配信元:共同通信PRワイヤー

 
【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202110201984-O1-A1Lj5o0C

AsiaNet 92437 (2517)

【北京2021年10月19日PR Newswire=共同通信JBN】2021年Annual Conference of Financial Street Forum(金融街年次フォーラム)が20日、北京で開幕する。主催者が記者会見で明らかにした。

「経済回復力と財政措置」をテーマとした3日間のイベントは、前年と比較してより多くの海外からの参加者が見込まれ、より多様な議題を取り上げる。

イベントには5つの並行フォーラムが含まれ、参加者は、実体経済と金融サービス、グリーン開発と財政貢献、金融部門の開放とグローバルな金融協力、金融技術(フィンテック)とデジタル経済、ガバナンス・システムと財政保障について意見交換する。

国内外の400名近い参加者が、「双循環」発展パラダイムなど人気のある話題の議論に焦点を当てる。フォーラムには前年比130パーセント増となった32の国と地域から140名以上の外国の参加者があることが明らかにされた。地球規模の問題に関する大半のフォーラムでは、外国の専門家による基調演説が注目される。

また、フォーラム中には、デジタル人民元やフィンテック規制ツールの展示会など特別な催しも開かれる。

フォーラムは2012年に北京市人民政府、中国人民銀行(PBOC)、新華社通信、中国銀行保険監督管理委員会(CBIRC)、中国証券監督管理委員会(CSRC)、中国国家外為管理局(SAFE)が合同で創設し、中国の金融改革と発展の先導役として評価されている。

オリジナルリンク:https://en.imsilkroad.com/p/324338.html

ソース:Xinhua Silk Road

画像添付リンク:
Link: http://asianetnews.net/view-attachment?attach-id=404521
(写真説明:多くの商業銀行の本店が置かれる北京市西城区の金融街近くの風景(新華社))

徳島新聞WEBの「ニュースリリース(メディア向け発表資料)」は、リリース配信会社が発行する企業や団体が提供する情報を受け、加工せずに掲載しています。このサイトに掲載しているニュースリリースに掲載されている製品、サービスの品質・内容については、徳島新聞社は保証致しません。また掲載されている文言、写真、図表などの著作権はそれぞれの発表者に帰属します。リリースに掲載されている製品に関するお問い合わせは、各企業・団体にご連絡ください。 徳島新聞WEB上のデータの著作権は徳島新聞社に属し、私的に利用する以外の利用は認められません。