配信元:@Press

株式会社パソナグループ(本社:東京都千代田区、代表取締役グループ代表 南部 靖之)とAVITA株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役CEO 石黒 浩)は協業し、AVITAのアバター(※1)と関連技術を活用した新サービスの開発と人材育成を通じて、新たな雇用創造と新産業創造を目指す『アバター人材雇用創出プロジェクト』を10月20日(水)より開始いたします。

昨今、新型コロナウイルス感染症の拡大による在宅勤務やリモートワークの広がり、仮想現実(VR)や拡張現実(AR)に関連するテクノロジーの発展等を受けて、仮想空間におけるアバターを使った活動や「メタバース(※2)」と呼ばれる概念が注目されています。

アバターを活用した就業機会の拡大は、様々な事情により物理的な移動が難しい方の就業を可能にすると共に、人材の持つ様々な才能・能力を拡張することで、全く新しい領域での雇用創出や、デジタル空間を前提とした新しい雇用のあり方の創造が期待されています。

そこでこの度、パソナグループとAVITAが協業し実施する『アバター人材雇用創出プロジェクト』では、「アバターワーク」サービスを共同で開発し提供するほか、アバターを活用したサービスを推進する人材を育成してまいります。さらに、アバターを活用した地域情報の発信や、仮想空間を使い地域との交流人口の増加を目指した地方創生プロジェクトも推進してまいります。

協業の第一弾として、年内にもパソナグループが兵庫県淡路島の地方創生に向けて展開する各種飲食・宿泊・観光施設等の総合問合せ・予約窓口「淡路コンシェルジュアバター」のサービスを、AVITAと共に開発したアバターが提供してまいります。それに伴い、淡路市内に「淡路アバターセンター」を開設し、オペレーター人材の育成を開始いたします。

パソナグループとAVITAは、本協業を通じて企業依存社会から個人自立社会へと社会のあり方が変革する中、アバター活用を通じて企業の雇用のあり方のDX(デジタルトランスフォーメーション)をサポートし、多様な人材が活躍できる社会の実現を目指してまいります。

(※1)アバター :身体や能力を拡張し、様々な制約を超えて活動するためのテクノロジー
(※2)メタバース:アバターを通じて様々な人が自由に活動・交流できる仮想空間


■パソナグループ×AVITA『アバター人材雇用創出プロジェクト』概要
協業開始:2021年10月20日(水)
内容 :AVITAのアバターと関連技術を活用した新サービス開発と人材育成を通じて、新たな雇用創造と新産業創造を目指す。
(1)「アバターワーク」サービスの開発・提供
販売・営業・受付・案内・相談等の対人接客業務をアバターが遂行する
人材派遣やBPO(業務委託・請負)サービスを提供するほか、
アバターとして働く人材の育成
及び適正に評価する仕組みを構築
(2)アバターを活用した「地方創生プロジェクト」の推進
アバターを通じた地域情報の発信を行うほか、
仮想空間と連携した観光・居住等の仕組みを構築


<参考> 会社概要
【株式会社パソナグループ】
本社 : 東京都千代田区丸の内1-5-1
創業 : 1976年2月16日
設立 : 2007年12月3日
資本金 : 50億円
代表者 : 代表取締役グループ代表 南部 靖之
事業内容: エキスパートサービス(人材派遣)、BPOサービス(委託・請負)、
HRコンサルティング、教育・研修、
グローバルソーシング(海外人材サービス)、
キャリアソリューション(人材紹介、キャリア支援)、
アウトソーシング、ライフソリューション、地方創生ソリューション
URL : https://www.pasonagroup.co.jp/

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/281313/LL_img_281313_2.jpg
株式会社パソナグループのロゴ

【AVITA株式会社】
本社 : 東京都渋谷区渋谷1丁目12番2号
設立 : 2021年6月1日
資本金 : 1,000,000円
代表者 : 代表取締役CEO 石黒 浩
事業内容: アバターサービス事業、アバタープロデュース事業
URL : https://avita.co.jp/

画像2: https://www.atpress.ne.jp/releases/281313/LL_img_281313_1.png
AVITA株式会社のロゴ


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

徳島新聞WEBの「ニュースリリース(メディア向け発表資料)」は、リリース配信会社が発行する企業や団体が提供する情報を受け、加工せずに掲載しています。このサイトに掲載しているニュースリリースに掲載されている製品、サービスの品質・内容については、徳島新聞社は保証致しません。また掲載されている文言、写真、図表などの著作権はそれぞれの発表者に帰属します。リリースに掲載されている製品に関するお問い合わせは、各企業・団体にご連絡ください。 徳島新聞WEB上のデータの著作権は徳島新聞社に属し、私的に利用する以外の利用は認められません。