配信元:@Press

株式会社ミルプラトー(代表取締役:眞井 康弘)が開発・提供するAI録音アプリ「Voistand(ボイスタンド)(R)」は、この度、2021年度グッドデザイン賞(主催:公益財団法人日本デザイン振興会)を受賞しました。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/281234/LL_img_281234_1.png
グッドデザイン賞を受賞

◆Voistand(R)について
Voistand(R)は、高い音声認識技術に基づく録音や自動文字起こし、機械学習に基づく話者認識、カレンダーベースのUI、安全性の高いクラウドデータ管理、インポート機能などを備えた、さまざまな生活シーンで活用いただけるスマートフォン向けAI録音アプリです。

スマートフォンやスマートスピーカーを通じた音声アシスタントが広く利用されている今日、音声を利活用するための技術「ボイステック」が注目されています。

Voistand(R)は、人びとがボイステックに求める役割を突き詰めて考え、ユーザー体験(UX)を設計し、UIデザインや機能実装に昇華させた点が高く評価されました。

Android版の提供、自動文字起こし精度の向上などの機能強化を実現するとともに、今後はGoogle Calendar連携なども予定しています。利用者にとっていっそう便利で有用なアプリになるよう、これからも開発を進めてまいります。

「Voistand(R)」アプリのダウンロード:
App Store : https://apps.apple.com/jp/app/id1544230010#?platform=iphone
Google Play Store: https://play.google.com/store/apps/details?id=com.voistand.app

画像2: https://www.atpress.ne.jp/releases/281234/LL_img_281234_2.jpg
Voistand(R)の機能
画像3: https://www.atpress.ne.jp/releases/281234/LL_img_281234_3.jpg
Voistand(R)の特徴

◆グッドデザイン賞審査委員の評価コメント
音声認識のアプリ・サービスは、これまでは音声認識や自動文字起こしの精度で良し悪しが評価されることが多かった。しかし本アプリは、人々が音声認識サービスをなぜ利用するのかという根本原因に立ち戻り、録音された音声がユーザーにとって意味のある、使えるデータになるために、機械学習などの新しい技術をも駆使して、サービスをデザインしている点において、高く評価したい。

グッドデザイン賞 公式サイトの「Voistand(R)」紹介ページはこちら
https://www.g-mark.org/award/describe/52813


◆グッドデザイン賞とは
グッドデザイン賞は、デザインによって私たちの暮らしや社会をよりよくしていくための活動です。1957年の開始以来、シンボルマークの「Gマーク」とともに広く親しまれてきました。

グッドデザイン賞は、製品、建築、ソフトウェア、システム、サービスなど、私たちを取りまくさまざまなものごとに贈られます。かたちのある無しにかかわらず、人が何らかの理想や目的を果たすために築いたものごとをデザインととらえ、その質を評価・顕彰しています。

さらに、複雑化する社会において、課題の解決や新たなテーマの発見にデザインが必要とされ、デザインへの期待が高まっています。グッドデザイン賞は、審査と多様なプロモーションを通じて、デザインに可能性を見出す人びとを支援し、デザインにできること・デザインが生かされる領域を広げ、私たちひとりひとりが豊かに、創造的に生きられる社会をめざしています。


◆株式会社ミルプラトーについて
「データを使える化する会社」をビジョンとしてかかげています。音声の使える化を提案する「Voistand(R)」を中心に、私たちの生活を取り巻くさまざまなデータの使える化を実現していくサービスを展開しています。
https://1000plateaux.com/


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

徳島新聞WEBの「ニュースリリース(メディア向け発表資料)」は、リリース配信会社が発行する企業や団体が提供する情報を受け、加工せずに掲載しています。このサイトに掲載しているニュースリリースに掲載されている製品、サービスの品質・内容については、徳島新聞社は保証致しません。また掲載されている文言、写真、図表などの著作権はそれぞれの発表者に帰属します。リリースに掲載されている製品に関するお問い合わせは、各企業・団体にご連絡ください。 徳島新聞WEB上のデータの著作権は徳島新聞社に属し、私的に利用する以外の利用は認められません。