

2020へのお問い合わせ先
Karen Curtis
karen.curtis@2020spaces.com
+1 774-215-6916

2020について
2020は、インテリアデザインおよび家具業界のプロデザイナー、小売業、製造業の皆さまに、アイディアを形にし、イノベーションを促進し、プロセスを合理化するためのソフトウェア、サービス、コンテンツをご提供しています。2020の創業は1987年、本社所在地はアメリカ合衆国マサチューセッツ州ウェストフォードで、900人を超える従業員を擁し、8カ国で直接事業を展開しています。

詳細については、www.2020spaces.com をご覧ください。

FeneTechについて
FeneTech, Inc.は、窓産業向けのERP (Enterprise Resource Planning)ソリューションの開発を手掛け、世界中のガラス・窓・ドア製造メーカーの皆さまにソフトウェアソリューションをご提供しています。

詳細については、www.fenetech.comをご覧ください。

(日本語リリース:クライアント提供)

徳島新聞WEBの「ニュースリリース(メディア向け発表資料)」は、リリース配信会社が発行する企業や団体が提供する情報を受け、加工せずに掲載しています。このサイトに掲載しているニュースリリースに掲載されている製品、サービスの品質・内容については、徳島新聞社は保証致しません。また掲載されている文言、写真、図表などの著作権はそれぞれの発表者に帰属します。リリースに掲載されている製品に関するお問い合わせは、各企業・団体にご連絡ください。 徳島新聞WEB上のデータの著作権は徳島新聞社に属し、私的に利用する以外の利用は認められません。