配信元:@Press

株式会社シソン(所在地:東京都渋谷区)は、10年以上にわたり「花」にこだわり撮り続けてきたイギリス人芸術家、マーク・ヴァサーロの個展「WhiteBeachPhotography - MarkAnthonyVassallo」を11月6日より築100年の代官山シソンギャラリーにて開催いたします。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/280345/LL_img_280345_1.jpeg
Platinum/Palladium Flowers #245

「花について

最初はごく軽い気持ちで始めたが、ふと気づくと
もう10年以上花を撮り続けている
一生の付き合いになりそうな予感がする
おまえまだ花にこだわってるのか、と周りはあきれ顔だが
自然と美と真実が一体となって咲く花という存在に魅了され続け
昔よりも更に深くのめり込んでいるような気もする

思えばそもそも日本に来たのは禅のためだったので
花と向かい合う度に
拈華微笑(ねんげみしょう)が浮かぶのかもしれない

花よりも美しいものは自分には作れないし
それ自体が一つの世界である花を綺麗に活けたりすることも自分の技ではできない
どうやっても不自然でわざとらしく
花が見せたいのはこの顔ではないと思ってしまう
自分にできるのは
水を与え
光や温度の変化に敏感に反応しながら
少しずつ姿を変えていく花を
じっと静かに見つめ続けること

花の自然な流れに全てを任せ、花が自らの持つ美の可能性を
次から次へとゆっくりと展開していく様子を
畏敬の念をもって堪能しながら
じっくりとカメラに収めていくことだけ」
マーク・ヴァサーロ


最近の作品「Platinum」シリーズは、1800年代より続くプラチナ・プリントと呼ばれる、500年の耐久性「時を永遠に」閉じ込めるプリント。そのモノクロの無数の色調から生み出される質感と立体感は、ヴァサーロの「花」の魅力が最大限に引き出された繊細で官能的な美しさです。
近年は、伊豆下田にもアトリエを構え陶芸作品も制作、今回の個展でも展示販売を行う予定です。

ヴァサーロの撮る美しい花と陶芸の宇宙を、渋谷エリアにはめずらしい古民家ギャラリーでゆっくり堪能することができます。


■Mark Vassallo プロフィール
マーク・ヴァサーロ
イギリス人芸術家。1971年生まれ。ロンドンセントマーティンズ出身、1992年に来日以来、現在は東京と下田を拠点に活動。

URL : http://www.vassalloart.com
Instagram: https://www.instagram.com/markanthonyvassallo/?hl=ja
https://www.instagram.com/whitebeachpottery/?hl=ja

画像2: https://www.atpress.ne.jp/releases/280345/LL_img_280345_4.png
Mark Vassallo

■マーク・ヴァサーロ作品展「WhiteBeachPhotography-MarkAnthonyVassallo」
会期 : 2021年11月6日(土)~11月19日(金)
会場 : シソンギャラリー
所在地 : 東京都渋谷区猿楽町3-18
時間 : 12:00~18:00
問い合わせ: 03-6886-8048
Email : info@sison.tokyo
URL : https://sison.tokyo


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

徳島新聞WEBの「ニュースリリース(メディア向け発表資料)」は、リリース配信会社が発行する企業や団体が提供する情報を受け、加工せずに掲載しています。このサイトに掲載しているニュースリリースに掲載されている製品、サービスの品質・内容については、徳島新聞社は保証致しません。また掲載されている文言、写真、図表などの著作権はそれぞれの発表者に帰属します。リリースに掲載されている製品に関するお問い合わせは、各企業・団体にご連絡ください。 徳島新聞WEB上のデータの著作権は徳島新聞社に属し、私的に利用する以外の利用は認められません。