配信元:@Press

人材採用・入社後活躍のエン・ジャパン株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:鈴木孝二)は、静岡県掛川市(市長:久保田崇)の副市長公募にて、当社が運営するリファレンスレポートサービス『ASHIATO』(https://ashiatohr.com/)が導入されたことをお知らせします。地方自治体の副市長公募でリファレンスレポートサービスが利用されるのは全国初。下記、本導入の概要と掛川市長 久保田氏のコメントを紹介します。ぜひ、ご一読ください。

導入背景・概要
2021年10月18日(月)より静岡県掛川市は、市初となる「副市長」の公募を開始(※)。多様化する市の課題解決を推進できる人材を求め、民間企業など外部の知見を持った方を「副市長」として迎え入れます。副市長を外部から登用するのは今回が初、かつ市の未来を担う重要なポジションですので、双方のミスフィットがない採用ができるようリファレンスレポートサービス『ASHIATO』の導入を決定しました。リファレンスレポートは、採用候補者と仕事をしてきた第三者へアンケートを実施し、採用候補者のスキルや実績・人物像を事実確認する事を指します。入職後のミスフィットを防ぐ目的で実施されることが多く、欧米や外資系企業ではほとんどの企業で取り入れられており、昨今、日本でも注目されています。

今回、掛川市では最終面接前のタイミングで本サービスを活用。最終面接候補者と一緒に働いた第三者からフラットな情報をいただき、候補者について理解を深めた上で市長と面接を行なう予定です。リファレンスレポートサービスを自治体の「副市長」公募で活用するのは本市が全国初。民間企業で経験を積んだ方が、自治体でも「入職後の活躍」が実現できるよう、本サービスを通じてサポートしてまいります。
(※)掛川市の副市長募集詳細はこちら:https://www.enjapan.com/project/kakegawa.html

リファレンスレポートサービス『ASHIATO』実施方法
画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/281405/img_281405_1.png

掛川市長 久保田崇氏 コメント
英国の大学院に留学した際に、指導教官や職場などから3通の推薦状を求められました。それを元に上司や同僚から人物像のヒアリングが行なわれた上での選考を私自身が経験しています。第三者からの情報があるからこそ、さまざまな角度からの相互理解につながったと感じています。こうした海外ではスタンダードなリファレンスレポートを導入し、今回副市長公募を実施します。副市長という大役を担う候補者を選任するからこそ、このような取り組みが必要だと感じています。掛川市ではリファレンスレポートの導入も、副市長を公募することも初めての試みです。前例のないことでも良いと思うことは積極的に取り入れていく。そういった意識をお持ちの方なら、入庁後、市政改革の場でもご活躍いただけると思っています。


久保田 崇氏|掛川市長
画像2: https://www.atpress.ne.jp/releases/281405/img_281405_2.png

1976年掛川市生まれ。2000年、京都大学総合人間学部人間学科卒業。2001年、内閣府入府。ケンブリッジ大学大学院(MBA)修了。2011年、岩手県陸前高田市副市長に出向。2016年、立命館大学公務研究科教授。2019年、掛川市副市長に就任。2021年4月より現職。



リファレンスレポートサービス『ASHIATO』責任者 福村知久 コメント
当社は「入社後活躍」を実現すべく、正直詳細な企業情報の提供を通じて企業と求職者のマッチングを支援してきました。「これまでの活躍を可視化。さらなる活躍を」をコンセプトに掲げ、リファレンスレポートサービス『ASHIATO』を昨年リリース。現時点で300社以上の企業に導入いただき、重要なポジションの採用での利用の多さからも、採用におけるリファレンスレポートの必要性を感じています。そんな中、掛川市「副市長」募集に『ASHIATO』を活用いただき、大変光栄です。副市長公募でリファレンスレポートが活用されるのは、全国初。市政に影響の大きいポジションだからこそ、ご本人のみならず、第三者からのフラットな情報を元にした適切なマッチングが重要です。
企業に限らず行政においても、より精度の高い「入職後活躍」を実現し行政・転職者双方に貢献してまいります。


福村 知久|エン・ジャパン(株)『ASHIATO』責任者
画像3: https://www.atpress.ne.jp/releases/281405/img_281405_3.png

大手企業中心に採用支援のセールスを経て、当社の人事部へ異動。約7年間新卒・中途の採用担当として毎年200名規模の採用に従事。その後、日本を代表する大手総合家電メーカーへ出向し中途採用の戦略立案業務を行ない、2020年より同サービスの責任者に就任。



「活躍の足跡」を可視化するリファレンスレポートサービス『ASHIATO』
https://ashiatohr.com/
画像4: https://www.atpress.ne.jp/releases/281405/img_281405_4.png
ASHIATO(アシアト)は、エン・ジャパンによる新しい「リファレンスレポート」サービス。候補者の現職や前職の上司・同僚によるレビューを集め、過去の活躍ぶりを可視化します。ネガティブチェック的な要素が強かった従来の「リファレンスチェック」とは異なり、採用上のネックだけでなく「活躍のためのヒント」まで可視化できるのが特徴。企業にフィットする人材の採用から活躍まで支援するオンライン完結型のサービスです。

==============================
◆本件に関する問合せ先
エン・ジャパン株式会社
広報担当:大原、清水、羽田、関、星
TEL:03-3342-6590
MAIL:en-press@en-japan.com

◆エン・ジャパン株式会社について
社名:エン・ジャパン株式会社
URL:https://corp.en-japan.com/

運営サイト:【求人情報】
エン転職:https://employment.en-japan.com/
エン エージェント:https://enagent.com/
ミドルの転職:https://mid-tenshoku.com/
AMBI:https://en-ambi.com/
エンジニアHub:https://eh-career.com/
エン派遣:https://haken.en-japan.com/
エンウィメンズワーク:https://women.en-japan.com/
エンバイト:https://hb.en-japan.com/
エン 社長候補:https://en-shachokoho.en-japan.com/
エンゲージ:https://en-gage.net/user/

【入社後活躍支援サービス】
エンカレッジ:http://en-college.en-japan.com/
HR OnBoard:https://on-board.io/

【適性検査・適性診断】
3Eテスト:http://jinji-test.en-japan.com/
Talent Analytics:https://talentanalytics.io/
Chemistry:https://teamtest-chemistry.com/

【利用企業数国内No.1の求人支援ツール】
engage(エンゲージ):https://en-gage.net/

【オンライン型リファレンスチェックサービス】
ASHIATO(アシアト):https://ashiatohr.com/

【情報サイト】
en Lighthouse:https://en-hyouban.com/
キャリアハック:http://careerhack.en-japan.com/
人事のミカタ:https://partners.en-japan.com/
エン転職大辞典:https://employment.en-japan.com/tenshoku-daijiten/
==============================


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

徳島新聞WEBの「ニュースリリース(メディア向け発表資料)」は、リリース配信会社が発行する企業や団体が提供する情報を受け、加工せずに掲載しています。このサイトに掲載しているニュースリリースに掲載されている製品、サービスの品質・内容については、徳島新聞社は保証致しません。また掲載されている文言、写真、図表などの著作権はそれぞれの発表者に帰属します。リリースに掲載されている製品に関するお問い合わせは、各企業・団体にご連絡ください。 徳島新聞WEB上のデータの著作権は徳島新聞社に属し、私的に利用する以外の利用は認められません。