配信元:共同通信PRワイヤー

 
【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202110202005-O1-Yvp15Ymk

AsiaNet 92434 (2514)

【北京2021年10月19日新華社=共同通信JBN】2021年9月30日、中国語と英語のバイリンガル短編アニメーション映画「Click to the Future(未来へのクリック)」が、China Story DatabaseとFuxing Road Studioにより共同リリースされ、すぐに世界中で大きな注目を集めた。この映画は10月1日、ニューヨークのタイムズスクエアの「チャイナスクリーン」で放映された。この映画は、中国の主要メディアやソーシャルネットワーキングプラットフォームで公開された後、温かい歓迎を受け、これまで世界で1億ビューを達成している。

国内外の視聴者は短編映画を見て非常に感動し、「2035年には絶対に中国を訪れ、すべてを体験する!」 、「未来はなんて素晴らしい!中国はなんて素晴らしい!」 、「中国はイノベーションを続けながら、伝統文化を継承した」 、「2022年の入り口に立って、2035年の美しい青写真を楽しみにしている!」...とコメントした。

このビデオでは、2035年までに中国における生活がどのようになるかを目の当たりにし、極度の貧困を根絶し、あらゆる面で適度に繁栄する社会の構築に勝利した後、中国がどのように高品質開発を追求するかを描くことから、未来への旅が始まる。

「Click to the Future」は、わずか2分半で2035年までの中国の発展を、仕事の効率が向上し、買い物の手間が省け、インテリジェント交通によって快適さと利便性がもたらされ、ハイテクベースの教育と改善された医療の恩恵を受け社会福祉が向上するという生活のさまざまな側面における未来的な要素で視覚化する。

中国共産党中央委員会国際部のHu Zhaoming広報官は「Click to the Future」をツイートし、「2035年の中国はどのようになるのか?このビデオをチェックして、時空を旅し、伝統文化とモダンテクノロジーが出会う未来の中国を体験してください」と語り、このビデオを推奨した。

9月28日にリリースされた「China's Epic Journey from Poverty to Prosperity(貧困から繁栄に至る中国の壮大な旅)」と題する白書は「2035年までに、中国は基本的な社会主義近代化を達成する」と言及した。この短編映画は、観客にそのような生活を前もって楽しんでもらい、中国の明るく広い未来を投げかけ、より良い生活への中国人の新たな期待に応える。

ソース:China Story Database and Fuxing Road Studio

画像添付リンク:
Link: http://asianetnews.net/view-attachment?attach-id=404490
キャプション:Click to the Future

徳島新聞WEBの「ニュースリリース(メディア向け発表資料)」は、リリース配信会社が発行する企業や団体が提供する情報を受け、加工せずに掲載しています。このサイトに掲載しているニュースリリースに掲載されている製品、サービスの品質・内容については、徳島新聞社は保証致しません。また掲載されている文言、写真、図表などの著作権はそれぞれの発表者に帰属します。リリースに掲載されている製品に関するお問い合わせは、各企業・団体にご連絡ください。 徳島新聞WEB上のデータの著作権は徳島新聞社に属し、私的に利用する以外の利用は認められません。