配信元:@Press

小型ニオイセンサーと同センサーを用いた革新的サービスを企画・開発する株式会社アロマビット(東京都中央区、代表取締役:黒木 俊一郎、以下「アロマビット」)、公立大学法人 長岡造形大学(新潟県長岡市、学長:馬場 省吾、以下「長岡造形大学」)、国立大学法人 山形大学(山形県山形市、学長:玉手 英利、以下「山形大学」)は、この度アロマビットが提供した「ニオイ可視化センサー」をテーマに基づいた工業デザインを長岡造形大学 プロダクトデザイン学科 増田 譲 教授、山形大学が先端成形加工技術によるプロトタイプ製造を担当した共同研究において、プロダクトコンセプトモデル「AROMAROID(※1)」を開発しました。

株式会社アロマビット: http://www.aromabit.com


■共同研究の目的と内容:
3DプリンティングとGenerative Design(生成的デザイン)を採用し、金型成型加工技術の制約から解き放たれた、デザインから製品化までのものづくりプロセスの共同研究を行い、プロダクトコンセプトモデル「AROMAROID(※1)」を開発しました。

アロマビットが提供したニオイ可視化センサーのテーマに基づいた工業デザインを、長岡造形大学 プロダクトデザイン学科 増田 譲 教授が担当。この製品デザイン(※2)を基に、山形大学が先端成形加工技術によるプロトタイプ製造を行いました。

特徴的な造形のブルーの透明カバーは見えない匂いを表現したもので、3Dプリンティングを最大限に活かす為に、コンピュータプログラムによってデザインを生成するGenerative Design(生成的デザイン)を採用することで、金型成型では作り得ない、複雑かつ優美で抽象彫刻のように鑑賞に耐えうる造形を持った製品を目指しました。

アロマビットのニオイ可視化センサーと、照明・Bluetoothスピーカーを組み合わせることで、空気中の匂いをセンシングし照明機能と音楽、音声などで空気中の状態を知らせる機能を持った、安全で快適な環境作りをサポートする製品のコンセプトモデルです。商業施設・ご自宅等、場所を問わずご利用いただけます。

デザイン性の高い本コンセプトモデルにて、新しいサービスの形を提案いたします。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/281235/LL_img_281235_1.jpg
コンセプトモデル「AROMAROID」
画像2: https://www.atpress.ne.jp/releases/281235/LL_img_281235_2.jpg
使用イメージ(例:ホテルのロビー)
画像3: https://www.atpress.ne.jp/releases/281235/LL_img_281235_3.png
AROMAROIDのロゴ※

※1…「AROMAROID」並びにAROMAROIDのロゴは商標申請中
※2…製品デザインは長岡造形大学(新潟県長岡市)が担当、意匠登録出願中


■アロマビットについて
アロマビットは、小型ニオイセンサーをはじめとする電子機器ならびにそれらの電子機器を用いた革新的な新サービスを企画・開発・販売する企業です。

<会社概要>
会社名 : 株式会社アロマビット
所在地 : 東京都中央区銀座7-13-6 サガミビル2階
代表者 : 代表取締役 黒木 俊一郎
設立 : 2014年2月
事業内容: 小型ニオイセンサーを主体とする
電子機器・システムの開発、製造、販売。
同センサーを用いた製品ならびに
革新的なニオイサービスの企画、開発、販売。
以上を含む付帯事業。
URL : http://www.aromabit.com


■長岡造形大学について
大学名: 公立大学法人 長岡造形大学
所在地: 新潟県長岡市千秋4丁目197
学長 : 馬場 省吾
設立年: 1994年
URL : https://www.nagaoka-id.ac.jp/


■山形大学について
大学名: 国立大学法人 山形大学
所在地: 山形県山形市小白川町一丁目4-12
学長 : 玉手 英利
設立年: 1949年
URL : https://www.yamagata-u.ac.jp/jp/


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

徳島新聞WEBの「ニュースリリース(メディア向け発表資料)」は、リリース配信会社が発行する企業や団体が提供する情報を受け、加工せずに掲載しています。このサイトに掲載しているニュースリリースに掲載されている製品、サービスの品質・内容については、徳島新聞社は保証致しません。また掲載されている文言、写真、図表などの著作権はそれぞれの発表者に帰属します。リリースに掲載されている製品に関するお問い合わせは、各企業・団体にご連絡ください。 徳島新聞WEB上のデータの著作権は徳島新聞社に属し、私的に利用する以外の利用は認められません。